FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
好奇心。
2009-03-08-Sun  CATEGORY: コンクリート診断士
 今日は、ひなたと家人で、大分のシネコンまで「映画」を観にいった。ついてから、少し考えて「ヤッターマン」を観ることにした。

 ネタバレになるといけないので、詳しくは書かない。幼児が見ても、大人が見ても、OK! の作品だと思う。
 私は、昔のアニメを思い出して、にやにやしながら観ていた。



帰りに、気になるコンクリートを見た。大きな橋梁のコンクリート面の劣化である。
以前から、表面のひび割れが目立ち、少し、気にはなっていたのだけれど、今日は、塔の下にネットを張っていた多分、ネットの目的は、第三者災害の防止だ。おそらく、コンクリートの表面が剥落したか、剥落が予見されたかで、ネットを張って、走行中の車や歩行者に当たらないようにしているのだと思う。

 私の好奇心がうずいている。写真を撮ってくればよかったと反省している。
 今度の休みには、撮影しに行きたいものである。それまで、補修されなければいいのだが・・。

 車の走行中に「ちらり」と見上げるだけなので、その、記憶に頼るしかないのだが、どうも、不規則なひび割れのようだったように思える。
 ASL。まず、ASLが連想される。その次は、内在塩分による、塩害・・。単なる乾燥収縮とは考えにくい。ただ、高強度コンクリートと思われるので「自己収縮ひび割れ」はあるかもしれない。どちらにしても、複合劣化だと思う。

 コンクリート診断士の「材料」としては、いろいろと考えさせられるような代物だ。

 ひび割れや、剥落があったとしても、構造的にはほとんど影響しないので、第三者災害さえ防止できれば、何もしなくても、いいぐらいの劣化のように思える。


 では。
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/03 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.