土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
町史を、読んだ。
2007-08-30-Thu  CATEGORY:
 また、個人的な昔の話である。
 歳をとったせいとはいいたくないが、夜になると「望郷」の念がわいてくるのである。
 故郷を離れて三十四年になろうとしていて、こっちで暮らした時節のほうが長いのだけれども、やはり、G3という人間の「根っこ」の部分を創ったのは、生まれ育った場所(パトリ)なのである。

貞光町史


 ・・ということで、今夜は、貞光町(つるぎ町ではない。)というパトリの歴史、つまり「貞光町史」の頁をパラパラとめくっていたのである。

 この分厚い史料の編纂には、私の父も携わっている。そして、父のことも母のことも、掲載されている。
 それに、私の祖父や曽祖父、ご先祖様も書かれている。
 祖父や曽祖父は、吉野川開運の草分けで、高知県の山奥で伐採した木をか、吉野川の流れを利用して、徳島市まで運ぶ、といった「博打打ち」「悪党」みたいな商売をしていた。典型的なハイリスクハイリターン事業をやっていたのだ。

 私が子供の頃は、とっくに没落してしまったあとで、ボロ家なのに、妙に骨董品の多い、家庭であった。
 母が、曽祖父、祖父の血を引いていて、高知で生まれた。父は、劔山中のふもと「木屋平村」で生まれ、短歌で知り合って「恋愛結婚」で、父が養子に入ってきたのである。
 父は、正直一途というか「清貧を楽しむ」みたいなところがあり、当然のこと、貧窮家庭に育つたのである。
 もっとも、当時は、どこもかしこの家庭も同じ様なもので、みんな、お金は持っていなかった。

 でも、今みたいに、お金が無くても、暗くはなかった。その頃も、大きな格差はあったけれど「格差」とか「格差社会」といったキーワードも無かったのである。

 ところで町史である。
 子供の頃の写真、街並み、などが、沢山、掲載されている。

 いつか、ゆっくりと、貞光の街並み、路地、細道、山、川、学校などを、たずねて歩いてみたいものだ。


 おしまい。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
昭和の写真から。
2007-08-28-Tue  CATEGORY: 昭和の話
 一枚の写真から
 ここに、一枚の白黒写真がある。

 貞光小学校 北庭




 昭和33年(1958年)の写真だ。服装から推察すると季節は冬だろう。

 徳島県美馬郡貞光町立貞光小学校の滑り台を囲むようにして、子供たちが立っている。後ろは、北校舎だ。もちろん木造である。(今は、鉄筋コンクリートの校舎になっている。)

 この滑り台のある場所は、戦時中は天皇陛下のご真影が保管されていた神聖な場所だと耳にしたことがある。この写真の右のほうには、二宮金次郎の銅像が設置されていた。

 子供たちはすべて一年生だ。担任の先生は「吉田栄先生」、忘れもしない。

 この中に、あの頃の私が居て、同級生がいる。


 あの頃と今。

 私自身は、そう、たいして、変わっていないと思うのだが、いくつか寝ると、五十五だ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
子供の頃の交通事情
2007-08-27-Mon  CATEGORY: 昭和の話
 子供の頃の交通機関は、もっぱら「歩き」であった。隣町に行くには「バス」に乗った。その頃のバスは、運転手さんと車掌さん、二人一組で大きなバスを動かしていた。
 運転手さんは、運転に専念し、車掌さんは、切符にカチカチと鋏を入れたり、バスがバックする時は「ピーピー」と笛を吹いて、誘導していた。

 



 
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ためし
2007-08-22-Wed  CATEGORY: 仕事
 今日は「新・日々読み書き」をそのままコピペして手を抜いた。


 今日も、バタバタした一日を過ごした。 
 一昨日、入札した物件の開札が昨日あったのだが「保留」となり、今日になって、正式に落札会社が決定した。 
 
 いろいろ事情はあるかもしれないが、遅い。電子入札といえば「速い」とイコールのような気がするが、現実は紙入札の頃と違って、実に、遅く感じるのである。 
 もっと、早く、出ないものかなあと思う。 
 
 
 ところでグーグルマップを簡単にプログ貼れるのを、桃知さんのところ で学んだ。 
 
 試してみる。

 
拡大地図を表示 
 

・・・・どうだ。 
 おっ、簡単に出来るではないか。 
 ピンマークをクリックすると、動画も見える。(・・って、当たり前だが・・)
 
 グーグルは、無償のサービスを提供することにより、繁栄している。自分たちはその恩恵を利用させてもらっている。 
 企業戦略として、すごさを感じる。 
 
 しかし、それにしてもMicrosoft。XP搭載マシンを来年の1月いっぱいで打ち切るそうである。vistaの普及率を高める戦略らしい。社内にもvistaを搭載したマシンを購入したものが居るが、社内LANに接続できないので、かえって不便になっている。 
 知人には、vistaをXPにダウングレードしている方もいる。 
 
 私の嫌いな「建設CALS」や「電子納品」も、vistaでは使えないこともあると思われる。 
 グーグルとマイクロソフト、えらい違いだ。 
 

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
温暖化
2007-08-19-Sun  CATEGORY: 未分類
 地球温暖化

 地球温暖化の原因は、我々人間のせいかもしれませんし、そうでないかもしれません。なぜなら、46億年前に「地球」として誕生した、この大地も、全地球凍結や、温暖化などを繰り返してきたからです。今から6000年ぐらい前は「縄文海進」といって、温暖化の影響で、今よりも海面が7mも10mも高い所にあったといわれています。

 ただ、この急速な温暖化の進行については、我々、人間が大きな影響を与えているような気がします。我々の住む、この、かけがえの無い大地は、とても、敏感なのだと思います。

 たしかに体感として、暖かくなっています。

 私が、子供の頃は、生まれ育った貞光町では、冬になると必ず、2回や3回は積雪がありました。吹き溜まりなどでは1m近くになったこともあるぐらいでした。

 雪が積もると、大喜びでした。学校は休校になるし、朝から遊べるからです。
 積もった雪で、雪合戦をしたり、きんま(木でつくった橇)で滑って遊んでいました。きんまを山に持って行き、坂道を足で踏んで、テカテカにしてスロープをこさえて、そこを下っていくのでした。

 積雪の多いときは30センチくらいになり、カマクラをこさえた思い出もあります。

昭和35年頃


 

 それが、近年では積雪は見ないと聞いています。

 三十数年前に延岡に来たときは、冬の現場では「パッチ」を履かないと、とても外には出ていかれませんでした。

 でも、今は、パッチなどは死語です。

 そして、今年の夏の暑さ。

 この頃の温暖化はテンポが早くなっているように思えてなりません。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
フォークを聴きながら。
2007-08-18-Sat  CATEGORY: 地域社会
  今、ヘッドホンからは、NHK FMのフォークソング特集が聞こえてくる。
 なつかしい。
 よしだたくろう。NSP。高石ともや。フォークル。PPMの「(邦題)虹とともに消えた恋」の、悲しそうな歌声も聞こえてくる。

  いい。
 あの頃のフォークは、素直で、正直で、やさしくて、男らしくて、いい。

 フォークを聴きながら・・・・・




 時々、昔の映画を見ている。と、いってもほとんどが初めて、あるいは久しぶりに観る映画であり、新鮮に感じられる。

 今まで、見たのは「生きる」「天国と地獄」「野良犬」「浮き草」「椿三十郎」「東京物語」「あかひげ」「遥かなる山の呼び声」「蜘蛛巣城」「隠し砦の三悪人」・・・・。

 ほとんどが、白黒のフィルム。

 「天国と地獄」

 苦学生の犯人が住んでいる、貧民窟のような町並み。
 苦労して成り上がった被害者の住む、高台にある冷房設備完備の近代住宅。高級住宅の大きな窓からは、犯人の住む、蒸し風呂のようなスラム街が一望に見渡される。

 格差。まさしく天国と地獄。

 この映画が製作された1963年といえば高度経済成長の時代でだ。
 私は、小学校5年生。

 あの時代に、あのような映画が製作されたということも凄いことだと思う。

 私は、徳島県の田舎に住んでいて、しかも子供だったので、わからなかったのだが、当時の格差社会は、今よりも、すさまじかったのかもしれないな、と思いながら観た。

 でも、今と違うのは、当時は、社会全体に、希望のようなものがあった、そのような気がする。
 両親は、お金がなくて苦労したと思うけれど、子供だった私には、一切の心配はさせなかった。
昭和の子供たち



 周りを見渡しても、自分の家だけがことさら貧困だとも感じられなくて、みんな、貧しくて、でも、何かの希望があって、こつこつと愚直に努力していたのだと思う。


 今は「格差社会」といわれている。
 たしかに、そうだなと思う。

 ただ、この「格差」は、経済的な要因の格差が大きい。
 今の、格差社会は経済だけ考えるとすれば「希望」が見えない。

 地方が「希望」を見出すとすれば、地域コミュニティの再構築ではないだろうか。昔のような地域コミュニティの復活は無理なので、それを、少し、進化したコミュニティ。

 閉じられた円環だけのコミュニティではなくて、他のコミュニティとリンクされた円環。円環が、昔のテレビCMの三ツ輪石鹸のそれのように、円環と円環がつながっていくコミュニティ。

  そういうものが出来ないだろうか。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
貞光、長橋
2007-08-16-Thu  CATEGORY: 昭和の話
 貞光思い出控帳に刺激を受け、第一のパトリ、貞光のことを書いてみたいと思います。

 先日、長橋のことを書きました

 この長橋は、幼い頃は「つり橋」でした。大水で流されて、今の「潜水橋」に架け替えられました。
 つり橋のときは、車は通行できなかったのですが、潜水橋になってからは、自動車が走ることができました。
 貞光潜水橋


 このコンクリート製の橋の上では、父に連れられて夕涼みもしましたが、冬などは、この上でローラースケートで走って遊んでいました。
 当時、コンクリートで舗装したところは、あまりなくて、潜水橋の上は、コンクリートの仕上げもよく、理想的なスケート場でした。
 大きな車が来ると、避けられないので、橋にぶら下がったりして、いました。

 つり橋時代の写真を古いネガアルバムから発見してので、載せてみます。
 年代としては、私の兄が高校生の頃ですから昭和30年ぐらいだと思います。
長橋 貞光


 長橋の背景の山は、にっしゃま(西山)です。煙突は、製糸工場の煙突だと思います。

 こうしてみると、西山は、地すべり地帯のように見えます。今、思い出しても、貞光町の東西の山々は、どうも、典型的な地すべり地帯で、そこを利用して、東山や西山に人が多く住み暮らしていたのですね。

 
 
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
また、昔話。
2007-08-12-Sun  CATEGORY: 建設

むかし、むかしのことです。
 むかし、といっても高々四五十年前のことです。

 夏の夜は、とても暑くて、じっとしているだけで汗ばむほどでした。そんな夜は、父と夕涼みによく出かけました。

 夕涼みの場所は、歩いて5分ほどの貞光川にかかる長橋という潜水橋でした。

 

 父は、時々は、私に、アイスキャンデーを買ってくれました。アイスキャンデーを舐めながら、父と二人で、潜水橋を行ったりきたりしました。橋の上は、いつも、標高1955mの劔山から、渓谷を下り、貞光川沿いに吹き降ろしてくる冷たい風が吹いていて、さながら天然のクーラーでした。

 1時間も居れば、ほてった体は、寒いぐらいに冷えました。。

 そのまま家に戻り、麻の蚊帳の中に入り、父が生まれ育った村の話や民話、父の創った童話を、子守唄のように、聞きながら眠っていました。。

 そんな、日々をおくっていましたとさ。


ページトップへ  トラックバック0 コメント2
父親
2007-08-11-Sat  CATEGORY: 未分類

父親力

 自業自得理論で育てると、友達が何かをなくしても一緒に探してあげることができない。「なくした自分が悪いんじゃん」となるからだ。それは思いやりではない。

 一緒に探してあげて、その子の苦しみや悩みを共感できることが思いやりなのだ。まずは受容と共感が第一、しつけや指導はその次だ。



 事情があり、ひなたには父親が居ない。私は、祖父であり、父ではない。なので、当然のこと「じーちゃん」と呼ばれている。
 とはいっても、父親的な役割をしないといけないのだろうなあ、と、思っている。

 自分が、今の息子や娘を育てたころは、仕事が生活そのものだった。

 家人からは、市内の現場を担当していたとでさえも「うちの家は、母子家庭みたい」といわれていた。
 車で通勤しても20分もかからないのに、現場に泊り込みしていたこともある。帰りは午前3時なら早いほうで2,3時間寝て現場に戻る、そういった生活を続けていた。

 今から思えば、あれではいけないと、つくづく思う。
 でも、あの頃は、すべてのことに余裕が持てなかった。仕事の消化もせいいっぱいだった。

 それと、今でも、なかなか治らないのだが「自分が出きることは自分以外の者が出来ても当たり前じゃないか」という考え方だ。それを子供に求めるところがあるのだ。

 社員にたいしては、寛容で、求めないのに、わが子には、ついつい求めてしまう。
 社員に対しては、ほめてあげられるのに、わが子は、なぜか、ほめにくい。照れくさいものもあるのかもしれないが。

 これは違う。理屈では、間違っていることが分かっているつもりだ。でも、なかなかできない。。

 今からでも、是正できるようにやっていきたい、とは思う。
 
 ひなただけには、自然に、出来ているように思える。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
加川良さん。
2007-08-10-Fri  CATEGORY: 音楽
加川良2


  来月、加川良さんのライブが宮崎市である。
 お仲間と私、三人で行くのだ。

 加川良。
 高田渡さん亡きあとの、最後の吟遊詩人である。
 人は、表現するとき、その「ひととなり」が表現される。

 加川良が表現するのは、加川良の音楽だ。加川良の「人そのもの」だ。

 いちど聞いてみてほしい。
 観てほしい。

 加川良の人があふれている。

 加川良。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E5%B7%9D%E8%89%AF

 岡林信康のあと、吉田拓郎と並び称された人だ。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
無題
2007-08-09-Thu  CATEGORY: 未分類
 新・日々読み書きをそのままコピペしました。

 午前5時20分頃、起床。ひなたから、起こされる。 
 天候は、晴れ。10分ほど「にわか雨」が降った。中途半端だとかえって蒸し暑くなる感じがする。 
 室内温度28度、湿度48%となっている。 
 
 豆腐とワカメと大根の味噌汁、納豆、焼き海苔、蕗の佃煮などで朝食をいただいてきた。 
 
 ではまたあとで。 
 
..8月9日(木) 7:07
 
 
■昨日は、国交省の開札があり、なかなか結果が公表されなくてイライラしていた。 
 夕方、出た。 
 ・・・・・・・・ダメでした。 
 
 技術評点は18社中1位であったが、価格が落札した会社よりも高くて、逆転はできなかった。 
 
 また、捲土重来といこう。 
 
 
 
■夜は、異業種の会合に参加した。身体障害者で福祉事業を行っている方、心理学(カウンセラー)の方、旅行会社の社長、牧師さん、住職さん、ウエス会社ノ跡取り、個人事務所経営・・・いろいろな方と、三時間のあいだ、話がはずんだ。 
 
 皆さんは、仕事もやりながら、仕事とは別に、パトリのために一生懸命、活動している方だ。 
 いつものことながら「私は、まだまだだなあ」と思い知らせられるし、勉強になる。 
 我が街にも、素晴らしい人は沢山居る。捨てたものじゃない。 
 
 
・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。 
 
..8月9日(木) 23:13
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
天皇陛下
2007-08-08-Wed  CATEGORY: 地域社会
 ■今日も、ある企業グループの倒産の話題でもちきりだった。私たちと取引している会社も、被害を受けているようだ。 
 
 このグループは、水戸黄門に出てくる「悪代官と越後屋」を足して二で割ったような、あまり評判のよくないところだった。 
 前知事が逮捕され、いつかは、と思っていた人が多かったと思うが、もっと先のことだと思っていた。 
 社員、下請けの従業員、取引会社、多くの人たちが、いちばん、たまらないだろうと思う。 
 
 
■天皇陛下が新潟県中越沖地震の被災地を御見舞いした。 
 
 私は、皇室にたいして特に尊崇する気持ちは持っていない。祭日に国旗を掲げることもやったことがない。 
 
 もっとも、いまどき、国旗を掲げたりすると右翼と勘違いされるかもしれないが。 
  
 
 ただ、国歌斉唱のときは、体が条件反射的に、脱帽してちょっとだけ低頭する。 
 
 けれど、天皇陛下ご夫妻の災害地への御見舞いなどは見聞きするたぴに、「ありがたい」と思ってしまう。 
 
 もし、私が、被災者だとしたら、知事が来るより、地元選出の代議士が来るより、総理大臣が来るより、天皇陛下がおいでになることのほうが、比べ物にならないぐらい「有り難い事」と感じるだろう。 
 
 天皇陛下が見えられることは、もうひとつの意味があるらしい。 
 それは「地鎮」だ。天皇が直接おいでになることにより、大地が鎮められ、清められるのである。 
 
 それが本当かどうかなどと疑う必要はない。昔から、の決まりごとなのだ。 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
試験
2007-08-07-Tue  CATEGORY: 建設
来年は技術士試験
 平成19年から技術士の試験制度が新しくなった。

 で、来年は、再び、技術士試験を受験してみようかなと考えている。

部門は、もちろん「建設部門」だが、科目を「コンクリート鋼構造物」あるいは「河川」どちらにしようかと思案している。。

 新しい試験制度は、私の錯覚や思い込みかもしれないが、私にとっては、従来よりも、受けやすくなったように思えるのだ。

 今から、来年の8月の筆記試験まで、徐々にテンションを高めていこうと思っている。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2007/08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.