土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
2017-04-02-Sun  CATEGORY: 建設
元気です。皆さんはどうですか。
ひさしぶりの更新。




今年は、桜の開花がやけに遅い。近くの公園にいったみたら「ちらほら」というところ。

昨日は、入社式。今年は5名の新人が入社。自部署は男子と女子、各1名。一流の技術屋になってほしいものだ。


 朝、トイレに座ったとき、スマホ版青空文庫で吉川英治の太平記を読むのが日課となっている。
昔、読んだことのある本で、当時は面白さを感じなかったので内容もほとんど覚えていない。
しかし、今、再読してみると、これが面白い。
著作権は消滅していても、さすが、吉川英治。

青空文庫で古典を読み、kindleでこの頃の本を読む。これも、またよし。

 散歩での鉄塔夕暮れ写真を加工した。
IMG_20170307_112648_processed_20170402153436922.jpg




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2016-10-25-Tue  CATEGORY: 建設
元気です。

散歩写真 雨の中 しずく
unnamed (9)




5年前の今日は、近所のクリニックでの内視鏡検査で盲腸付近に大きめの腫瘍が確認された日だ。
そのあと、いろいろな経験させてもらいながら5年、今のところ再発や転移もなく、元気に暮らさせてもらっている。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
熊本
2016-04-21-Thu  CATEGORY: 建設
元気です。

余震域は、西に行ったり東に移動したり、毎日、何かしら揺れています。
地震とは別に、工期末の追い込みや新しい工事の着手や民間の見積もりなどで、朝から忙しくさせてもらっていますが、今日は、要請が入り、熊本県内の道路開啓作業のために、夕方の5時過ぎに作業班が出かけていきました。今夜は夜どおしの作業になるかもしれません。

現地は、九州各県からいくつもの同業他社さんたちが集まり、いろいろな作業にたずさわっているようです。
明日は、朝から交代要員を派遣するように段取りしています。

早く、どこもかしこも車や人が安全に通行できるようになるといいのに。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2016-03-03-Thu  CATEGORY: 建設
元気です。

久しぶりに更新。

朝は快晴。中天には下弦の月。月を取り巻くようにしていくつかの星がまたたいていた。東の空には明けの明星。
DSC03566_R (1)


 田んぼには霜。私は、いつものように川べりに立ち「氣」を両の手から身体に取り入れるイメージで背伸びをする。イメージはするものの「氣」みたいなものが入ってくるという感覚はゼロ。でも、背伸びはそのものは気持ちがいい。 

今朝も手袋をしない手指は冷たさで痛くなるほどだ。寒いといっても「弥生三月」という先入観があるのかもしれないが「日中は温かくなるぞ」みたいな底の浅い寒さのように感じた。

では。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
向き不向き
2015-10-10-Sat  CATEGORY: 建設
元気ですか。

私は、元気です。




朝日が昇る前の刹那
朝焼け

夕陽
夕陽




子供の頃に希望を持っていた人は、全体の70%を越しているそうだ。でも、小さい頃の希望が叶ったのは8%に過ぎないというデータが書かれている本を読んだ。

 

なら、希望を持っても意味がないのか、というとそうではありません。
 挫折して、はじめて、そこからしか始められない希望の調整や軌道修正のプロセスが出てくるのです。挫折して、はじめて分かるものが見えてくる、ということです。



・・・・と、あった。

 私の場合、子供の頃なりたかったのは、おさだまりの「蒸気機関車の運転手」や「警察官」など。少し大きくなると、親兄弟に影響されて、新聞記者や土木の仕事に携わりたいと思うようになり、その後、ストイックな生き方に憧れてお寺の僧侶にとも思ったが、つまるところは、土木屋として、子供の頃の希望どおりの仕事をやっていた、ということになる。

 土木に進んですぐに分かったこと「この仕事は、自分には向いていない、不向きだ」ということだった。これが、最初の挫折でもあった。

 それから、しばらくあちこちと彷徨ったあげく、結局は土木に関連したこの道に進んで来たということになる。

 仕事として「土木」を選んだ以上、向き不向きなどは考える暇もなく、はまりこんできた延直線上に、今の私がある、ということである。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。