土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
少し、やせた。
2008-06-30-Mon  CATEGORY: 未分類
 少し、やせたようだ。

 一向に減らなかった体重計の目盛りが1キロ下がった。

 そんなにうれしくもないけれど、成果は出ているわけだ。

 今まで、体重計に乗りもしなかった私が、なんでダイエットをはじめたか。

 健康のため?  今のところ、脳みそ以外は、健康体なので、そういう理由ではない。

 メタボが、騒がれているため? そんなの気にするような私ではない。

 
 我ながら、腹が突き出ていると見苦しいので、自分が見て「これならいいか」ぐらいにしたい。
 体の動きを、しなやかにそして軽くしたい。
 ひなたの運動会に出て走ってみたい。

 正直に言うと、体重は78キロあった。今は77キロ。
 こいつを10%削減するというのが第一目標。つまり、70キロにしたい。

 最終目標は、15%削減。66キロぐらいにしたい。

 本来のベスト体重は59キロ。

 59キロ時代は、自転車で一日250キロ前後は走行することができた。
 1460mの標高差の山岳道路を、一気に駆け登ったこともあった。

 でもベストにはしない。66キロか67キロでいいのだ。

 さあ、やってみるぞ。


 しかし、夕食は食べたのに、少し空腹になってきた。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2008-06-29-Sun  CATEGORY: 未分類
 日々読み書きの ミラーサイトです。

  ■午前7時30分起床。ひなたは、ほぼ回復。熱は、平常だけれど、エネルギーが燃えはじめたのか、暑い。抱っこしていると、アンカを抱っこしているみたいだ。
 室内温度25度、天候は小雨模様の延岡である。

 ではまたあとで。

..6月29日(日) 10:53



■昼前から、市内に出た。お昼は「風や」というラーメン屋だ。
 私は「ごま豚骨」女房とひなたは「豚骨の大盛」。そして「チャーシュー飯」

風や ラーメン


食後、文化センターに行き市美展の発表に行く家人につきあい。ひなたは、子供とみると、誰でも「遊ぼう」と積極的におしかけていく。ひなたを遠くで見守るじーさん。
 なんとか家人の作品も「お蔵入り」は避けられたみたいで、まあ、よかったというところだろう。

 そこから本屋に行く。あまり、買う本が見当たらない。以前と、変化している自分に気づく。

 家に戻り、ひなたの母親が帰ってくるまで、ひなたと遊ぶ。

 母親が帰宅したので、私は、自転車にまたがり、颯爽と出ていく。しかし、今日は、なぜか、きつい。でも、走った。

 途中ipodから枝雀さんの「代書」が聞こえてきた。声を立てて笑いながらペダルをこぐ。人があまりいないのでいいようなもので、自転車に乗りながら、ニヤニヤしていたら、変質者と間違われるかもしれない。

 帰り道、近くの川に沿って走っていくと、人だかりがしていた。自転車を停めたのそいてみると・・・・・・・・

鴨の親子

 鴨の親子が泳いでいるではないか。1.2.3.4.5.・・・・・11羽も子供が居る。母親は、周囲に眼を配りながら、上流へ泳いでいく。

 無事に、11羽の子供が成長してほしいなあ。と思った。
 
 

・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。
 

..6月29日(日) 22:39
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
時代おくれ。
2008-06-27-Fri  CATEGORY: 未分類
  昨日から、ひなたが風邪をひいて体調を崩している。
 
  あんな元気の塊が、ぐでんとしている。

  久しぶりに病気になった。



 ■午前5時30分起床。天候は薄曇。

 ひなたの調子がよくない。熱が38度台から下がらない。いいときは、38度ぐらいの熱なら、元気がいいのだが、昨夜からずっと「だらーん」としている。食欲もない。ジュースも欲しがらない。
 喉をこするような咳が出る。
 胃捻転もおこしているかもしれない。


 午前中は、近くのクリニックに家族が連れていくことになっている。

 ではまたあとで。
..6月27日(金) 7:03



■ひなたは、このごろ流行っている風邪にかかったらしい、とのこと。少し、元気は出ているものの、普段のひなたじゃない。素直すぎる。
 早く、元気の塊に戻ってほしい。



■今日は、総合評価方式の施工計画で頭をなやましていた。課題は二つあって、ひとつは、なんとかなりそうな計画を提案できそうだが、もうひとつのほうは、ありきたりのものしか思い浮かばない。思い浮かんでも、語彙が足りない。専門技術者と話しても、出てこない。

 切羽つまった私は、三十数年前に在籍していた、徳島県の「四国ボーリング工業」に電話をして、友人を呼んでもらった。友人に事情を話しすると、すぐに、協力してもらった。



 この友人とは、三十数年前に、在籍していた1年7ヶ月間、一緒に仕事をした関係だ。私が、四国ボーリング工業を辞めてから、一回も会ったことはない。

 三十数年ぶりに「こんな電話」をかける自分は、図々しくて、駄目だなあと思う。

 しかし「そんな電話」に、一生懸命、対応してくれる友人が居る。


 ほんと、ありがたかった。

 河島英五の歌に「♪昔の友には、やさしくて、変わらぬ友と信じ込み、あれこれ仕事もあるくせに、自分のことはあとにする・・・・」、まさしく、時代おくれ、である。

 桃知さんのいわれる「贈与」の世界である。「交換」の原理では動いていない。


 これからも「時代おくれ」で、生きていくぞ。

 T君。ほんと、ありがとうございます。


 いつか、会う日を楽しみにしています。

 そのときは、飲もう。


・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。

..6月27日(金) 20:31
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
台風。
2008-06-26-Thu  CATEGORY: 未分類
  ■午前5時38分起床。天候は曇り。室内温度25度の延岡である。

 ではまたあとで。

..6月26日(木) 7:08



■今日は、なんやかんやで忙しくしていた。
 

■ 台風シーズンが来る。

とはいっても、本格的な季節は9月からである。しかし、異常気象の多い昨今の状況では、いつきてもおかしくはない、つもりでいたほうがいい。

 今から5,6千年ぐらい前の延岡は、ほとんどが海または湿地であった。そのあと、海面が若干下がり、現在の延岡が形成されている。

明治時代の五万分の一地図を見ていると、延岡は「水田」だらけだ。それだけ低地が多いのである。 なので「夏田」「宇和田」「柚の木田」「野田」「出北」・・・「た(田)」の地名が多い。

 ということは、延岡は、いつ浸水しても不思議ではないところに人が多く居住していることになる。

 かくいう自宅も後期縄文時代には、稲葉崎と尾崎にはさまれた入り江である。そのせいなのか、三年前の台風では、我が家も床上50センチまで浸水した。

#a#



 さて今年はどうなるか。

 災害といえば「地震」は恐い。人がいちばん頼りにしている大地が、突然に持ち上がったり、沈んだり、移動したりする。

 家屋や家具だけの地震対策だけでなく、宅地そのものの対策も必要なのだが、家具の固定もしていない家屋が多い。我が家もそうである。

■ひなたが久しぶりに元気がない。発熱している。あの元気だまがトローンとしている。

 早く、よくなってほしいなあ。


・・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。

 


..6月26日(木) 20:25
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
入札結果。
2008-06-24-Tue  CATEGORY: 建設
  今日も 新・日々読み書きの、ミラーサイトになっています。

 ■午前5時33分起床。天候は小雨、今は本格的に降っている。室内温度25度、屋外気温22度の朝となっている。

 今朝は「炊きたてご飯」「油揚げとワカメと椎茸とえのきだけ、卵の割り落としの味噌汁」「青ネギ入り納豆」「沢庵漬け」「濃茶」を食べてきた。

 ではまたあとで。

..6月24日(火) 7:00



■午前中は、雨が降ったけれど社内安全パトロールに参加した。土木、建築、安全管理、協力会社の方、8名ぐらいで毎月実施している行事だ。
 建築現場2件、土木現場1件を回った。


■昨日、入札した工事の落札結果が出た。案の定、ギャンブルの結果は駄目であった。県全域から、応札され、落札した会社と次点の会社の価格差は1800円であった。

 この前のNHKで放送された「入札制度改革」は、いったいなんだったのか、という感じがした。
 今は、いろいろなことを試行錯誤を繰り返して、より、ベターな制度を構築する段階なのだろうとは思うが、あまり、ゆっくりやりすぎると、ベターな制度ができたところで、業者数が激減ということにもなりかねないように思う。



■夕方は、自社開発物件で、開発申請をお願いしている方と、打ち合わせ。夜は、協力会社の懇親会に出て、いま、帰宅したところである。


 明日は、福岡市に日帰り出張。下請けをさせていただいているGCの安全大会に出るためである。


・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。

..6月24日(火) 22:16
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
入札ほか。
2008-06-23-Mon  CATEGORY: 建設
  今日も、ミラーサイトです。


  ■午前5時30分丁度起床。今朝は久しぶりの青空である。やはり、青い空は気持ちがいい。室内温度25度、屋外気温22度となっている。

 ではまたあとで。

..6月23日(月) 7:02




■今日の自転車コース。
 

 距離17.5キロ、高低差45m、約1時間。数字で書くと、たいしたことはないようだが、結構、きつかった。
 ぼちぼち、太ももあたりの筋肉が「痛い」と悲鳴をあげかけている。
 きついけれど、気持ちがよい。へんな感覚。

 行く途中、樹が生い茂って暗くなったところにipodから円生の「真景累ヶ淵」が聞こえてきた。さすがに、他の曲に変更した。やはり、恐いではないか。


■今日、県工事の入札をした。

 比較的条件のいい工事なので、県全域から沢山の同業他社さまが応札すると思われる。

 今回も、価格のみの競争。 総合評価方式というのは、どこにいったのだろう。

 落札できるかどうかは「運・不運」できまる。

 朝のTVの星占いは見ないのだが、今朝は、見るともなく、眼に入ってしまった。

 私の乙女座がいちばん悪かった。(笑)




 簡易な施工計画で「従来のような計画」と「それなりに知恵を絞った計画」では、評価点がどのように違ってくるか、というのをやってみた。

 前者と後者では、まったく違う評価点となって帰ってきた。もちろん、後者のほうがよかった。

 簡易な施工計画作成にあたっては「お金をかけたくない」ということを心がけているつもりだ。お金をかけて総合評価でいい評点をもらうことは、結果として安価で入札するのと、同じように思えるからだ。

 今回も、よぶんなお金はかけていない。

 しかし、いつまでも、意地はっているわけにも、ならないような気がしないでもない。
 できるだけ、がんばろう。

・・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。


..6月23日(月) 20:04
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
日曜日・・・・・・。
2008-06-22-Sun  CATEGORY: 未分類


■台風6号の進路、大きく右にスライスしそうだ。
 これは、台風の動きに目が離せない。


..6月22日(日) 10:50



■「虚空遍歴」、下巻の三分の二まで読んだところで、リタイアすることにした。主人公の「中藤中也さん」が嫌いになってきたからだ。
 山本周五郎の書いたものはなんでも好きだが、中藤中也さんは・・・。

 彼とは、友達にはなれないみたいだ。(笑)

 で、こんどは「原田甲斐さん・・・樅ノ木は残った」を読んでみようと、一枚、二枚、頁をくったら「原田甲斐さん」は、なかなかいい。
 よし、こいつを読もう。



■今日の午前中は、ひなたと「ガメラ 」を見た。平成ガメラの第一作目だ。ずっと昔、見た記憶はあるのだが、久しぶりに観たら、なかなかおもしろい映画ではあった。

 そのあと、庭で遊んだ。

 午後からは、総合文化センターへ。劇団カッパ座の劇が上演される。家人は、延岡市美展の出品受付やらしていたが、ひなたと家人で観ることにしてもらって、私は、自宅に戻り、勉強をした。

 しかし、眠い。なかなか、集中できない。そうこうしているうちに、家人とひなたを迎えに、文化センターに戻る。


 帰宅して、しばらくしてから、夕方の曇り空の下、自転車で走った。
 俺は、雨男なのか。
 いくらもいかないうちに、降りはじめた。

 これっぱかしの雨ぐらい、なんでもない、と走っていたけれど、すっかりヤワになった私は、途中で引き返し、市内に向けて方向を変えた。できるだけ、坂道を選び、心臓がバクバクするまで、ペダルをこいだ。

 雨と汗で、びしよびしょになり、帰宅した。ふーーーっ。


・・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。

..6月22日(日) 19:19
ページトップへ  トラックバック1 コメント2
2008-06-22-Sun  CATEGORY: 未分類
今日も、新・日々読み書きのミラーサイトになっています。

■午前6時10分起床。天候は、どんよりとした曇りだが、そこかしこに青空がのぞいている。家の中が湿っぽい。いかにも「梅雨だ」という感じだ。
 室内温度は25度となっている。

 今から、朝飯を食べよう。

 ではまたあとで。

..6月22日(日) 7:45



■台風6号の進路、大きく右にスライスしそうだ。
 これは、台風の動きに目が離せない。


..6月22日(日) 10:50
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
法令遵守。
2008-06-21-Sat  CATEGORY: 未分類
   免許証って、何のためにあるのだろう。

 Webで調べてみた。

 免許とは、一般に禁止・制限されている行為を行政機関が特定の人に対して許すことや、特定の人に権利を定めて地位を与えることである。講学上の概念としては、許可と特許の双方を含む。

 めんどうくさいので調べはやめた。

 なぜ、こういうことを書くかというと、先日、現場に○○署のお役人が、現場にパトロールに来て、建設機械(バックホウ)の運転者に「免許証」の提示を求められた。ほとんどの運転手は免許証を携帯していたが、ひとりだけ所持してなかった。

 その運転手は「車の中に忘れてきました」と、近くに駐車してある車の中から「免許証」持ってきて、すぐにお役人に提示した。

 お役人は二人いて、ひとりは「口頭注意にします」と言ったが、片方のお役人が「いや、是正勧告」を切っておきます、と切符を切った。

お役人は免許証を確認し「不携帯」という理由で切符をきった。



以下は、私の個人的見解になります。

 免許証不携帯と災害防止の直接の関係はありません。家に忘れてきた、というのならまだしも、近くに停めてある車の中に置いていたのだから「今後、気をつけてください」でいいのではないかと思います。

 私が以前交通事故にあったとき、現場検証の警察官から免許証の提示を求められ、ポケットや車の中を探してもなくて、会社に置き忘れていたことを思い出し「すみません。会社に置き忘れてきました。今、会社に連絡して、ここに持ってきてもらいます」と言ったら「いや、いいです。結構ですよ」と、血も涙もある対応をしてくれました。

 そのことが「いい、悪い」は別にして、免許証の不携帯と事故は関係ないと思うのです。

 リスクアセスメントでも、リスク低減対策として「免許証は常時携帯しよう」などという対策はないと思います。 なぜなら、免許証常時携帯と災害発生の関連性は高くないからです。

 たしかに「不携帯」は法令違反です。

 労働安全衛生法の目的は「労働災害防止のための危害防止基準の確立・・中略・・職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的とする」とあります。

 このお役人、多分、常日頃から、絶対に些細な法律や規則を絶対遵守している見上げたお人かもしれないなあ。

 そのように思いました。

 そんなことを気にするより「安全で、しかも、いい仕事」をしよう。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
いろいろ。
2008-06-20-Fri  CATEGORY: 建設
( 今日も、新・日々読み書きのミラーになつている。)

 ■午前5時33分起床。天候は曇り、朝から蒸し暑い。室内温度も外気温も25度の朝である。ちなみに室内湿度は57%である。

 今日は、完成検査がある。
 ではまたあとで。

..6月20日(金) 7:02



■今日の完成検査は、橋梁下部工の現場で橋台2基、橋脚1基を造る現場であった。橋脚は、川のど真ん中に位置しているため、5月末で終わらせなければならない現場であった。

 完成検査の講評で、検査官から「厳しい環境の中で、よく終わらせてくれました。感謝しています」といわれた。

 現場担当者たちも、これで肩の荷がおりたことであろう。ほんと、お疲れ様でした、である。

■午後からは、自社開発物件の件で、日向市にある県の機関まで、打ち合わせに行った。



■午後から降りはじめた雨は、今も降り続いている。
 今日も、自転車はとりやめとした。
 乗らないと、気持ちわるいように思える。今夜は、スクワットと腹筋運動で、体をいためつけてあげよう。


■今夜7:30からNHKで九州沖縄インサイド「“脱・談合”はどこへ向かうのか~東国原知事の入札制度改革~」が放送される。

 総合評価方式を取り入れるといっても、まだまだだ。それに、総合評価方式制度そのものにも、私としてはいろいろな問題があると思っている。
 多分「県は総合評価方式でやります」みたいな、結論になるものと思われる。

 期待はしていないが、一般の人にどういう思いを与えるような番組構成になっているか、そこに興味がある。


・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。

..6月20日(金) 19:14
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
桜桃忌
2008-06-19-Thu  CATEGORY: 本、読書
 今、気がついたけれど、今日は「桜桃忌」だったとか。

 太宰治といえば、若い頃の自分の一時期は、太宰治づけだったことがある。

 太宰治の小説は、若いものには、18歳未満お断りの映画よりも、はるかに毒だと思いながら、読みふけっていたものだ。

 今も、若い頃の自分にとって「よくなかった作品」だったと思えるし、逆に、あの頃の自分だからこそ、あけてもくれても太宰治を読んでいたのだと思う。


 しかし、今、太宰を読んだらどうなのだろう、どういう思いを持つのだろう。

 ちょっと心配な気もするが「トカトントン」あたりから、読んでみようかな。

 やはり、やめておこう。

 本棚の奥には、当時のままの太宰治があるはずだ。再読するのは、まだ、先にしよう。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
福祉のこと、ほか。
2008-06-19-Thu  CATEGORY: 未分類

 (今日も、新・日々読み書きのミラーサイトになつています。)


■午前5時33分起床。天候は曇り。室内温度、外気温ともに見るのを忘れた。とにかく、ムシムシしていて湿っぽい。
 昨夜は、タオルケット1枚を腹にかけただけで、ちょうどいいくらい。真夏が、そこまできているようだ。

 ではまたあとで。

..6月19日(木) 7:03



■今日は、電話によるヒアリングがあった。いつもと同じ質問なので、こちらも手馴れたものである。
 今回のヒアリング、ちょっと耳にしたことだが、低入札をされた会社は、1億前後、安く、応札されたらしい。1億も安ければ「低入札」はまちがいないと思うのだが、何か、考えがあって入れたのだろうか。
 低入札した会社が一社でもいたら、落札決定まで長い時間がかかるので、困る。人のふりみて我がふり直せ、で低入札はしないようにいきたいものだ。

■今日は、異業種の集まりで、おもしろい話を聴いた。
 以前は、介護福祉士をしていて、ゼロから3人で福祉事業をビジネスとして立ち上げ、老人介護だけでなく、営業、企画、教育、管理、などでおもしろくやっていたが、福祉がビジネスとして厳しくなってきたこもあって、昔から好きだった熱帯魚の事業で独立された青年の話だ。
 インターネットを活用した事業で、日々、忙しく活躍されている。
 熱帯魚を見て安らぎを与えたり、人が喜んだりしてもらえれるのが目的だと話されていた。
 話を聞きながら、この人は成功するな、と直感した。

 そこに社会福祉法人を運営されている方が居て、けっして若者を批判しているのではないけれど、福祉がビジネス競争になっている現状を嘆いていた。コムスンは、お年寄りのことを「商品」とよんでいたそうだ。それもこれも、小泉さんが「なんでも競争させる」を持ち込んできたからで、先のことを思うと、どうなるのか不安になる、とおっしゃられていた。

 どうも、書くことが下手なので、意を尽くせない文脈になってしまったが、どちらの話も、私は、共感がもてて、考えさせられることが多かった、ということで、本日はこれで失礼いたします。

..6月19日(木) 22:13
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2008-06-18-Wed  CATEGORY: 未分類
  ■午前5時33分起床。天候は晴れ、室内温度23度、外気温22度の朝である。

 今は、晴れてしまっているが、市内全体に、朝霧がかかっていた。

 暑くなりそうだ。

 ではまたあとで。

..6月18日(水) 7:09



■北海道から届けられたキャラメルの中から「塩キャラメル」をひとつだけ噛み締めながら、更新している。
キャラメル



 今日は、昼過ぎから、国交省の入札制度の説明会に行ってきた。

 キーワードは「競争」である。

 私は「競争」はあまり好きではない。と、いいながらも他社には負けたくない、と思っている。でも、行き過ぎた「競争」はよくないような気がする。この頃は、えげつない。あまり「競争心」ばかりあおると、みんな人相が悪くなってしまうぞ。

■今日は、帰宅が遅くなってしまった。それでも、足や腕の筋肉を痛めつけに、自転車に乗って走ってきた。遅くなって無灯火になってもいけないので、いつもより短い距離(7,8キロ)を速度を早めて走ってきた。


 (欲しいもの)
■ 幼い子供のように、何か、欲しくてたまらないときがある。

 手にするまで落ち着かない。

 考え出すと、そのことを考える時間が多くなる。

 高いものでも、頭の中でやりくりをして「うん、大丈夫だ」と思ってしまう。

 そして、矢も立てもかまわずに、注文する。

 アマゾンから、ipodの80GDが届いた。

 現物を見る。触る。 いいなあ、と思う。

 家人が、ほくそ笑んでいる私を見て「そんな大きいもの買って何すると?」と云う。

 「動画とか入れるとよ。外付けHDDの代わりにも使えるし・・・」と答えながら、内心では「むむっ・・」と思った。

 そして、一人になって、自分に問うてみた。

 おいおい、こんなもの買ってどうするんだ。いつ、使うのだ。日常生活で、こいつを使う時間って、どこにあるんだ

 二万曲も音楽入れてどうするんだ。

 画像など、いったいいつ見るのだ。

   しまった。

 いったい、何が欲しかったのだ。

 頭のなかのわけのわからないものの渇きをうるおすために求めたのか。

 欲しい、手に入れる。うーん、まいった。

 久しぶりに、こんな気持ちにさせられてしまった。

 あとは、活用方法について、ゆっくりと考えていかねば、、、、、と思っている。 (笑)

・・・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。


..6月18日(水) 20:42
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
川面。
2008-06-17-Tue  CATEGORY: 未分類

 祝子川、と書いて「ほおりがわ」とよんでいる。

 多分「はふり」から、きたのだろう。

 「はふり」とは、神職のことをいう。    はふり

 古代のシャーマンを現す言葉である。

 延岡をはじめ、このあたりには「神」的なものを連想させる地名が多い。

 「天下(あもり)」 「三輪(みわ)」「熊野江(くまのえ)「伊勢が浜」「須佐(スサノオ?」・・・・・ほか。

 そんなことは、どうでもよい。

 今日は、帰宅してから、自転車にまたがり「祝子川」をずんずんと遡っていった。

 川面に霧がかかり、幻想的であった。

 祝子川1


祝子川2


祝子川3


 自転車に乗って走ると「へえーっ」「ふーん」というような新鮮な情景に出会うことが多い。いつも、新発見みたいな感じになる。

 前頭葉を刺激しているような気がする。


 田植えしたばかりの田んぼ。
 祝子川そばの水田。


 自転車は、やはり、いいなあ。

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
入札制度改革。
2008-06-15-Sun  CATEGORY: 建設
 (今日の日記の内容は、新・日々読み書きのミラーになっています)

 ■午前6時過ぎに起床、させられる。ひなたから。
 天候は、昨夜からの雨がずっと続いている。ぴしゃぴしゃ・・。5mm程度の雨だ。
 今朝は、焼き飯を食べた。

 ひなたの母親(娘)は、地元大学に研修のため朝早くから出かけている。家人は、もうすぐ、会議のために出かける。そうすると、必然的に私とひなたの日曜日になる。

 ではまたあとで。

..6月15日(日) 8:29



■今日は、ひなたと家人で寿司(もちろん、回るほう)を食べに外出した以外は家に居た。
 ずっと雨、雨、雨である。
 ひなたと遊んでいた。

■夕方、地区の回覧板が回ってきた。
 NHKで6月20日(金)19時30分から20時までの九州沖縄特集「脱・談合はどこに向かうのか~東国原知事入札制度改革」という番組の宣伝だ。

 なぜTV番組の宣伝が、それも「入札改革」が地区の回覧板に載ったか。

 それは3年前の台風災害で、この地区は床上浸水の被害を受けた。激甚災害に指定され「排水機場」の着工が決まった。
 しかし、入札制度改革で、排水機場を落札した建設会社が、施工途中で次から次に倒産し、工事が中断した。そのため、今年の台風には運転できる予定の排水機場の完成が1年以上、延びたのである。

 回覧板には、こう書いてある。

 NHKテレビ番組のお知らせ

 「入札制度改革によって建設業者倒産多発、公共工事の遅れが激甚災害特別緊急事業に及ぼす影響を伝える。」

 「東国原宮崎県知事が就任してまもなく1年半。県産品や観光ブームに沸き立つその裏で、いま、地域経済を支えてきた建設業者の倒産が相次いでいる。その原因は、脱しがらみを掲げた知事が、指名競争を一般競争に変える入札制度改革を急速に進めたことにある。番組では、廃業の瀬戸際に立たされている建設業者の実態や、県と業者の取り組みを取材し、脱・談合に向けた入札制度をどう確立させるのかを探る」




■県では、価格だけの一般競争をやめて、価格以外の評価も加えた「総合評価方式」を今年度から取り入れる。

 しかし、その現実は「道遠し」である。価格以外の評価といっても、ほとんどは「10点」の評価しかない。(国交省は60点なのに・・・)これでは、従来よりは「少し、ましかもしれない」になるだろう。
 それに、市町村発注の工事ばかりを多く受注したきた業者は、県の工事に参加するのは、難しくなる、というのもある。

 こういった改革は、あちらたてればこちら立たず、みたいなこともあったり、非常に難しい課題だけれど「真面目に、誠実に、一生懸命」な業者が、これ以上、無くならないように、早く、よりベターな改革をしなければ、と思う。


・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。

..6月15日(日) 19:05
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
冒険。
2008-06-14-Sat  CATEGORY: 未分類
  ■午前6時起床。天候は曇り。屋外気温20度の朝であった。

 朝食をとり、近くの橋梁下部工の現場の最終社内検査に行って、今帰宅したところである。
 
 「完了しない」と思われていた工事だが、工事関係者全員が「完成させる」という方向にベクトルを合わせると、なんとかなるものである。人の力というのは「同じ目標」を持ち、それにあわせていけば、思った以上の力が湧いてくるものである。
 厳しい中で、ほんのちょっとの遅れも許されない計画工程を管理したことには「すごいなあ」と思った。

 問題はなぜこのような工程計画を組まざるを得なかったか、である。受注者だけの力では、どうしようもないというところにある。三方よし(市民、発注者、受注者)で行かなければ、こういうことは無くならないだろう。
 どうしようもなくなってしまい、受注者が、いくらベクトルを合わせても、どうしようもないときが来るかもしれない、そう思うのである。

  ではまたあとで。

..6月14日(土) 11:18



■東北地方で大地震が発生した。地震列島、日本、他人事ではない。
 被害に合われた方にお見舞いを申し上げます。

 延岡も、それなりの眼で観察すると、危険な宅地が多い。かくいう、我が家のある場所も、元々が湿地帯なので揺れが激しい。液状化現象もおきるだろう。
 我が家から南の方向に位置している○○山も、危険だ。昭和30年代に造成された団地は「よく、持っているなあ」と思えてならない。
 この前、この団地の方の民間工事をさせてもらって、上の宅地の方に「耐震補強しませんか」と云ってみたら「いやあ、結構です」と断られた。それ以上は、脅しになるかもしれないので云えない。
 民間の災害防止は難しいものだ。


■今日も、ipodとデジカメを持って、自転車に乗って15キロぐらい走った。今日は、最後のほうは、いままで行ったことのない所に入っていった。

 行ったことのない場所というのは、わくわくさせてくれる。「へえーっ」というような風景が、次から次に出てくる。
 自転車・・・・




道端に由緒のありそうな石塔がある。よく、見てみるとお地蔵さまだ。近くの、朽ちかけた説明書きを見ると、西暦1523年に造られたものらしい。
 
お地蔵。


 道端にある庶民の信仰
 石仏。



我が家のある近所にこんな場所がある。小さな冒険をしているような気分にさせられる。

 さて、今夜から雨がある。大雨になる予想が出ている。


・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。

..6月14日(土) 20:43
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ミニトマト、おいしい。
2008-06-13-Fri  CATEGORY: 食べ物
 (今日も、日々読み書きのミラーだ。)


■午前5時30分起床。天候は晴れ。あちこちから鳥のなく声が聞こえている。外気温は19度、窓を全面開放して走ると涼しすぎるぐらいだ。20度のときの気温とはまた違う。
 わずか1度。寒暖計の目盛りだと2mmぐらいである。しかし、1度という変化は、実は、大きい変化のような気がする。コンクリートでも温度が2度、3度上がるだけで、温度ひび割れのリスクが大きくなる。1度、というけれど人間が都合のいように1度と呼び習わしているだけで、大きな変動なのだなあ、と思う。

 ではまたあとで。

..6月13日(金) 6:56



■ この前の日曜日。

 家人は会合。ひなたの母親は仕事で遅くなるということがあった。

 さて、夕食をどうするか。はたと考え込んだ。

 とりあえず、米を研いだ。たまには「こげ飯」もいいかなと釜で炊くことにした。

 あとは副食である。

 餃子を買いに行くか。延岡で餃子といえば・・・・黄楊(つげ)の餃子が昔から有名だ。

 「よし、餃子にしよう」。あとの副食は、ひなたの母親に作らせればいい。

 黄楊(つげ)に電話を入れて予約した。

 「いとうと申します。餃子五人前、お願いします。1時間ぐらいして取りにいきますので」

 「はい、五人前ですね。わかりました」

 ・・・・・・・で、済んだ。

 しかし、もし、悪戯で取りに行かなかったらどうするのだろうと疑問がわいた。

 こうなると、店と予約した見ず知らずの客との信頼関係しかないではないか。

 ある意味、すごいなあと思いながら、1時間とちょっとしてから取りに行った。焼きたてのあつあつ餃子五人前がきちんと包装されていた。

 何の変哲もないことかもしれないが、すごいなあと単純にこころを動かされた。

 多分、市内のどこの店でも、見ず知らずの注文を受けていられると思うが「金銭交換」だけの社会になっていることを思えば、いいなあ、と思えるのである。

 黄楊の餃子。さすが、餃子一筋で古くから続いているだけあって、とても、ジューシーで美味かった。


■早めに帰社し、ひなたを迎えに「たんぽぽ保育園」まで行った。家人も、母親も遅くなるからだ。

 6時半過ぎに家人が帰ってきたので、半ズボンに履き替えて、自転車に乗って出た。
 はぁはぁいいながら、体を疲れさせた。
 今日は、遅かったので15キロぐらいしか走れなかった。毎日20キロぐらいは走ってもいいかな、と思った。


■帰宅したら、水戸から真っ赤に熟した「ミニトマト」が届いていた。クール便なので、冷えていた。ひとつ、ふたつ、つまんで口に放りこんだ。

ミニトマト。


 甘い。

 みっつ、よっつと食べた。あ、しまった。忘れていた・・・・・。

 戸棚から、小皿を出してミニトマトを三個のせて仏壇に供えた。

 しかし、うまいトマトだ。


長谷川様、いつも、お心遣いくださり、ありがとうございました。


・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。

..6月13日(金) 21:15
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
自転車。
2008-06-12-Thu  CATEGORY: 地域社会
(今日は、もうひとつのブログ「日々読み書き」のミラーサイトになっている。)

 ■午前5時35分起床。天候は曇り。庭の木々も路面もまだ濡れている。
 室内温度23度、屋外気温20度の朝である。

 ではまたあとで。

..6月12日(木) 7:06



■今日は、午後から、土地家屋調査士と自社開発物件の打ち合わせを行った。

 私の「基本的方針」は、工事費をできるだけ安価にする、そして、自然環境をあまりいじらないで残せるものは残す、使いかってのよいものにする、何より「いいもの」にする、である。
 方針の中身で、トレードオフの関係にはしない。トレードオンで行くのだ。

■早めに帰宅してから、短パン、Tシャツ、スニーカー、帽子を身に着けて、自転車にまたがって、家を出た。

 ギアは、ほとんどトツプギアでペダルをこぐ。

 【今日のルート】走行距離14.2キロ、高低差42mである。消費カロリーは「沢山」
 

 祝子川の上流に行くと、風情のいいところがある。

 トトロでも居そうな「こんなところ」
 
大きな木




徳島を思い出しそうになる「潜水橋」
潜水橋1


潜水橋2





ふーう。疲れた。


・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。


..6月12日(木) 22:00
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ダイエット。
2008-06-11-Wed  CATEGORY: 食べ物
 (今日は、もうひとつのブログ(日々読み書き)とは、別のことを書いている。)


  私は、食事をとるのが速い。お昼など、速く食べようと思ったら5分もかからないぐらいである。

 噛まない。

何回か口を動かすが、それは「噛む」というより「味わう」ためにモグモグと動かす。

 なので、脳が満腹感を感知する前に食べてしまうことになり「もう、一杯」ということになる。

 そういう習慣が身についてしまった私が、ダイエットに挑戦している。

 朝、昼、夜の食事量はいぜんよりも少なくしてもらっている。間食は、元々とらない性質だ。

 帰宅すると自転車に乗って7キロから10キロぐらい走る。ギアは、ちょっとした坂道でもトップギア。押し歩きは、できるだけしない。

 逆に、下り坂だは押して歩くようにしている。

 就寝前は、腹筋運動を100回ぐらい。



 これで、少しは胴回りが減るといいなあ、と思っている。

 減量目標は、特に無い。

 昔のズボンが履けるようになる。それが目標だ。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
おい。昔は、よかったなあ。
2008-06-10-Tue  CATEGORY: 未分類

  ■午前5時20分目覚め。5時30分起床。天候は曇り。室内温度23度、屋外気温21度の朝である。

 6月10日は「時の記念日」といわれていた。ひめくりカレンダーを見てみると、大安とか一粒万倍日の横に、ちゃんと「時の記念日」と印刷されている。今でも、時の記念日である。

 時間といえば、土木部の社員は時間を守ることが体にしみついている。というのは、以前、居られた副社長が、それは時間に厳しい方で、約束の時間にちょっと遅刻したりすると「お前らは、人の時間を盗んでる。泥棒と同じだ」というように、厳しく仕込まれたからだ。

 時の記念日ということで、ちょっと思い出した。

 ではまたあとで。

..6月10日(火) 7:00



■午前中は、自社開発物件のことで、担当役所に行って打ち合わせをしてきた。

 どうやら、方向性は見えてきた。



■ このところの私のブログは「昔はよかった式」が多く見られるようになったような気がする。

 以前は「昔はよかった式」で書くのは、少し、はばかれるような感じがあったのだが「三丁目の夕日」などに代表されるような懐古的なものが脚光を浴び始めたので、ブレーキが利かなくなってきたのかもしれない。



香山リカ先生によると

「年齢を重ねると、今の時代や若者についていけなくなるのではないかと不安になります。価値観や好みに違いがあると、それを否定したい感情と若さを失っていく不安が入り交じると思うんです。そこで自分が若かった時代の文化などを振り返って『あっちの方がよかった』とか『人間味があった』と肯定することで、不安から逃避しようしているんじゃないでしょうか。あとは、年輩者が若い人に対して絶対的に優位に立てるのは、彼らが知らない時代を体験しているということ。だから『昔はよかった』の一言で『オレはお前らが知らないいい時代や大変な時代を知ってるんだ』と優越感を感じる一面もあるかもしれません」

 河合隼雄先生は・・

「昔はよかったとは、進歩についてゆけぬ人の言葉である」と手厳しい。

 私は、進歩に・・、というよりも「変化についてゆけぬ」のほうがいいと思う。



 香山リカ先生の言葉も、河合先生の意見も「そうだよなあ」と、共感できるところもある。



 でも「それがどうした」と思わなくもない部分もある。

 温故知新という言葉もあるではないか。

 少しぐらい、ノスタルジアでもいいではないか。

  
 これからも、ときどきは「昔はよかった式」で書いていきたいと思う。

 よろしくお願いします、である。


・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。






..6月10日(火) 19:56
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
仕事。
2008-06-09-Mon  CATEGORY: 仕事
  ■午前5時30分起床。天候は晴れ。室内温度22度の朝である。

 今朝のTVニュースは、やはり秋葉原の事件であった。このところ、特に、残忍な事件が多いように感じられる。これは、気のせいではないと思う。
 簡単に「世の中の・・」とは云いたくはないが、世の中の風潮抜きには、語れないであろう、そなん気がする。

 ではまたあとで。

..6月9日(月) 6:58



■今日は、午後から二箇所の現場を回った。
 どちらの現場も、フル稼働していた。
 


仕事は「させてもらっている」と教えてもらったのは、今の会社の前に勤めていたときだ。もう、35年以上昔のことだ。
 前の会社は「四国ボーリング工業」といって、隣町にある、創業したばかりの小さな測量・地質調査会社であった。

 徳島県の発注の仕事で、連日連夜残業につぐ残業、もちろん日曜日もない、といった状況で忙しくしていた。

 民家の裏の急傾斜地の測量をしていたとき、民家の人から「うるさいぞ。ちょっと静かにしてくれ」と怒られたことがある。

 カッとなった私は「ちくしょう。してやっているのに」とブツブツとつぶやいた。

 傍に居た先輩から「それは違うぞ。させてもらっているのだ」と叱られて、「なるほど、そうだ。そのとおりだ。自分たちは仕事をさせてもらっているのだ」と、反省したことがある。それがプロだと思ったのである。
 
 そのときの状況は、今でも、ありありと焼きついているし、先輩の表情まで思い浮かべることができる。

 社会に出て、はじめて知ったことであった。

 このほかにも、この会社からは、仕事に対する考え方を教えてもらった。

 前の会社と、今の会社。
 ほんと、勉強させてもらった。いや、今も教えてもらっている。

・・・・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。



..6月9日(月) 22:02
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
事件。
2008-06-08-Sun  CATEGORY: 未分類
  また、無差別殺人事件が起きた。

  昔も、こういう事件はあったかもしれないが、自分がいままで生きてきて

  やはり、こういう事件が続くことは異常事態としかいいようがにない。

  田舎だからといって、安心できない。こういう事件は、地方も都会も関係ないように思える。


  こういった犯人の名前をみると、両親が願いこめて付けた名前が多い。

  少なくとも、生まれてきたときに祝福されたであろう、そういう名前だ。


  どごで、どうなってしまったのか。



  被害者のご家族の気持ちは察してあまりある。


  不幸にも命をなくされた方たちのご冥福を祈るばかりである。


  また、負傷された人たちの後遺症が完治できるように願いたいものだ。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2008-06-07-Sat  CATEGORY: 未分類
■午前6時30分起床。天候は曇り。室内温度22度。自宅である。

 高校の野球部の練習の音や前の道路を走る車の音にまじって、山々から名の知らない鳥の声が聞こえてくる。

 ところで、CM(コンストラクション・マネジメントではない)を作ってくれるサイトがふる。フォトシネマの簡略版のような感じだ。

 試作品(↓)・・・・・音が出ます。

 貼り付けると、いきなり音が出てしまうので、貼り付けはやめます。
 リンクします。→http://cmizer.com/movie/592



 今日は、朝から休むつもりだ。午後から散髪にでも行こう。

 ではまたあとで。

..6月7日(土) 7:46



■今朝は、歩いて「ひなた」と手をつないで「たんぽぽ保育園」までいった。 ひなたは、途中でしゃがみこんで「だんご虫」と遊んだり、小川の魚やアメンボをみたりしながらの道行きである。

 保育園の敷地に入ると、先生が立って出迎えている。その姿をみると「おはよー」と、走って園内に駆け込んでいく。
 「じーちゃん、ばいばい」とゲンキンなものである。

 尼崎の(まだ見ぬ)友人にCDとお茶を届けるために宅配会社に行き、そのまま、所用のある家人をホテルメリージュまで送る。

 ホテルから帰宅する途中、道路を横断する土木作業員の一群。
 その中に、どこかで見た人がいたので「細川さん?」と声をかけたら、やはり、細川さんであった。約30年ぶりである。

 私が入社したとき、はじめての現場でお世話になった人だ。
 頭は白髪でも、顔は当時の面影がある。細川さんは、当時、若手技術者の中でいちばん技術屋らしい人で、このひとのようになりたいと目指していた先輩でもある。

 細川さんは、会社をやめて隣の市で独立して建設会社をつくり、現在にいたっている。堅実に、経営されてきている。

 昔の話、今の建設業など1時間以上も、小雨に打たれながら立ち話していた。


 帰宅し、車庫に車を留めて、傘をさして、行きつけの散髪屋さんに行く。

 親子でやっている散髪屋である。今日は、ついているのか息子さんにあたった。息子さんは、若いけれど、仕事が丁寧なのだ。親父は親父で上手いのだけれど、丁寧なほうがいい。
 散髪から髭剃りまで、シャンプー以外は鼾をかいて寝ていた。

 頭のマッサージ、首から肩にかけてのマッサージ、約1時間と20分、すっきりして店を出たら雨もやんでいた。

 そのあとコンクリートの勉強をしようとしたが、ふと思いついて「暴走機関車(黒澤明原案)」のDVDを観た。
 見ごたえのある映画ではあったが、黒澤本人がメガホンをとっていたら、どんな作品になったのであろう。

 ひなたを保育園まで迎えに行き、こうしている。

・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。


..6月7日(土) 19:20
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
自転車に乗って、ちょいと散歩に。
2008-06-05-Thu  CATEGORY: 未分類
  
  このところ、少しやせようとしています。

  メタボ検診はじまるから、ではありません。
 
  それに、わたしゃ、見てくれは「メタボ」かもしれませんが、血圧、コレステロール、脂肪、血糖、ついでに肝機能も「正常」とよばれる数値内にはいっているのです。


  昔のズボン(もちろん85センチ以下)がはけるようになりたい。

  ひたなと遊んでも「はぁ、はぁ」ならないようにしたい。


それだけの理由で「消極的ダイエット」をはじめたのです。

 食べる量を少なくして、運動をこころがける、それを実行しているところです。


 今日は、下のルートを自転車に乗って走りました。

 

 高低差45m。距離7.1キロ。

 汗、びっしょりになりました。
 でも、冷凍庫から凍ったグラスを取りだしてキンキンに冷えたビールを注ぐ、そういうことはしませんでした。

 明日も、雨が降らなければ、やろう。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
子供の頃。
2008-06-04-Wed  CATEGORY: 昭和の話
思えば、小さい頃、ほんと、悪いことばかりしていたなあ、と思う。

 どのような犯罪の範疇に入るのか、記憶の襞から、かき起こして数えてみた。

 泥棒、不法侵入、傷害、器物破損、密漁、密猟、その他。 (笑)

 「その他」というのは、土手につながれていた馬に石を投げつけて暴走させたこと。暴れ馬に跳ね飛ばされた人もいなかったし、器物破損もなかったので「その他」にカウントした。

 犯罪の中身は「柿を盗った、枇杷を黙ってもらった」というのが泥棒。中身は略すが、こうして、並べてみると、すごい犯罪経歴のように見える。

 しかし、グレていたこともないし、あの子は不良だと指を差されたこともない。

 月光仮面やスーパーマンといった正義の味方に憧れていた、ごく普通の昭和の少年だった。

 こうしてみると、今の少年たちのほうがおとなしいのかもしれない。いや、おとなし過ぎるというか・・・。

 親父から、頭にコブができるくらい拳骨をもらいはしたが、周囲の大人たちは「コラッ!!」と怒鳴られはしてね、大目に見てくれたものである。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
親子三代の型枠大工。
2008-06-03-Tue  CATEGORY: 建設
    親子三代。。。。。の型枠大工さんがいる。

 私が、駆け出しの頃、今は隠居している初代と仕事をした。

 生意気盛りの私は、時々、口論もした。


 で、今は、隠居のせがれと仕事をしている。

 彼は「いい仕事する」ことに誇りを持っている、プロの職人だ。一緒にいて会話するだけで楽しくなる職人だ。



 今日、現場で若い大工たちが片付けをしていた。

 なんとなく、見ていたら、その中に「似てるなあ・・。ひよっとして」と思われる青年が居た。

せがれに聞いてみたら、やはり、彼の息子だった。

 息子の息子は、大学を出て一般のサラリーマンになり、昨年ぐらいから型枠大工になった、という。

 なので「まだまだ」で大工でなく大八ぐらいであるが、いいなあ、と思った。



 で、息子の息子に、話しかけた。

「自分は、お前の親父の親父と仕事をしていた。そして、今は親父と仕事をしている。二人とも、素晴しい職人だ。見習って、一人前になるのを楽しみにしている。」・・・・と。

歳を重ねてきて、親子三代で、お付き合いするようになる、なんとなく「いいなあ」と思うのである。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2008-06-03-Tue  CATEGORY: 未分類
  午前5時34分起床。天候は雨。室内温度21度。 
 ここ半月ばかりは、タオルケットを腹部にかけただけで寝ていたのが、昨夜は、妙に寒くて、掛け布団をかぶって寝た。 
 
 今朝は「白米ご飯」「豆腐とワカメとこざん竹の味噌汁」「挽き割り納豆+大根おろし」「茹でたエンドウ豆+マヨネーズ」「大根おろし+醤油」「茶」でいただいてきた。 
 
 ではまたあとで。 
 
..6月3日(火) 7:00

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
知事。
2008-06-02-Mon  CATEGORY: 未分類
 私は、一県民として、現・知事の発言や行動を好奇心をもってみている。

 知事に関わる情報量は多い。

 今までの知事や首長とちがって自らブログを書かれるし、TV出演も多い。また、地元の催しにも、積極的に参加してくれる。
 今までの知事の中で、地域の催しに参加してくれた人は、おそらく一人も居ない。

これを、 前・知事などと比較することはそもそも失礼だし、前々・知事やその前の知事の頃とは時代の空気そのものが変化していて、これも比べようもない。

 今までの知事やどんな首長でも、あのような「行動力」は真似できない。宮崎県の営業マンとしてトップセールスをしていると思う。 全国に、どんどん出て活躍してほしいと思っている。

 芸人の立場を最大限に活用され、知事としてよくやっていられる、と思う。

 

 でも、である。

 あえて「でも・・」と云いたいのである。

 「何か違う」ように見える。それは、何なのか、わからない。

 知事のブログを読んでいるからなのか。

 見えているものと違うものがあるような気がする。

 何の合理的な理由もない。

 それは「勘」である。

 それは、私が建設業に居るからではない。 (建設業が冷や飯を食わされているからではない。今の時代、どなたが知事になっても、速い遅いの差はあっても、同じようになっていたと思う。)

 芸人だから、というのでもない。 (そんなの関係ない・・である)

 かといって、過去の不祥事でもない。

 ただ「うーん?」と思ってしまうのだ。

 なので、日本でいちばん有名な知事を、これからも、見つめていきたいと思うのである。

 追記:いつまでも、知事に頼っているのも、なんだかなあ、と思う。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2008/06 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.