土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
10年前の口頭試験
2012-11-07-Wed  CATEGORY: 技術士二次試験
歯が痛い。ずっと痛みは続いているが、辛抱の限界に近づいているので、昼休みに歯医者で抜歯をしてもらった。よけい、痛くなった。と思ったら、徐々になくなってきた。
こうやって、1本、また、1本、そして1本と、加齢とともに、歯が失われていく。まるで、秋の枯葉みたいだ。


 今、技術士筆記試験に合格した人が、12月から1月にかけて東京で行われる「口頭試験」の準備をしている頃かなと思う。
 私も、技術士の口頭試験は2回ほど受けたことがある。二回とも、運良く、合格だった。


 10年前、はじめて受けたときは、緊張しまくっていた。

【試験会場のホテルの窓からの風景】
tokyo

 

 シングルルームのベッドを取り外した待合室に案内された。狭い部屋にはすでに7,8人の受験者が折りたたみ椅子に座って居た。全員が押し黙り、張りつめた空気の中、自分ひとりだけが緊張しているように思えた。

 周囲の受験者は、きちんとスーツを着こなしていて「僕は、大手企業に勤める優秀な技術者だ」みたいな雰囲気を漂わせいた。私は、なんとなく圧倒されかけていた。

 そっと左手の脈を取ってみた。5秒間における心拍数は10を数えた。
 こんな調子で受けられるだろうかと思うと、よけいに緊張が増した。
「これでは、いかん」

 ふと、周囲の人たちを見回してみた。瞑想している人、深々とため息をついている人、紙片を広げて何やらブツブツと唱えている人、鞄からペットボトルを取り出しては何度も飲んでいる人、ほとんど全員が私と同じように緊張している様子がありありと見えた。年輩の方も若い方も、ピンピンに張り詰めているようだった。

 私は、みんな自分と一緒だと思うと、だんだんと気持ちは落ち着き、緊張感も緩和されてきた。

 案内係りの、きれいな女性から呼ばれたときには「はい!」と元気よく返事をしたものであった。


 二回目は、数年後、総合技術監理部門で口頭試験を受けた。
 前夜、気のおけない友人と飲んで語っていたせいなのか、二回目ということで慣れていたのか、とにかく気持ちに余裕があった。
 広い待合室の他の受験者たちも、複数回の受験者みたいな雰囲気で、落ち着いた雰囲気のなかで静かに待つことができた。




 口頭試験の試験官は、二人いる。私の、乏しい経験では、つっこみと受けの役割になっているのかなと思った。つっこみの試験官は、返答に窮するような厳しいものを投げかけてくる。

 私の場合は「あなたは(地方の中小)建設会社の方でしょ。技術士なんか必要ないのではないですか」「技術士では仕事は取れないでしょう」などと云われた。

 いきなり、受験したことそのものを否定してくるのだった。

「これこれこういうことで必要です」と反論みたいに答えると、大げさに首を傾けて「そうかなあ、そうは思わないけどなあ」と云われる。

 少々、頭に来たので反論しようとしたら、隣の試験官が「はい、これは、そこで終わり」みたいな感じで別の質問をされて、その場は終わった。自分は、横に居た試験官が助け舟を出してくれたように思い、ひそかに感謝したものであった。

 突っ込まれても頭に血を登らせてはならないのだ、と知った。


 口頭試験というのは、東京という大都会で普段と違った雰囲気の中で行われる。特に、地方の片田舎に住んでいるものは、非日常の空気のなかで、飲まれないように、いかに日常を取り戻して対応できるかが、鍵になると思う。
 
 ひょっとしたら、口頭試験制度は、いつもと違った状況下におかれても、冷静かつ合理的に対応できるか、ということも観られているのかもしれない。(私は、もう少しで、文句いうところだった・・)
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
三度目の正直。
2010-11-11-Thu  CATEGORY: 技術士二次試験
 午前5時35分起床。天候は曇り。少しパラパラ。外気温9度の朝だ。
気温の差についていけないのか、鼻水が出る。
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とわかめと椎茸と半田ソーメンのみそ汁、大根おろし、自家製ちりめんいりこの佃煮、濃茶をいただいた。




 歯を磨いていて目の前の鏡に写った自分の顔をみたとき、部屋の椅子に腰をかけて伸びをしたときなど「くやしさ」が脳裏をよぎることがある。

 まだ、技術士筆記試験の不合格を根に持っているのだ。


 私「くやしいなあ」

 家人、笑いながら「くやしいと云えるぐらい勉強したと?」

 私「・・・・・・・・・」

   返す言葉が見つからないではないか。

 思えば、最初の技術士試験のときは、生まれてはじめてというぐらい勉強した。高校生の頃、工業高校のハンデがあっても、あれぐらいやっていたら、国立大学にでも行けたのかもしれないと思うぐらいやった。

 次の総監部門受験のときは、たいした努力はしなかった。課題については回転ドアの事件と三菱自動車の事例を私なりに勉強して整理していた。もうひとつの課題については、自らの経験を五つの管理で書いた。正式なリスクマネジメントはやってないが、技術者として経営者としての判断は、つねにトレードオフがついて回わっているし、毎日がリスクマネジメントと五つの管理で動いている。それを「経験」として書いただけであった。

 結果は、なんと、合格だった。

 昨年と今年は「受験のために勉強するのではなく、普段の自分を表現すればいい」と言い訳して、あまり、やらなかった。

 それが、単純なミスを書いてしまっていた。提出したあとで「しまった」と思ったが、他に書いていた内容で、ミスをカバーしてくれるかもしれないと都合のいい解釈をしていた。

つまり、今少し、慎重にしていれば、よかったかもしれないと思うと「くやしさ」が募るのである。

 合格、不合格など、第三者にとっては、つまらないことかもしれないが、このまま引き下がるのは腹ただしい。

 加齢によると思われる(?) 急速な記憶能力減退を 経験とモチベーションでカバーしていけば、リベンジを果たすことができるかもしれない、などと思うのである。

 「三度目の正直」になるか「二度あることは三度ある」になるか、できれば「三度目の正直」になるように、やってみたいと、思っている。

 

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
試験を受けて。
2010-08-09-Mon  CATEGORY: 技術士二次試験
 午前5時35分起床。雨。外気温25度の朝だ。昨夜は、なかなか寝付かれなかった。。。。 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと蕗の味噌汁、納豆と海苔、きゅうりのぬか漬け、茗荷、濃茶をいただいてきた。 

 


 技術士試験を受けてきました。私は建設部門の「鋼構造物及びコンクリート」で望みました。
 博多駅から試験会場である九産大駅の電車は、後ろの方の吐息が首筋にかかるほどの満員状態で、じっと辛抱の時間でした。
 九産大駅から「どっ」という感じで大勢の人が降りて九産大を目指して歩いていきます。いつも、思うことですが、こんなに大勢の人たちが受験するのだが、合格できるのは「ほんのひとにぎり」なのだよなあと。今回も同じように思いで会場に向かいました。
 ぞろぞろ


 午前中の試験。10:00~12:30まで。

 ほぼ予想通りの設問でした。

Ⅱ-1 我が国の国土は厳しい地形・地質,気象等の条件下にあることに加えて,近年は社会状況も大きく変化し,自然災害から国民の安全や生活をい守ることがより一層求められている。
 建設部門に携わる技術者として,社会的状況の変化に対応して防災あるいは減災対策を行う上での課題を3つ挙げ,その内容を説明せよ。
 また,これらの課題に対して,国民の安全や生活を守る観点から今後どのような取組を進めていくべきか,あなたの意見を述べよ。

Ⅱ-2 我が国の建設産業においては,国内の公共事業投資額の減少に伴い,さらなる成長が期待されている海外の社会資本整備に対する積極的な取組が求められている。
 一方,国際貢献・技術協力の観点から,開発途上国などにおける社会資本整備に対する積極的な取組も求められている。
 このような状況の中,建設部門に携わる技術者の視点から,海外での社会資本整備に取り組む上での課題を3つ挙げ,その内容を説明せよ。
 また,これらの課題に対して今後とるべき方策について,あなたの意見を述べよ。 



 どちらを選択するか迷いましたが、海外進出などは書けても実感が伴いません。なので、、無難にⅡ-1を選択して、私感を書いいきました。

 

 
 昼食の弁当を食べて午後の試験です。13:30~17:00。

 ※昼休みのときの写真です。

 試験会場


 昨年度と違って、意外に、簡単そうな問題でした。きちんと基本を勉強している人なら、十分に書けそうな問題でした。
 コンクリートでは、こんな問題でした。Cグループ、Dグループから、それぞれ一問を選んで回答するのです。

Cグループ
Ⅰ-11 鉄筋コンクリート構造物の耐久性設計について,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 経年的に生じる劣化の種類を2つ挙げ,劣化の要因・メカニズム及び耐久性設計の方法について概説せよ。
(2) 上記で挙げた2つの劣化に対する耐久性設計の課題を挙げ,課題に対する取り組みについてあなたの考えを述べよ。

Ⅰ-12 生コンクリート品質が構造物の性能に及ぼす影響について,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 生コンクリートの受け入れ時に起こりうる品質不良の状態を2つ挙げ,その発生原因と,生コンクリートの不良状態が構造物の性能にもたらす影響について述べよ。
(2) 品質が不良な生コンクリートが現場に到着した場合に取るべき処置方法を述べよ。また,品質が不良な生コンクリートを使用しないために望ましい受け入れ態勢についてあなたの考えを述べよ。

Ⅰ-13 コンクリートの乾燥収縮ひずみについて,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 乾燥収縮の大きなコンクリートを用いた場合に,コンクリート構造物に生じる不具合を2つ挙げ,その不具合の発生メカニズムと,構造物に与える影響の大きさについて述べよ。
(2) 乾燥収縮が問題となる重要なコンクリート構造物に不具合を生じさせないための課題を挙げ,技術的な解決策について,コンクリートの使用材料,設計及び施工等の幅広い観点から,あなたの考えを述べよ。

Ⅰ-14 環境負荷低減に資するコンクリートについて,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 廃棄物又は副産物を有効利用した混和材及び骨材を使用したコンクリートをそれぞれ1つ挙げ,その特性についてについて説明せよ。
(2) 上記で挙げたコンクリートのうち1つを取り上げ,製造及び施工を行う上での課題とその解決に向けた取り組みについて,あなたの考えを具体的に述べよ。
Ⅱ 次の2問題のうち1問題を選んで解答せよ。(解答問題番号を明記し,答案用紙3枚以内にまとめよ。)





Dグループ
Ⅰ-15 コンクリート構造物の設計で考慮すべき施工への留意点について,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 設計段階で施工に対する検討不足が原因で,施工困難や欠陥が生じた不具合の例を3つ挙げ,どのような検討がふそくしていたのか具体的に述べよ。
(2) このような不具合を防ぐための対策について,幅広い観点からあなたの考えを述べよ。

Ⅰ-16 コンクリート構造物の耐火性能について,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) コンクリート構造物を1つ想定し,耐火性能が必要とされる理由を3つ挙げて説明せよ。また,その構造物の耐火性能を向上させるための対策について述べよ。
(2) 火害を受けたコンクリート構造物の調査,補修・補強を行う上での課題を挙げ,今後どのようなことに取り組むべきか,あなたの考えを述べよ。

Ⅰ-17 鉄筋コンクリート構造物の日常点検について,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 鉄筋コンクリート構造物の目視点検で確認炊き留損傷を3つ挙げ,各損傷に対して記録すべき項目とその理由を述べよ。
(2) 目視点検の利点と欠点について解説し,これを踏まえた上で今後の日常点検のあるべき姿について,幅広い観点からあなたの考えを述べよ。

Ⅰ-18 鉄筋コンクリート構造物の初期欠陥について以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 鉄筋コンクリート構造物の初期欠陥のうち,施工に起因する欠陥を2つ挙げ,その原因を説明せよ。
(2) 上記で示した初期欠陥のうち1つに対して,現在,一般的に行われている防止策の現状と課題を説明せよ。また,その課題解決に向けた設計・施工のあるべき姿について,幅広い観点からあなたの考えを述べよ。


 どれを回答するのか、迷いに迷いました。Cグループの問題は、すべて、何か書けそうです。Dグループについては「Ⅰ-16 コンクリート構造物の耐火性能」以外なら、なんとか書けるような気がしました。いろいろ考えて、Ⅰ-11とⅠ-18の問題を選んで、記述していきました。

 ワープロと違って、手で書くのは大変です。書いては見なおし、書いては修正して、時間をフルに使って書きました。
 試験が終わると、両方の肩が鉄板のようにぱんぱんに凝っていました。紙面ばかり見つめ続けたせいで、近視状態になっていて、目を細めてもぼーっとしていてピントが合わなくて困りました。

 とにかく、今の持てる知識や経験を資本として、精一杯、書いてきました。

 でも、昨年よりは難しくなかったということは、私だけでなく他の受験者も同じなので競争が厳しくなるのでしょう。あとは、論理的な記述か、内容はどうか、などのポイントで相互比較になるのだと思います。そうなると、合格は厳しいかもしれません。

 昨年と違うのは、多分、同じ土俵の上には乗れたということです。
 
 これで、不合格なら仕方無し。。。。と、心から思えます。

 「人事を尽くして天命を待つ」です。

 でも、同じ土俵に上がるということは「ひょっとして・・」ということもありえます。発表されてから、口頭試験用の技術論文を書くのは困難です。とても間に合いません。
 空振りになることを覚悟して、とりあえず、口頭試験の準備をぼちぼちしておきたいと思います。

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
帰宅。
2010-08-08-Sun  CATEGORY: 技術士二次試験
 22時20分頃、延岡駅に着いた。

 試験の感想。

 疲れた・・・。試験が済んた直後は、両肩は鉄板みたいにパンパン。眼は、黒板の字がかすんで見えなかった。

 600字×9枚= 5400字。

 前は、8000字ぐらい書いて、とうってことなかった。

 歳のせいにしたくないけれど、やはり、歳かもしれない。。。などという弱音は、やはりやめた。

 まだまだ、負けないぞ。

 去年みたいに難しくはなかった。それなりに、懸命に、書いた。


 今日みたいなので、不合格になるとするのなら、それでもいいじゃないか、そう思える。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
試験。
2010-08-07-Sat  CATEGORY: 技術士二次試験
 午前6時40分ころ起床。天候は曇り。外気温28度。 
 炊きたてご飯、豆腐とワカメと具たくさんの味噌汁、ちりめん佃煮(自家製)、納豆と海苔、濃茶をいただいた。 
 
 今日は、仕事を休んで図書館に来ている。午後から、特急にちりんに乗って博多。 
 
 


明日は、技術士の筆記試験が行われる。

ほんとのこというと、どんな問題が出題されるか、少し、楽しみにしているところもある。
全然、歯が立たないかもしれないし、「よしっ」と腕をまくり上げながらシャープペンを手に取ることになるかもしれない。

建設一般は制限時間2時間半。600字詰め3枚以内。
専門問題は2題で制限時間3時間半。各600字詰め3枚以内。

 近年の時代の動きなどから、ある程度の予想をたてて、準備はしている。でも「ある程度の予想」から大きく外れると、どんなんだろう、という自分に対する好奇心もある。

 今回も、勉強??は、ほとんどしていない、というより、どのように手をつけたらいいのかわからない。雲をつかむような手触りである。

 ただ、日常の「脳」を、試験の「脳」に切り替えられるようなことは必要だと考え、そうしてきたつもりだ。
あとは、普段の自分を出すだけである。

 普段の自分と出題の相性があえば、合格できるかもしれない。相性がよくなければ不合格ということになるだろう。それを運不運というのかな。

 技術士試験は、努力を重ねれば、どなたでも合格できる試験だ。ただ、(私だけかもしれないが)この年になると、そういったことに努力するのがきつくなる。努力ができないとなると、日常の自分をぶつけて、臨機応変に対応するしか術はないのだ。


いくつかの課題を出されて、それに対して普段の持てる力で考えて、臨機応変に答える、それが技術士という資格試験の本質かもしれない。

  とにかく、合格、不合格とかでなく、楽しめればいいなと願っている。

  では。

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。