FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
 ちょっと前の日のこと。

 いつもの朝のように新聞をチラ見しながら、朝食をとりつつ「朝ズバッ」を見ていた。
 
 これからは、自治体の住民サービスで、他所の県がよければ、そっちに引越しすればいい、とてもいいことだと思います。と、著名なゲストが言っていた。

 それを聞いて「本当に、いいのだろうか」という疑問を持った。
 個人の自由でどこにでも住むことができる、そのことは、取り立てて「いいことだ」と言うこともないのではないか。だって、どこにでも行こうと思えば、行けるではないか。

 わざわざ、いいことだという必要もない、と自分は思った。

 そして、地域と、地域に住む個人、地域に住む人たちとの関係、その希薄度合いが増えることが、そんなにいいことなのだろうか。

 地域のことや、地域社会などに依存していなくても生きていかれる人の言葉はこういうものかなあ、と思ったのである。
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/04 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.