土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
2017-06-04-Sun  CATEGORY: 未分類
元気です。

今日は「元気です」だけ。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2017-05-04-Thu  CATEGORY: 未分類
元気です。 (気持ちは・・)




東雲

昨日から休みをしている。

この歳になって、はじめて腰痛を経験している。今朝、立ち上がろうとして「きりり」と腰に痛みが走った。

 ぎっくり腰と いう奴なのかもしれない。
 歳のせいではない、と断言できる。

思いもよらなかったが、世間的には65歳から「高齢者」の範疇に入るとか。
でも、これからは75歳以上を「高齢者」と呼ぼう、という声が提唱されているようだ。これは、同感である。

朝日新聞↓

一般的に65歳以上とされている高齢者の定義について、日本老年学会と日本老年医学会は5日、75歳以上とすべきだとする提言を発表した。65~74歳は「心身とも元気な人が多く、高齢者とするのは時代に合わない」として、新たに「准高齢者」と位置づけた。」



私は、今年の9月で65歳を迎えるわけだが、自分を高齢者だと意識したことはない。
とはいえ、かわいい孫もいるし、体力的にも、筋力の衰え、ひざ関節の痛み、歯の状態、頭髪、顔のしわ、など、毎朝の鏡を見れば「爺」とよばれてもおかしくはないかもしれない。でも、気持ちは年寄りとは思えない。

 5年前には大病を経験したものの、それも緩解し「いい経験だった」と思っているぐらいで、数値的にも健康そのものである。
今も、伸びる一方の孫に負けないようにと、毎夜、寝静まったあとで、腕立て伏せ20回3コースをこなすこともできる。なので「准・・」というのも抵抗がある。

カーネルサンダースも伊能忠敬も歳をとってからの活躍だと自分に言い聞かせる。
高齢者、準高齢者、まだ捨てたものではないのである。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ほぞをかむ
2017-04-15-Sat  CATEGORY: 未分類
元気です。



喜びの時、怒りの時、何も行動をしてはいけない
 喜びもやみ、怒りもやみ、平常心を取り戻した後に事を行なうようにしなさい。
by貝原益軒



・・というような事例に出くわすこと、こういう経験は数知れず。

 感情的に昂ったときは、一晩、二晩、寝かしてから対応するのがいちばんだ。一時の喜びや怒りや悲しみが落ち着かないうちに、勢いのまま行動に移ると、失敗したり、あとで猛省することのほうが多い。

「わかっちゃいるけど・・・」これが、この年齢になっても、その場になると、出てくるときもある。

ほぞをかまないようにしたい。



写真は、汚濁防止フェンスの上の水鳥。
unnamed (1)

このアングルどこかで、見たことあるぞと、思い出したのが ラドン
ラドン白黒

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
・・・
2017-04-06-Thu  CATEGORY: 未分類
元気です。




加川良さんが亡くなったとスマホの記事で知った。69歳。
彼のライブには10年ほど前に、2回ほど行ったことがある。しかも、本人の目の前3mぐらいのところで聴いたのだ。

昔、聴いていた加川良が、昔と変わらない声で、目の前でギターで弾き語りしてくれた。
加川良

持ち込んだ、CDジャケットにサインをしてもらった。
加川良CD


「教訓Ⅰ」は、本人が「歌うたんびに新曲だと思えるんです」と語るほど、今という時代にぴったりの曲だし、僕は僕のことが好きでありますようにの「流行歌」や「銭の効用について」「コスモス」「百円札」「伝道」「戦争しましょう」「下宿屋」・・。いい歌ばかりだ。


最後の吟遊詩人が居なくなった。
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
大阪万博
2017-02-25-Sat  CATEGORY: 未分類
元気です。

【二層うだつの町並み 加工】
unnamed 0





TVを見ていたら1970年大阪万博の映像が流れていた。
大阪万博は高校二年生の頃で、校内で参加者を募り大勢の希望者が団体で見学に行くことになった。好奇心は旺盛な方なので行きたかったけれど、家庭の経済事情から「行きたい」とは言いだせないまま、行かないことにした。見学旅行は一泊二日だったと思うが、学校は休校になり、私は家でじっとすることにした。

そこに友人がたずねて来た。
お前は、万博に行ったのではないのかと聞いたら、いや、行かん。万博に行くお金を貯めて大学受験の参考書代に回すので泊めてくれ、という。
うん、いいよと返事し、おかけで退屈な時間からは免れた。とはいえ、友人は万博に行ったことになっているので、町中を堂々と歩くわけにもいかず、家で熱く語り合う青春の日々を過ごした。

万博旅行の日程も終わり、自宅に戻ることになった友人は、土産ものがないだろうかという。とりあえず、探してみるかと、近所の二人で商店を歩いていたら、酒屋に、万博記念の缶ビールが置いてあった。
「コレでいいんじゃないか」と勧め、彼は4.5本を袋に入れて、土産物として自宅に戻っていった。あとで聞いたら、友人の父はよろこんでいたそうである。

友人は、卒業後上京し新聞配達しながら予備校に通い、念願の大学にも入り、様々なアルバイトをしながら卒業し、今は、事務所を開設して女房子供を養っている。
我が友、あらためてみてもみなくとも、たいしたものだと思う。

♪下駄をならして奴が来る、腰に手ぬぐいぶら下げて・・・の世界である。

【万博に行った友から土産にもらったパンフ】
20170225_162918 - コピー

このパンフどおりの実現はできていない。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.