土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
大晦日
2009-12-31-Thu  CATEGORY: 未分類
 今日は、大晦日、恒例のそば切りを、朝から、夕刻まで打った。

 落語を聞きながらである。
 文七元結、子別れ、紺屋高尾、ぜんざい公社、芝浜、井戸の茶碗を聴いた。

 そば打ちはじめ。
蕎麦うち

 そば打ちが終わった・・・。
そばうち後


 茨木産の新蕎麦粉、約10キロを打った。

 少し、足腰が痛い。

 明日は、道路巡回パトロールに午前中だけ、出る。


 では、よいお年をお迎えください。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
日々読み書きから。
2009-12-30-Wed  CATEGORY: 未分類
 ■午前6時40分起床。天候は晴れ。室内温度11度の朝だ。

 昨夜、忘年会、二次会と続き、いつものように歩いて帰宅した。途中までは、同じ方向に帰る社員と、話ししながらである。
 自宅に着いたのは0時を少し回っていた。

 今朝は、炊きたてご飯とハムエッグ、濃茶、たくわん漬けをいただいた。

 ひなたは、トースト1枚。ひなた用特製ドリンク、ハムエッグ、納豆を食べていた、勘定してみると、私と大差ないぐらい食べているのである。

 家人とひなたは、近所の餅搗きに。わがまま娘は仕事。

 私は、片付け物でもしようかなと思っていたりする。

 ではまたあとで。

..12月30日(水) 8:57



■今日は、真面目に、家の中の掃除や、外回りの清掃をした。わがまま娘も、仕事から帰ってきて、懸命に床を磨いて、ピカピカになった。

 年末だから、整理整頓、大掃除、片付けなどは行わなくてもいい、という考え方もあるが、年末だからこそ、区切りをつけたり、めりはりをつけるためにも、清掃や片付けは、必要だと思う、そんな一日であった。


 明日は、朝から夕刻まで、恒例のそば打ちだ。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
昨日
2009-12-30-Wed  CATEGORY: 未分類
 昨日は、午前中、出社して身の回りの整頓の続き。

 昼前になって「あそこのラーメンうまいですよ」といわれて、隣町、門川町にある「駅前ラーメン」まで行った。

 駅前ラーメン2

 店の名前のとおり、日豊本線門川駅の前にある。

 店内に入りカウンターに座り「ラーメン 550円」を頼んだ。
 
 出てきたのは、いたってシンプルな、とんこつラーメンである。
 駅前ラーメン

 たしかに、うまい。
 特別にどこが・・というのはないけれど、スープがいい。
 最後まで飲み干してしまった。

 【駅前ラーメン】
 
より大きな地図で 無題 を表示

ラーメンを食べてから延岡に戻り、コンクリート打設の現場に向かった。社内検査をすませ自宅に戻り、年賀状の残りを書いて、夜は社の忘年会に。




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
御用納め。
2009-12-28-Mon  CATEGORY: 未分類
 午前5時40分起床。外気温6度の朝だ。天候は晴れ。

 今朝の日向灘の夜明け

 夜明け12.28

 街並み。市役所あたり。
夜明けの街並み

 12月28日は、御用納め。

 今でも「御用納め」と呼ぶのだろうか。仕事納めかな。

 御用というと、時代劇で捕り方が、御用提灯を突きつけて「御用、御用だ」のシーンを思い出す。あれは、お上の御用だから、四の五の言うな、ということなのだろう。

 現場は、今日まで片付けて終わる現場と、明日もコンクリートを打設する現場と、各現場の工程ごとに、それぞれである。

 建設業は「現場」で稼ぐのだ。


 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今年最後の日曜日。
2009-12-27-Sun  CATEGORY: 未分類
 めずらしい「冬の黄砂」だ。
 昨日、社屋から見た北の空だ。西郷さんが鹿児島に帰るために登った可愛岳は黄砂でかすんでいる。
 冬の黄砂

 今日は、ひなたとわがまま娘が宮崎に遊びに行ったため、家人と二人で、家のことをした。
 ガラス拭きや、整理整頓をした。

 昼食は、味噌ラーメン、インスタントだ。
 白ネギと豚の軟骨をのせてた食べた。
インスタントラーメン/>

 明日は、山の中の現場に行くことにしている。


 では。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
大掃除。
2009-12-25-Fri  CATEGORY: 未分類
 今朝は、曇り。外気温7度のあたたかな朝であった。
 家を出るときは、真っ暗闇だったが、会社につく頃にはしらみがかっていた。
  しらじら
 
 朝は、日が昇りはじめると、一挙に「朝」がやってくる。

 今日は、年末の大掃除をした。
 現場から6名の社員が上がってくれて、ガラス、床みがき、ワックスがけをしてくれた。

 私は、自分のデスクや本棚を整理した。
 
 デスクは、積み重ねていた書類や資料を整理し、私としては「きれいだな」にした。
 デスク

 着手前の写真は撮らなかったが、これでも、比べると、見違えるほどきれいになっているのだ。

 デスクの表に貼ってあるモノが気になるが、緊急時の体制なので、仕方なしというところだ。


 明日は、現場を回ろう。





 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
西郷さんの足跡。
2009-12-24-Thu  CATEGORY: 未分類
 今日は、外気温7度の朝だった。
 あいにくの、小雨がパラつく天気で、日向灘の朝焼けを見ることはできなかった。



 このあたりは、西郷さんの足跡が、ちょいとしたところに残っていたりする。

 先日、社内パトロールで建築の現場に行くと、隣が、西郷さんが、延岡ではじめて泊まった屋敷跡があった。

西郷1

 西郷2


明治10年の8月2日から8月10日まで、滞陣していたのだ。ここに。この場所に。

 明治10年というと、1878年だから、2009-1878=131。 わずか131年前のことだ。

 不謹慎だが、安全パトロールよりも、こちらのほうに興味がわいてしまった。


 



 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
車窓から。
2009-12-23-Wed  CATEGORY: 建設
 昨日は、宮崎市まで列車で往復した。

 宮崎市郊外
車窓1

 用事が早く終わったので、帰りは、各駅停車に乗った。
 

 車窓の下隅についているレバーは、この頃の車両には見当たらない。以前は、レバーを押し下げて窓を開けていたものだ。試しに、押してみたら、下がった。しかし、窓は、開かない。

 車窓2

宮崎市から北に行くと、ずいぶんと地形が変化している。宮崎市近郊の地形は「やさしい」けれど北部に行くにしたがって「荒々しく」なってくる。
 車窓3

車窓4

車窓5

 早く帰るために、早い時間に出発する各駅停車に乗ったのに、途中で、1時間遅れで出発した特急に追い抜かれて、帰った時間は、かえって遅くなってしまった。

 ま、たまには、各駅停車も悪くないが。






ページトップへ  トラックバック0 コメント0
マイナス2度の朝。
2009-12-22-Tue  CATEGORY: 未分類
 午前5時35分起床。天候は晴れ。外気温マイナス2度の朝だ。底冷えがする。物干し場の洗濯物が凍っていた。

 東の空が、あかね色に染まっている。左側のフェンスの中は、旭化成の工場だ。

 12.22の朝。

 
 この頃、昔、流行った歌謡曲をよく聴いている。
 
フランク永井。

 うまい歌手だなあ、と思う。フランク永井だけにとどまらず、この時代の歌謡曲を歌う歌手は、今、聞いていて「いいなあ。うまいなあ」と思う。

 歌詞がはっきりしている。当時の歌手は、歌詞を大事にしていたのだなあと思う。音程も気もちがいいぐらい明瞭だ。

 情景がうかびあがってくる。

 フランク永井や三橋美智也は、私の世代より、ひと世代上の歌い手だ。

 でも、いいものはいい。歳のせいばかりでもあるまい、と思っている。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
夜明け
2009-12-21-Mon  CATEGORY: 未分類
 午前5時33分起床。天候は晴れ、外気温1度の朝だ。

 早すぎた夜明け。日向灘。
早すぎる夜明け

 今朝は、いつもの朝より10分程度早かった。なので、東の空は、まだ暗い。

 あと、10分ぐらいあとになれば、明るくなるのだが。

 せっかくの、この季節の朝の楽しみ。明日からは、いますこし、遅めに、家を出よう。

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
完成検査。
2009-12-19-Sat  CATEGORY: 建設
 昨日、完成検査があり、無事に終わつた。

 検査官は、予想だにしないことを質問してくる方で、1時過ぎから4時半まで、緊張の連続だった。

 ほとんど、現場代理人と監理技術者に対しての質問だが、時には、私の目を見て話ししたり「G3(じーさん、ではないが・・)、これを調べておいてくれませんかとか、温度ひび割れの断熱温度上昇は・・」と、突然に問いかけてきたりするので、3時間とちょっとの書面審査が終わるまで、よーく聞いていないと、答弁ができなくなるのだ。

 しかし、こういうのも、いいなあとも思う。


 書類は、あいかわらず、多い。
工事の書類

 衣装ケース3箱にびっしり、詰まっている。
 検査は、写真などは、電子データでプロジェクターに拡大して、提示するようにしている。

 これとは別に、電子納品を納入して「完成」と認められる。
 配置技術者たちは、今月中に、電子納品をまとめて、提出するようになっている。

 ほんと、大変だし、ご苦労様である。

 建設業は、現場で儲けているのである。




今日は、社員の新築の、餅まきに行って、両ポケットいっぱいの餅をひらってきた。

 餅まきは、楽しい。


 明日は休みだ。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
12/18の朝。
2009-12-18-Fri  CATEGORY: 未分類
 外気温4℃。天候晴れ。

 日向灘の夜明け
12.18の朝


 国道218の交差点からしののめを見る。
12.18の朝2


 地震が多い。列島は、地震の活動期に入っているのかもしれない。

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
寒い朝。
2009-12-17-Thu  CATEGORY: 未分類
 寒い朝。

 寒い朝というと「♪北風吹きぬく 寒い朝も こころひとつで暖かくなる~ 」を思い出す。

 今朝の外気温は0℃。

  日向灘の夜明け

 冬の夜明け

  市役所前の木
市役所の木

 冬の木々、五ヶ瀬川河畔
冬の木々


 今日は、県南部の山の中の現場に行く。






ページトップへ  トラックバック0 コメント0
初冠雪。
2009-12-16-Wed  CATEGORY: 未分類
外気温7度の朝。
 気温は、昨日よりも高いけれど、底冷えのする寒気だ。

 北には、延岡近郊の山、可愛岳が白くなっていた。
 可愛岳は、西南戦争で西郷さんが鹿児島に戻るときに登った山。

えのたけ雪?

 左に目を転じると・・大分の桑原山、標高1403mが見える。宮崎県と大分県の県境に近い。
 積雪だ。
積雪?

 冷え込むはずだ。




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
OZU監督の言葉。
2009-12-15-Tue  CATEGORY: 未分類
「感情のままに怒ったり笑ったりわめいたりするのは猿のやることでね、人間じゃないんだな」
OZUさんの言葉。

 くりちゃんのブログで教えてもらった。

いいことを知った。なるほど、そうだ、と思う。そう、ありたいと思う。

でも、なかなか、そうはいかない私もいる。まだまだだな、と思う。

猿ではなく、人でありたい。

 猿でもいいやと、たまに思うこともあるが・・・・・・。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2009-12-14-Mon  CATEGORY: 建設
今朝は、東の空に三日月がかがやいていた。
冬の早朝は、このような空を見ることができる。早起きかどうかはわからないが、三文以上の価値はある。

朝の三日月。

もう、すぐに年末がくる。

年末とか、なくてもいい、そう思う。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
今日は。
2009-12-12-Sat  CATEGORY: 建設
 今日は、社休日。

 朝は、自宅から直接、現場に向かった。
 二ヶ所の現場を見て、18日に完成検査の予定がある現場の社内検査をした。

 昼前に、自宅に戻り、昼過ぎの列車で「応用地質研究会」の例会に参加した。

 延岡駅ホーム
 延岡駅ホーム

 今日の勉強会は「住宅地盤調査」「デジタル近接写真測量」「ウルフのネットの初歩を学ぼう」である。

 住宅地盤調査は、私のやりたい事のひとつに関連しているので楽しみにしていた項目だ。今回は、地盤沈下がほとんどで、知りたいと思っていたことと、ちょっと違ったが、ビジネスになると、今日の話が現実なのだなあ、と思った。

 近接写真測量。これは、いい方法だ。ソフトが安ければ購入しようと思ったが、何百万円だと、ちょっと手が出ない。費用対効果で考えると、購入よりも、レンタルか作成依頼のほうがいいのかなと思った。でも、他のいろいろな事柄に応用して使うとするならば、購入して、本格的に使うしかないのだろう。そういう時間は多分とれない。

ウルフのネット。
構造地質学で使われる手法。先生は、80歳を越えているが、鉱物では、右にでるものがいないぐらいの方だ。ウルフネットは、あまり、わからなかったが、80歳を超えてもパワーポイントで資料を作り、講習をしてくれるのだ。

 すごい先生だ。


 帰りの宮崎駅では、反対側のホームに「海幸山幸」が入ってきた。この、列車は、廃線になった高千穂鉄道で走っていたトロッコ列車を改造して作られたものだ。

 全体的に、トロッコ列車の面影が残っていた。

海幸山幸

海幸山幸内部





 
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
You Tubeからのメール
2009-12-10-Thu  CATEGORY: 未分類
You Tubeから、Gメールが届いた。

Your video 水中ブルドーザー has become popular on YouTube, and you're eligible to apply for the YouTube Partnership Program, which allows you to make money from playbacks of your video.

Once you're approved, making money from your video is easy. Here's how it works: First sign into your YouTube account. Then, complete the steps outlined here: http://www.you     . Once you're finished, we'll start placing ads next to your video and pay you a share of the revenue as long as you meet the program requirements.

We look forward to adding your video to the YouTube Partnership Program. Thanks and good luck!

The YouTube Team

・・・・・・と書いてある。
 何なんだ? 意味がわからん。
 多分、YouTubeに投稿した動画のことだろう。何か、やってはならないことに抵触しているのだろうか。

 弊社社長は、英会話はペラペラ(・・・だと思うが)読み書きは全くダメみたいだし・・・。

 で、グーグル翻訳してみると・・


 お使いのビデオ水中ブルドーザーYouTubeで人気となっており、あなたは、YouTubeのパートナーシッププログラムは、あなたのビデオの再生のからお金を稼ぐことができるのを適用する対象としています。

一度して、あなたのビデオからのお金を稼ぐ承認は簡単です。ここではどのように動作します:まずログインしてYouTubeアカウントに。その後、手順を以下に概説:http://www.youtube.com/iv   を完了します。いったん終了したら、我々広告は、動画の横に配置することから始めましょう、あなたのプログラムの要件を満たす限り、収益の一部を支払う。

我々は、YouTubeのパートナーシッププログラムへのあなたのビデオを追加しております。感謝し、幸運を!

YouTubeチーム



・・・・・・ということらしい。

人気となっており・・・・・。
気恥ずかしいようなうれしいような。

お金儲けは、しなくても、いいかな。

 ちなみに、こういう動画です。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
言葉。
2009-12-10-Thu  CATEGORY: 未分類
 いい言葉を読んだ。

まずは、昨日の「天声人語」である。

 いつものように、鳩山首相への批判が書かれていた。新聞そのものは、民主党政権に対しては自民党政権のときと全く違い、親和的な論調で弁護しているように思うが、ここにきて、ぼちぼち批判めいた内容がたまに出ていたりする。
その中で・・・・・・・・・

「優しくあるべきときに優しい人は素晴らしい。だが、いつも優しい人は、優柔不断が裏返っているだけの場合がある。」
 ・・・・・とか、

 中曽根元首相がかつて、鳩山氏に「政治は形容詞ではなく動詞でやるものだ」というような言葉なども引用されていた。

「なるほど、いいこと言うなあ」と、優柔不断な「私」は、大いに反省させられた。反省が、修正や改善につながるか自信はないが、この言葉は時々思い出していこうと思った次第である。

 もうひとつは、嵐さんのブログに書かれていた「書類を読んだらすぐに必要か否かを判断して分別し、机の上には書類は残しません!」である。
 嵐さんには、およびもつかないが、来年はデスクの回り、引き出しの中、後ろの本棚、デスクトップの整理整頓清掃を、できるかどうか、これも自信はないがやってみようと思った次第である。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
東雲
2009-12-08-Tue  CATEGORY: 未分類
午前5時35分起床。外気温4度の朝だ。

 出勤途上の日向灘。愛宕山。NTTの鉄塔。旭化成薬品工場の煙突。市街。

夜明け東

 もう少し遅い時間帯だと、荘厳な日の出を見ることができる。

 


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
生コン。
2009-12-07-Mon  CATEGORY: 建設
 今日は「日々読み書き」からコピーした。


 ■午前5時33分起床。天候は晴れ。室内温度11度、外気温2度の朝。
 冷え込む。
 今朝は、炊き立て御飯、豆腐とワカメと椎茸の味噌汁、沢庵漬け、キムチ、濃茶をいただいてきた。
 
 社では、この冬、はじめてのファンヒーターを入れた。

 ではまたあとで。

..12月7日(月) 7:07



■午後から、二箇所の現場に行った。


■生コンは、生コン組合があり、そこを通して購入している。
 同じ地区なら、すべて同じ価格になっている。価格統一について、独禁法の適用はうけない。それはそれで「いい」と私は思う。生コンは、土木構造物の中でも、重要な材料だ。価格が自由になると、価格競争のあおりを受け品質が低下してくるリスクのほうが高いように思う。

「価格」は、どこの生コン工場も同じに統一されているが、作られる生コンは「統一」されているわけではない。工場により微妙な差異がある。
 これも、各工場で使う材料が違うので、仕方ないことではある。

 数値的には、ほとんどの生コンはJIS規格や品質規格には適合している。よほどのことがない限り、設計基準を下回るような材料は納入されない。

 しかし、材料の「良し悪し」は、数値では表せないものがある。早くいえば「いい生コン」と「よくない生コン」があるのだ。
 「よくない生コン」でも、数値的に基準に適合していれば「これは受け取れない」と拒否はできない。
「いい生コン」というのは、バラツキが極めて少なく、ブリージングの少ない生コンだ。いくら、数字でOKだとしても、よくない生コンでは、出来上がりにも、よくないモノが出来るのである。

 また、生コン工場の「技術力」や「対応」というのも、当然、同じではない。相対的に「好ましい生コン会社」と「うーん、な生コン会社」があるのだ。

 沢山の生コン工場があれば、このような格差が生まれるのは仕方ないことだと思う。なるべくは「好ましい生コン会社」から、入れられるようにしたいものだ。また「好ましくない生コン工場」には、これこれこういうところがよくないと、問題点を指摘することも大切なのだろうなあ、と思う。

・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。


..12月7日(月) 18:43
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
愚痴。
2009-12-05-Sat  CATEGORY: 建設
 今朝、ハムエッグを食べながらTVを見ていたら、著名な解説者が「地方に公共工事を増やしても、地方の土建屋さんが潤うばかりだ。そんなことより、待機児童対策として保育園を100箇所作るとか、福祉を充実させるとかしたほがいい」と云っていた。

 公共工事で潤うのは地方の土建屋さんたちだけ。

 何を言っているのだろう、と思った。地方では、建設業に関連している産業は、かなり多い。
 型枠、鉄筋、生コン、警備、リース会社、ガソリンスタンド、商社、クレーン会社、ほかにも沢山ある・・・・枚挙にいとまがないぐらいだ、裾野は広い。


 今後は、仕事がないから「農業」「山林」「介護」などに進出していきなさい。

 なんで、お定まりのように「介護」「農業」なのか。





 しかし、こういう言葉に、こういうブログで書いても、所詮は愚痴にしかならないのも事実、わかっている。


 でも、また、書く。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
うーん。
2009-12-03-Thu  CATEGORY: 建設
 今日のタイトルは「うーん」である。

 朝から、あまりいい一日ではなかった。

 いる電話からはじまり、数えてみると4つぐらい、なんともなあ、という出来事があった。

 完成検査もあったが、現場、書類ともに順調に推移してきたら、検査官が、ミスを発見した。
 そこから、二つ目の「うーん」がはじまった。

 そのあと、三つ、四つと続き、最後は、緊急出動であった。
JR出動


 しかし、緊急出動は、早めの有効な対応が出来て、依頼主からも感謝されて、これだけは「よかった」と思っている。

 社会資本は、長年使い続けてくると、いろいろな不具合が出てくる。

 大雨も降らないのに、これ、である。


 
 追記: 写真に写っている照明器具、ちと、高いけれど、購入することに決めた。

    何かあったとき、いちいち、レンタル会社で借るのは、緊急性を要するときなど、借りに行く時間がもったいないもの。。。。。。




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
うーん。
2009-12-02-Wed  CATEGORY: 建設
今年度の決算見込みは「なんとか、なりそう」である。

 思えば、毎年、薄氷を踏む思いで1年を過ごし、結果として、なんとかなってきた、というのが今までだ。


 民間の景気がいいときは公共工事部門が収益を落とすので民間工事部門が経営を支え、その反対のときは、公共工事部門が経営を担ってきた。

 今年は、後者のほうだ。

 しかし、来期は、公共投資は大幅に減額されるのが決定されている。なら、民間がよくなるのかというと、民間の投資意欲は低調だし、価格も厳しいという。

 なら、何をするのか。

 閉塞してしまう。

 来期は、むずかしい一年になりそうだ。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
昭和の食べ物。 切り干し 、酒のかす、甘酒。
2009-12-01-Tue  CATEGORY: 昭和の話
 干しいも

徳島では「切り干し」とか「ゆでぼし」などと云われていた。各家庭の軒先の冬の風物詩でもあった。

子供の頃、お隣の谷さんのお婆さんが作っているのを、観察していたので、今でも造れそうな気がする。
手順は以下のとおりだった。


生の芋を輪切りにする。
芋の真ん中に専用器具で孔を空ける。
2,30個の芋にわら縄を通してひとまとめにする。
大きな釜で茹で上げる。
茹で上がったものを二階の軒先に吊るして干す。

あめ色に干しあがった芋は、白くうっすらと糖分が表面に出てくる。

そのまま、硬いまま、かじって食べる。子供の頃、遊びにいくときは常にポケットに「切り干し」の何枚かは入っていたものだ。

別の食べ方は、切り干しを煮て食べる。これは、とても甘くておいしいものだった。

 写真の、上の干しているのが「切り干し」だと思う。
切り干し



切り干し を作ってみたくなってきた。


酒のかす 

我が家のお隣は酒造店だった関係で、酒のかすをよくいただいていた。食べ方は、ひとつ。七輪や火鉢の上に載せた餅網の上で焼く。表面がパリパリ的になったら焼き上がり。この上に砂糖を乗せていただくのである。



甘酒 

米と麹でつくった御飯粒がみえる「甘酒」だ。秋になると、母がよくこさえてくれた。母は、料理は上手なほうではなかったと思うが、カレーライスと寿司、そして甘酒は、第三者から「おいしい」といわれるぐらい得意であった。
どのようにして作っていたのかは知らない。今、市販されている「どこに米があるのかわからない」どろどろの甘酒とちがっていた。つぶつぶの食感がよくて、甘酸っぱくて、それは、おいしいものであった。おおきな甕で保存していて、寒い頃は、温めて生姜をすりこんでいただいた。
たまに、市販のを買って飲むこともあるが、母のとはちがう代物で、どうでもいいかなという感じだ。

母の甘酒、飲んでみたい、けれど、かなわないことだ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2009/12 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。