FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
映画をみた
2007-03-14-Wed  CATEGORY: 未分類
唐獅子牡丹を見た

 唐獅子牡丹をDVDで見た。
 この映画は、私が中学から高校生の頃に上映されていたものだ。当時、観たくても、お金が無くて、なかなか観られなかった。

 今、見てもおもしろい。十分、鑑賞に堪えられる。

 最後の大詰めで、花田秀次郎が一人で殴りこみに行く。右手には、風呂敷に巻かれた白鞘が握られている。

 雪の降りしきるなかを歩いていくと、横合いの暗がりから、池部良が登場し、秀次郎に傘を差しかける。

 二言三言、言葉を交わした男たちは、やがて相合傘で歩み始める。

 唐獅子牡丹の音楽が流れる・・・・・。


 ええなあ。

 ヤクザは大嫌いだけど、高倉健の映画はいい。
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
総合評価方式 2
2007-03-14-Wed  CATEGORY: 建設

 審査するのは、公務員である。教科書的な知識はあるが、実際の現場のことは、あまり知らない。
 
 決められた課題に対して、そういった公務員をして「なるほどなあ」と思わせしめることが大切になる。

 なら、何を書くか。

 普段、現場で使っている、工夫を書いて、「ふーん、そうなのか」と評価者の心を動かせられる、そういうことなのかな、と思う。

 技術系公務員が、知っているようなことを書いても、心は動かせない。
 おもしろい、と思わせる、そういう提案、表現方法をやっていきたい。

 言うは簡単だが、やるのは難しい。でも、こういう制度になっている以上は、先頭に立って走るしかない。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/03 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.