FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
この頃。
2009-08-14-Fri  CATEGORY: じーさんのひとり言
 このごろ、鏡に映る自分を見て「なんのかのいっても、結構、歳とったなあ」と思ったりします。

 しかし、見てくれだけは初老の爺だけど、気持ち的には「俺はまだ若い」という気概ももっていたりしています。

 CATVで、昔の時代劇を見るともなく見ていると、ほとんどの方が亡くなっていることに気づき、そこから、自分の命ということを、ふと思ったりすることもあります。
 昨日も「風林火山」を放映していました。中村錦之助も、三船敏郎も緒方拳も、石原裕次郎も月形龍之介も、みんな、死去されたかたばかりです。


 「死」は、避けて通れません。

 この歳(まだ57歳ですが)になると、ぼちぼち、意識しはじめるのかもしれません。


 この頃、時々、下手くそなギターを抱えて高田渡の「夕暮れ」を唄ったりしています。

 「夕暮れ」
   原詩 黒田三郎  曲 高田渡

 ♪夕暮れの町で
  僕は見る
  自分の場所からはみ出してしまった
  多くのひとびとを

  夕暮れのビヤホールで
  (彼は)ひとり
  一杯のジョッキをまえに
  斜めに座る

  その目が
  この世の誰とも交わらないところを
  (彼は自分で)えらぶ
  そうやってたかだか三十分か一時間

  雪の降りしきる夕暮れ
  ひとりパチンコ屋で
  流行歌(と騒音)のなかで
  遠い昔の中と

  その目は
  厚板ガラスの向こうの
  銀の月を追いかける
  そうやってたかだか三十分か一時間

  黄昏が
  その日の夕暮れと
  折りかさなるほんのひととき
  そうやってたかだか三十分か一時間

  夕暮れの町で僕は見る
  自分の場所からはみ出してし
まった
  多くのひとびとを


  
 



 
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
討論会に思う。
2009-08-14-Fri  CATEGORY: 未分類
 こういうこと書いていいのかわかりませんが、まだ、衆院選は告示されてないので、感想を書いてみます、

 先日、次の衆院選で立候補を予定されている4名の方の、討論会がありました。
 4名とも真面目な方ばかりでした。

 「討論」といっても、一問一答形式、発言順番はくじ引き、発言時間の制限時間あり、などでTVで見るような「激論を戦わす」みたいなものではありませんでした。
 しかし、こういう試みは、とてもいいことだと思いますし、選挙戦ともなれば、あの形式が精一杯だとは思いました、

 会場は、多分、民主を支持される人たちには動員がかかっていたようで、民主6~7割、残りは無党派層と自民を支持する人たちで埋め尽くされていました。

 意外だなあと思ったのは「幸福実現党」の立候補者。私は「どうせ、諸派だろう」ぐらいの先入観を持って聴いていました。
 ちょっと、ついていけない意見もありましたが、全般的には筋の通った「うんうん」というような意見を、熱く語られていました。多くの信者の前で話をされているせいなのか、話の組み立ても上手でパフォーマンスはいちばんでした。


 ついで無所属の方。この方の意見は「頭がいい人だなあ、学者タイプか」と思わせるような感じがしましたが「いったい、何のために立候補するのか」わからないままでした。

 残りは、自民党と民主党。
 現職の自民党前議員が、いままでの実績や地元の強みを活かして、具体的な地域振興策やビジョンを語られるのに対して、民主党のほうは、党のマニフェストの枠を超えて語ることはできませんでした。
 高速道路無料化、子供手当て、公立高校授業料無料化、整備などで、自民から反論されても、反論らしい反論はみられず、すれ違いに終わってしまいました。

 例えばこうです。子供手当ては「いい」と思う。しかし、所得が二千万、三千万の家庭にも一様に支給するのはおかしいのではないか。本当に必要とする家庭なら2万6千円以上、支給してもいいのではないか。・・・といった意見には、手出しできなかったのでした。

 一問一答なので答える必要はないかもしれませんが、自民の意見は想定できたはずです。そこは、きちんと「こうこうだから、こうなのだ」といった反論がほしかったように思えます。


 私は、自分を無党派層だと思っていますが、自民党のほうに「うんうん」と共感を覚えたような次第です。

 今日は、お墓参りです。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.