FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
幼い頃の食べ物。
2009-03-05-Thu  CATEGORY: 食べ物
   水洗い麦ご飯。

 我が家の夏の風物詩だった。でも、今は、よほどのことがない限り食べたくはない。

 夏になると、時々、母がつくってくれた。

 「母 ]

母。


 なぜ、麦ご飯を水で洗うのか。

 経緯はこうだ。

 麦ご飯は、白米よりも腐敗しやすい。昔(と、いっても、たかだか五十年ぐらい前)は、今みたいに電子ジャーなどはどこにも無かった。

 昭和30年代当時は、電気冷蔵庫を持っていた家庭が何パーセントぐらいあったかは知らないが、かなり、少なかった。(と思う。)少なくとも私の家の近所にはなかった。

 

朝炊いた麦ご飯は、ザルに入れて布巾をかけて家の中の涼しいところにつるして保存していた。

 しかし、時には、猛暑のせいで、夕方には、麦ご飯が、納豆みたいに糸をひくようになることがある。

 それで母が、一計をほどこして、流水で麦ご飯を洗い、粘り気を除去したあとで食卓に並ぶてくれるのである。

 茶漬けみたいに、さらさらと食べるので暑い夏にはもってこいだ。

 でも、時々は、お腹をこわして腹下げしたり腹痛を起こしたこともあった。

 この、体験により、私の胃袋は鍛えられ、同じものを食べて他の人が食中毒を起こしても、私の胃袋は「なんともなし」になった。

 母のおかげである。

 
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
技術士二次試験受験(その1)
2009-03-05-Thu  CATEGORY: 技術士二次試験
   本年度の技術士二次試験が、4月1日から願書受付となっています。

  →  ※平成21年度技術士試験の実施について

 私も、今年は、久しぶりに受験してみようかと思っています。受けるとすれば、部門は、やはり「建設部門」。専門科目を何にするか少し迷いましたが、熟考の結果「鋼構造及びコンクリート」にしようと考えています。「道路」とか「河川」も検討しましたが「好きこそ物の上手なれ」という諺にもあるとおり、好きなコンクリート科目となりました。

 試験でいちばん重要なのは、なんといっても「モチベーション」の維持です。モチベーションを維持するためには、いろいろな手段がありますが「第三者に宣言する」というのも、ひとつの方法です。

 そこで、このブログに「技術士二次試験」のタグをつけて、時折、経過を報告していきたいと思うのです。


 基本的には「独学」です。今まで独学できたので、今回も、独学でいきます。

 Web上に、受験のための参考資料として「技術士受験を応援するページ」や「技術系公務員の資格取得応援するページ」をはじめ、沢山の、有益な情報があります。
 このブログでは、二次試験が行われる8月1日まで、同時進行で、プロセスを書き留めていこうかなと思っています。





 まず、最初は願書提出です。

 願書には「経歴書」が必要になります。筆記試験に合格することができれば「業務経歴書」と「技術的体験論文」を主な資料として、口頭試験が 行われます。

 なので「業務経歴書」の記載事項は、専門科目と技術的体験論文の内容を意識して書いたほうがいい、ということになります。

 まずは、受験する部門と専門科目を明確にしましょう。そのあとは「技術的体験論文」で何を書くのかを決めます。今の段階では「イメージ」でいいので、だいたいの方針を決めましょう。

 願書(業務経歴書)を記述するのは、そのあとです。

 絶対に虚偽事項は書いてはいけませんが、口頭試験で質問を受けられやすいよう、答えやすいように、意識して書くのもひとつの方便だと思います。

 私も、ぼちぼち準備したいと思います。

 

 では。

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
<< 2009/03 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.