FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
突然のニュース。
2008-09-01-Mon  CATEGORY: 未分類
  見るともなくTVの画面をながめていたら、テロップが流れ「また、地震か」と思ったら、福田首相が辞意を表明、という記事がとびこんできました。

 ええっ!! 何で??

今の政局運営は、ほんと大変だけれど、最後まで任務を全うすべきではないでしょうか。突然、放り出されたような心境になりました。

 私は、いい意味で福田首相を支持していました。
 右派も左派もとりこむような懐の深さ、あいまいさ・・・・・。昔の自民党の長所を持っていたように思えますが、長所は、長所じゃなくなっていたのかもしれません。

 
 ちょっと昔は、国の政治運営は、私たち庶民には、あまり関係ないように感じていました。総理大臣が誰になろうと、大勢に影響はない、そう思っていたし、そうあったと思います。
 ところが、小渕首相が死去してから、国の政治が、ダイレクトに国民の生活に直結するように変化してきたような気がしています。

 今は、昔と違って、国政と国民生活が直結しています。


 これから麻生幹事長が跡目をとるとしても、臨時国会での波乱は必至です。補正予算、テロ対策など、審議などできるのでしょうか。

 そして、解散。

 自民党が野に降りたら、民主党が与党になるわけですが、道路特定財源のときの民主党の対応を見ていると、彼らに任せて、地方は持つのでしょうか。廃れる一方にならなければいいのですが。
 


 いったい、この国はどうなっていくのでしょう。

 楽観的に考えたいのですが、なんとなく、悲観的になってしまいます。



 とはいっても、どうしようもないので、今、できることを、一生懸命にやるだけです。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2008/09 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.