土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
今年の技術士の設問
2015-07-26-Sun  CATEGORY: 技術士
元気です。



生意気な感想を、ひとつ。

今年の技術士二次試験。鋼・コン科目の設問をみた。(コンのみ。鋼のことはほとんど知らない)

Ⅱ-1
Ⅱ-1-5:壁状コンクリート構造物を構築する際にコンクリートの充填不良が生じる原因を2つあげ、それぞれについて設計又は施工上取るべき具体的な対策を述べよ。
Ⅱ-1-6:コンクリート構造物では施工段階で発生する不具合により構造物の安全性や耐久性が損なわれる場合がある。施工段階で発生するプレストレストコンクリート構造物に特有の不具合を2つあげ、それぞれについて原因と設計又は施工上の防止対策を述べよ。
Ⅱ-1-7:コンクリート構造物に発生するひび割れの1つにセメントの水和熱に起因する温度ひび割れがある。外部拘束が卓越する場合の温度ひび割れ発生のメカニズムを説明し、そのひび割れを抑制する具体的な方法を2つあげ、それぞれについて留意点を述べよ。
Ⅱ-1-8:コンクリート構造物の電気化学的補修工法の例を2つあげ、その概要を説明せよ。また。それぞれの工法について、劣化した構造物に適用する際の設計又は施工上の留意点を述べよ。

Ⅱ-2
Ⅱ-2-3:既設のコンクリート構造物を活用し、新たに部材や構造物を増設または増築して一体化する改修工事の設計に取り組むことになった。このような事例として耐震設計が必要な既設コンクリート構造物の工事計画を1つ想定して、この業務を遂行するに当たり下記の内容について記述せよ。
(1)想定した工事計画と耐震設計を行うために調査すべき項目
(2)耐震設計に関する業務手順とその内容
(3)合理的な耐震設計とするために留意すべき事項
Ⅱ-2-4:経年劣化によるかぶりコンクリートの剥離・剥落で鉄筋が露出したコンクリート構造物において補修対策を行うものとして以下の問いに答えよ。
(1)剥離・剥落の原因として考えられるものを2つあげ、それぞれの原因の特定と補修対策を行うために調査すべき内容を記述せよ。
(2)調査から対策実施までの業務手順とその内容を記述せよ。
(3)業務を進める際に留意すべき事項を記述せよ。

Ⅲ-3:東日本大震災から4年以上が経過し、復旧事業が各地が進められているものの、入札不調、工事進捗や予算執行の問題等から復興工事の遅れが目立っている。このような中で復興事業に影響のある社会的背景を考慮し、以下の問いに答えよ。
(1)復興工事が遅れている現状をふまえ、特にコンクリート構造物の建設を加速するうえで検討すべき項目を、建設分野に携わる技術者としてハード、ソフト両面の多様な観点から述べよ。
(2)上述した項目のうち、あなたが重要と考える技術的課題を1つあげ、実現可能な解決策を2つ提示せよ。
(3)あなたが提示した解決策がもたらす具体的に示すとともに、想定されるリスクやデメリットについて記述せよ。

Ⅲ-4:現在整備されている社会資本の多くは、整備の時期や各々が有する機能、設置環境が異なるほか、劣化や損傷の状態もさまざまで時々刻々変化している。こうした既存ストックを今後も有効に活用するためには、劣化や損傷といった変状を早期に発見・診断し、その結果に基づいて的確に対策を行い、これらの履歴等記録して次の点検・診断に活用するという維持管理の業務サイクルの実施が必要となる。このような状況を考慮し、以下の問いに答えよ。
(1)コンクリート構造物において、維持管理の業務サイクルを実施するために検討すべき項目を建設分野に携わる技術者として多様な観点から記述せよ。
(2)上述した項目のうち、あなたが重要であると考える技術的課題を1つあげ、実現可能な解決策を2つ提示せよ。
(2)あなたが提示した解決策がもたらす効果を具体的に示すとともに、想定されるリスクやデメリットについて記述せよ。



なかなか難しそうにみえる設問だが、それなりに準備しておけば、なんとか答えられそうだ。準備期間さえあれば、私でも対応できたかもしれない。

Ⅱ-1-5~7 これはいける。Ⅱ-1-8あまり自信はない。
耐震は苦手、というより勉強していない。なのでⅡ-2-4ならいけそうである。
Ⅲ-4も答えられる。Ⅲ-3は、現場に行ってないし、これは自信ない。

以上より、これぐらいなら、なんとか合格の射程圏内には入れそうな気がする。

来年、受けてみようかな。また、やってみるか。そんな気にさせる、今年度の設問であった。

しかし、技術士資格。足の裏にペタリとくっついた飯粒。取らないと気持ち悪いが、取っても食えない。

食えなくても、飯粒は簡単には取れない。
試してみる。努力してみる。このことは、気持ちいい。
これが、たかが資格、されど資格という所以か。

 技術士試験制度が、同じ「士業」としての建築士・弁護士・弁理士みたいな職業資格なら「食える資格」になるだろうし、食うがためには各自が普段から懸命に、向上し努力し、資格のレベルアップにもつながると思う。技術士資格の限界は「職業資格」でないことだと思う。「名誉資格」から職業資格になればいいのに。でも、現状では無理だろうな。

「取れる」のに手が届きそうなのに、見て見ぬ振りするのも気持ちよくない。
覚える端(はな)から、ザルで水を汲むが如くこぼれてしまう現状だが、今までの蓄積とそれなりの努力で、なせばなるだろう。

でも・・・。

やってみるか、やらないか、それは来年のこころだ。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
技術士試験に思う。
2010-12-03-Fri  CATEGORY: 技術士
 午前5時50分起床。あやうく寝過ごすところだった。
4時台に目がさめて時計を確認し二度寝して5時30分頃に起床するのが常なのだけれど、今朝は、もうすぐ6時が来ようとしていた・・。

 家人も同様に寝過ごし気味で、朝食は卵かけごはんと海苔だけを食べて弁当なしで出社した。

 外気温は12度。まだ路面は濡れていたが、天候は快晴。中天には名残の三日月が輝いていた。
 煙突

 終日、強風が吹いた。
 幸い、このあたりで事故や労災の話は耳にしなかつたものの、各地では、事故が発生したようである。



技術士二次試験に思う。

 合格の統計をみると、試験制度が新しくなったとはいえ、あいかわらず「狭き門」となっている。
技術士については、いろいろな統計がなされているが、学歴の分類では「大学院、大学、旧高専、その他」となっている。

もちろん、私は「その他」である。(笑)
「その他」は、ちょっと失礼かな、と思わないでもない。

「その他」でなく「高校」とか「中学」というように分類できないのだろうかと思う。
「その他」で一括りにしてくれるな、と言いたい。

「その他である私」から言うと「技術士試験は思ったよりもやさしい試験だ」ということである。だいたいの人は「技術士」と聞くと「むずかしい」という思い込みがある。かつての私がそうであったように。それは、固定観念に過ぎない。食わず嫌いという奴だ。

たしかに、大学院を出た人と比べると、中学卒の人はハンデはあるかもしれない。
でも「熱意」さえあれなんとかなるのである。所詮は「資格」なのである。

 また、技術士という試験は、忙しい人には無理といわれるが、逆に「暇人」が合格することは「厳しい」といえる。現場で培った知識経験と反省と応用能力が必要な試験だから、暇な人には、かえって難しい試験かもしれない。
 知識だけでの合格は厳しい。(・・と思う。
 しかし、この頃の技術士試験は、知識に重きを・・あるのかなあ、とも思う。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
何を書いたのだっけ・・。
2010-10-13-Wed  CATEGORY: 技術士
 午前5時30分起床。天候は曇り、小雨模様。外気温20度。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐ワカメと白菜の味噌汁、しらす干し、コンニャクと酢味噌、海苔、濃茶をいただきました。

 


 
 今回の技術士試験。風呂につかりながら「何を書いたのだっけ?」と記憶を呼び起こしてみた。

 はっきりと覚えていないが、通り一辺倒な、国土交通白書や民主党の政策に迎合するみたいな回答ばかりではなくて、自分の、(それも、かなり個人的な)考えを主張してみた。

 試験としては、それが、どのように評価されるのか。
 
 建設一般の課題にしても、専門の課題にしても、ローカル的な考えを持って記述した。つまり、全国統一基準や規格は重要なものの「地域には地域にあったものも大切ですよ」みたいなローカル色を出してみた。

 災害に対する減災や防災にしても、専門のコンクリートについても、全国統一基準でひとくくりにはできないものがある。有効に機能するためには、土地、土地の風土にあったことをやるべきなのだと思う。

 例えば、生コンクリートなどは、典型的な地産地消の製品だ。これを、総則的な全国標準で縛り制約するより、地元の実態に合った取り決めが必要になると思う。根幹の規格の整備や見直しなど当然必要だが、地域によっては、全国標準から外れたことが有効になったりする場合も出てくるとことも大いに考えられる。

 そういったような、全日本だけでなく地域の実情も含めたことをやりましょう、みたいなことを書いた。。。。。。。

  どうかな・・。



追記  昼休みTVでチリの落盤事故救出のライブを見た。
 
     感動した。

    運もあったかもしれないが、あの、土木技術にもこころを動かされた。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
早く知りたい。
2010-10-12-Tue  CATEGORY: 技術士
 29日に予定されている技術士筆記試験の合格、不合格の発表。

 落ちているような気もするし、ひょっとしたら合格しているかもしれない、という気持ちもある。

 合否は、相対的な中身勝負になる。

 私は、自分のオリジナルな考えを列挙したつもり。(オリジナル過ぎるかもしれない)

 で、どんなだろう。

 楽しみでもあるし、がっかりするかもしれない自分の姿も容易に想像がつく。

 よって、まだ、経験論文は書いていない。「何を書くか」はだいたい決めている。合否がはっきりしてから、正式に書く予定だ。

 どっちでもいい、いや、できれば合格がいいが、とにかく、早く知りたいなあ。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.