FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
柳田格之進
2009-08-19-Wed  CATEGORY: 未分類
 今日は、「緊急会議」のため、朝、7時過ぎの電車で宮崎市まで向いました。

 行きは、若手名人「立川談春」の「九州吹き戻し」という落語を聴きました。今から10年前の高座ですが、やはり、素晴しい。
 この話は、あと、何回か聴いてみたい、そう感じました。

 帰りは「柳家さん喬」の「柳田格之進」を聴きました。
 柳家さん喬さんは、人間国宝「小さん」の弟子です。また、売り出し中の若手「喬太郎」の師匠です。
 さん喬は、メディア的には弟子の柳家喬太郎のほうが有名かもしれません。しかし、とつとつと語る人情話は、芸そのものです。

 「柳田格之進」という咄は、以前、志ん朝さんのを聴いたことがありますが、さん喬さんの咄も素晴しい。
 不覚にも、列車内で泣いてしまいました。

 ついで、談春の「文七元結」を聴こうとしましたが、柳田格之進を聴いたばかりなので、またの機会ということにしました。

 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/08 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.