土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
徳島県立図書館
2012-11-08-Thu  CATEGORY: 歌集など
 ふと思い立ち、Webで徳島県立図書館の所蔵資料検索で「紙谷たか十樹」と打ち込んでみた。

  え?!    2件ヒットした。  少し、びっくりした。

 「南海歌人」松並武夫さん と父の歌集「二つめにかかる」の二つだ。


 歌集は、五冊ほど保管されている。五冊のうち、三冊は持ち出し禁止となっている。

 父が生きた証みたいなものが「形」として残され、保管され続けていくのだろうか。

 なんとなくうれしい気持ちになった。

 父の事を書いてくれた「松並様」、そして、歌集を出版していただいた郷土「さだみつ」の皆様に感謝。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。