土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
雲。
2010-08-31-Tue  CATEGORY: 未分類
 午前5時35分起床。空模様は曇天。

 今日も、カーッと炒るように日が指したかと思うと、パラパラ、ザーッと雨が降ったりの、不安定な天候でした。

 朝から夕方まで、大分県境から日向市まで現場を踏査していましたが、内からの汗と外からの雨で、びっしよりになりました。

 今日は、特に、書くことが思い当たりませんので、今日の、延岡の街の空の写真を載せてみます。

延岡の街の空
 街の空

 街の空2


 では。


 

 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
雲。論文。メガネ。
2010-08-30-Mon  CATEGORY: 未分類
 午前5時30分起床。空模様は曇り。出勤途上は路面が濡れていました。外気温は26度。
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメともやしときのこの味噌汁、納豆と海苔、新たくわん漬け、濃茶をいただきました。 




今日は、工事の完成検査が2件行われました。午前中は鉄橋の維持工事。午後からは完成まで1年半を費やした河川工事の現場です。

 両方とも、無事に「いい検査」で完了しました。

 河川工事の検査中に、西の空にかかる雲を撮影。
 雲と川


 ついでに、帰りしなの街の雲
 街の雲




話は変わります。

 ぼちぼち、技術士体験論文の作成を準備しようかなと思っています。昨年度は、自己採点で筆記試験が合格水準には到底達成してなくて、最初から、全然、準備しませんでした。

 今回の筆記試験は、自分の主観を前面に出し過ぎたかもしれないという反省があるものの、多分、間違ったことは書いてないと思われます。あとは、他の受験者の方々と相対的にどうなのか、ということだと思います。
 ・・ということは、他の方々の出来次第ということになり、私も、「もしかして」ということがあるかもしれません。体験論文をまとめることは、過去の反省になります。

 メガネ


 ここ、二三日のことですが、こういうメガネがないと、本や新聞は読みづらくなってきています。

 できるだけかけなくてもいいようにしたいけれど、もう、ぼちぼち遠視が本格的になっているのかもしれません。

 


ページトップへ  トラックバック1 コメント0
よくない父親
2010-08-29-Sun  CATEGORY: 未分類
今日の延岡は、「ザーッと降ったかと思うと、ギラギラと太陽が照りつける」の繰り返しの空模様でした。

 午前中は、ひなたと市立図書館に行き、借りていた本15冊を返却し、新たに14冊の本を借りてきました。借りた本、ほとんど、ひなたが選びました。

 寝しなに、本を読んであげるのです。
 だいたい2册ぐらい読んで、消灯すると「ねえ、なんかお話して。ねえ、なんか話して」とねだられ、苦心惨憺して、話をつくり、聞かせているのです。

 しかし、自分の子供には、こういうことはしていません。と、いうか、遊んであげた記憶があまり無いのです。

 家人に「今日は、ひなたが、こうふうに言った」と言うと、小さい頃の○子も、おんなじようなこと言っていたね・・と言うのですが、それが、全く、覚えていないのです。

 仕事、仕事で、仕事を優先していて、あまり、家のことや地区のことにも、関わらなかった、よくない父親だったのだろう、と反省しています。(もう、間に合わないけれど・・)

家庭も仕事も、公も私も、どれがより重要とかはなくて、どっちも、大切なのです。


 また、強い雨が降ってきました。。。。。。。

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
し゜ーちゃん
2010-08-28-Sat  CATEGORY: 未分類
午前6時15分起床。空模様は晴れ曇り。社休日。

 雲2


 具沢山の味噌汁、納豆と海苔、炊きたてご飯をいただいて、ひなたを保育園まで送っていき、その足で出社しました。
 午前中まで社内で書類等の整理を行い、お昼は自宅でとりました。

 散髪に行き、すっかりと刈ってもらいました。



今日、娘から「じーちゃん、車を貸して」といわれました。
 
 「俺は、じーちゃんじゃない。じーちゃんと言われて返事などできん。ちゃんとお父さんと呼べ。ひなたが、じーちゃんと言えば、はいはい、と答えるが、お前からじーちゃんと呼ばれる筋合いはないし、気持ち悪い」とささやかな抵抗をこころみました。
  
どうでもいいようなことかもしれませんが、娘や息子から「じーちゃん」とよばれるのは気持ちが悪いものです。
 ひなたから、呼ばれると、二つ返事で、目を細めて「なんて、かわいいのだろう」と思ってしまう、じーちゃんでした。


 

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
超高齢者
2010-08-27-Fri  CATEGORY: 未分類
 午前5時34分起床。空模様は曇り。出勤時間帯の頃まで「夕立?」のような雨が降っていました。外気温25度。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと白菜の味噌汁、高菜漬け、納豆と海苔、濃茶をいただきました。

 午前中は、造成工事の企業体の運営委員会を開きました。細則も実行予算も承認していただきました。




全国のあちこちで、戸籍上は生き続けておられる「超長寿のお年寄りの報道がなされています。

 私は「いいなあ」「おもしろいなあ」と思って見ています。年金も支給されていないし、人口動態調査にもカウントされていません。たいした問題ではないように思えます。



 むしろ、木戸孝允や坂本龍馬のような著名人だけでなくて、江戸時代や文明開化の頃に生きた庶民が、こうして、ささやかなスポットライトを浴びるのは、いい事だと思えますし、慶応○年、弘化○年など、生まれた日が記録として現存していることに、驚きと、ある種の感動を覚えます。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2010-08-26-Thu  CATEGORY: 建設
午前5時30分起床。空模様は晴れ。昨夜の夕立で路面が濡れて光っていました。外気温25度の朝でした。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと白菜の味噌汁、高菜漬け、大根おろし、納豆と海苔、濃茶をいただいきました。 




雲 
雲
雲 
雲1

 こうして並べて見ると、モノクロの写真も、想像力が湧いてきそうで、いいなあと思います。情報量が少ないのも、たまにはいいものです。


 話は変わります。

 

・・略・・大規模工事には最新技術が使われるものの、中小現場では、旧態依然の工事が行われているのが現状である。これまでに問題となった”欠陥生コン”や"鉄筋コンクリートをめぐる不祥事”を再発させないようにしなければならない・・ざっくり  コンクリート技士研修テキストより




・・略・・大規模工事には最新技術が使われるが、まちで見かける中小現場では、技術的には昔とそう変わらない仕事が続けられているようである。いずれにせよ、昭和50年代の"欠陥生コン”の再来だけは是非とも避けなければならない・・・コンクリート技術の要点,06



 私は、日本コンクリート工学協会の正会員になっていますが、地場中小建設業に勤務する技術者として、こういった文章に出くわすと、立腹というほどではありませんが、少し、がっかりします。この文面は、表現が曖昧すぎて、真意がどこにあるのかわかりませんが、なんとなく「大手ゼネコン、大規模工事=優秀、いい仕事」「中小企業、小規模な現場=欠陥、品質不良」みたいなことがイメージされています。実際の現場を知らない、憶測だけで語る人たちの言葉であって、それこそ、旧態依然ではないかと思ったりもします。

 「昔とそう変わらない仕事」「旧態依然の工事」が何を指すのかもわかりません。もしかして、昭和50年代に施工されていた「粗漏工事(当時は、粗漏工事という意識はなかった)」のことを指しているとしたら、今は、そういうことはほとんどありません。

 それに「最新技術=すべて、素晴らしい」と断定するのも如何なものかと思います。コンクリートは永く供用されるものですから、いくら、最新技術を導入したとしても50年、100年ぐらい経過しないと「結果が良好」とは判断できないものもあると思います。
 
 

 肝心なのは、工事規模や所属している組織だけの情報で十把一絡に解釈するのではなくて、どういう姿勢で仕事をしているのかだと思いますが、なかなか、そうは簡単にはいかないようです。

 



 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
昨日と今日。
2010-08-25-Wed  CATEGORY: 未分類
昨日の午後から本日の午前中まで、だるまさんとご一緒させていだきました。

 だるまさんは、失礼ながら私なんかよりお歳上かと思っていたら、な、なんと私の方が年上でした。

 昨日は、日向灘を見ていだき、そのあと、神武天皇東征のお船出の場所まで案内しました。
 

 夜は、延岡の居酒屋源太

 二人で飲み語らいをしました。

 本日は、天照大御神をおまつりしている「天岩戸神社」を参詣し、八百万の神々の集った天安川原を見て、神武天皇をお祭りしている高千穂神社を横目で見つつ、高千穂渓谷まで案内しました。

 私は、久しぶりの高千穂渓谷でしたが、平日に関わらず、相変わらずの人出でした。

 そのあととんぼ帰りで延岡に下って、どうしても食べていただきたかった、元祖チキン南蛮を食べてもらいました。直ちゃんという店ですが、チキン南蛮発祥の店として「知る人ぞ知る」の店です。

 写真は・・・・

 

 そのまま駅にお送りし、再会を約してわかれました。


 では。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
夕日。そして、貞光町 うる覚えの記。おごま。
2010-08-23-Mon  CATEGORY: 貞光町
 午前5時35分起床。空模様は快晴。外気温25度の朝でした。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと茄子の味噌汁、古漬けのたくわん、納豆と海苔、濃茶をいただきました。

 外に出ると、熱気が地面から「もやーっ」と立ち上り、上からは焦げつくような太陽光線でした。

 今日の行縢山の夕日です。
むかばき夕日




貞光町 うる覚えの記。おごま

 おごま
 貞光町には、街、山、ところどころにお堂が建てられていました。全部で45ヵ所ほどあります。
 年に一回、護摩を焚いて祈念する「おまつり」がありました。それを「おごま」と私たちはよんでいました。

 親戚の家がある東山の白村に行くときは、ちょっとした休憩場所に利用していましたが「おごま」の時は、出店が出て、アセチレンランプの下で、おおいに賑わったものでした。

 白村堂
白村堂
映画「虹をつかむ男」に使われた引地堂
引地どう

 いずれの写真も貞光町史から転載しました。



 おごまで親戚の家に泊まりがけで行くと、親戚のおっさんが、必ず百円札を一枚くれました。普段は母親から十円玉一枚もらえれば御の字だったので、この百円札は大金でした。それを、にぎりしめて、親戚の子供たちとお堂に行って、いろいろなものを買ったりしていました。

 そういったこと、そのものを忘れてしまっていたのですが、HONDA 60,S CLUBさんのブログを拝見させていただき、思い出したような次第です。

 今も、昔から継承されてきた祭事を、こうやって大切に維持されていることに、深く感銘を受けました。
 とうの昔に、故郷を離れた者として、本当にありがたい事だと思います。




明日は、奈良から、未だ見ぬ知人が訪れます。明日の午後から明後日の午前中いっぱい、お仕事の邪魔にならないように、案内でもできれば、、と思っています。



ページトップへ  トラックバック0 コメント1
林間へ。
2010-08-22-Sun  CATEGORY: 未分類
 午前6時15分に目覚め。天候は晴れ。
 今朝は、久しぶりに白粥をいただきました。好きな漬物だけを副食にして、厚いおかゆをすすりました。

 午前中は、ひなたと庭で遊んでいましたが、森に行こうということになり、ほぼ全員で行縢山の山麓に出かけました。
 行縢山
行縢山

 森の中の渓流沿いで散歩しました。
 渓流

 水は冷たく、きれいで、快適でした。

 ひなたには、冒険そのものなのか、 興奮して、時折、奇声を発していました。
 
 海馬を刺激されたことと思います。

 ひなたの視線
 
 何を見上げているかと、ひなたの視線をたどると・・・・
 鳥の巣

 野鳥の巣のようでした。

 ここで、蛙、クワガタのメス、蝶、コオロギなどを、ひなたがとらえましたが、逃がしてやりました。

 蛙だけは、帰宅して、庭の水路に放したのですが、車中が暑かったのか、かなり衰弱しており、難しいかもしれません。


 ・・・・・・といった日を、過ごしました。


 では。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
魚釣りの名人。。。。。
2010-08-21-Sat  CATEGORY: 未分類
 午前6時20分起床。空模様は曇り。外気温28度の朝でした。 
 
 炊きたてご飯、豆腐とワカメと蕗の味噌汁、納豆と海苔、高菜漬け、コンニャクの刺身、濃茶をいただきました。 

 今日は、終日、本社に居ました。
 
 コンクリート打ち込みが予定より遅くなった現場の「温度ひび割れ解析」をしたり、横目で、高校野球の決勝を見たりしていました。

 興南が、史上6校目の春夏連覇でした。

   (夏春連覇は史上四校しかありませんが四校目は、徳島のかつての池田高校です。)


  話は、急に変わります。

 私の好きな歌があります。高田渡さんの歌です。私は、魚釣りはしませんが、それでも、気持ちの落ち着く歌です。
さだみつ川

川釣り
 写真は、貞光川です。


  魚釣りブルース


日曜日には日曜日にはあの小川まで
のんびりと魚釣りにでも
朝早くから夕暮れまで
糸をたれて一日過ごします
わきにゃ酒でも一本抱きかかえ
あの小川まで魚釣りに
日頃のうっぷんを餌にして
糸を垂れて一日過ごします

あのじいさんは 魚釣りの名人だ
糸を引き上げる そのとき
しわがれ声をおしこらえて
全身に笑みをうかべてる
そして、そして、糸を引き上げると
すると 魔法のように
竿から、夕暮れが あたり一面に広がるではないか

日曜日には日曜日にはあの小川まで
のんびりと魚釣りにでも
朝早くから夕暮れまで
糸をたれて一日過ごします



 ギターで弾き語りする場合は、多分、カポ3か4で・・。
C C7 F C C C7 D7 G7 C C7 F C C C7 A7 D G C
・・・・といったコード進行でいけばいいと思います。

 ついでに元歌も・・・・・

 


 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
貞光町 うる覚えの記。まつり そして、今年の阿波踊り
2010-08-20-Fri  CATEGORY: 貞光町
 午前5時35分起床。空模様は曇り。外気温29度の蒸し暑い朝でした。 
 
 今朝も、炊きたてご飯、具沢山の味噌汁、納豆と海苔、濃茶をいただきました。 

 このところ食欲はあまりありません。朝食も、食べ始めるときは完食できるか自信はないのですが、食べていると、ご飯粒一粒残さずに食べてしまっています。



 

 今年の貞光町の阿波踊り、正式には「つるぎ町阿波踊り」ですが、かなり賑わった様子でした。
お盆頃になると、徳島県内のあちこちで阿波踊りが行われています。我が貞光町でも、昔から、ずっと続いていて、今年も二日間にぎわったようです。

 昭和30年代の貞光町も、大勢の人でにぎわっていました。

 阿波おどりの他には、祇園神社境内での回り踊り。貞光川での灯籠流しや花火大会。秋の祭り。町民大運動会・・・・・。

写真は、街並みを練り歩く「神輿」と「屋台」です。(写真は、三好・美馬・吉野川の今昔という本から転載しましたm(__)m)

 おまつり貞光


 この、担ぎ手の中には、大勢の人で見えませんが、人いきれの中に、タオルでねじり鉢巻をした父がこのなかに居るはずです。父は、最後の神輿をかついだときに人ごみに押されて、街灯で口元を強打して前歯を折ったことがあります。
 ひょっとしたら、そのときの写真かもしれないと思って興味深く眺めていました。

 阿佐商店、かなざき屋(金川金物店)は同じ金物屋さんで、街道の向かい合わせにライバルのように位置していました。
 一個10円の出来立てのコロッケのおいしかった尾花精肉店の看板も見えます。

 神輿の後方には、何人かの稚児を載せた屋台が牽引されています。


 日本中、特に地方部で人口が大幅に減り、急速に、少子化・高齢化が進行している現在、こういったまつりや神輿がどうなっているのかはわかりませんが、昔のようなとまでは言わないまでも、元気とにぎわいを取り戻して欲しいなあと切に願うものです。

 冒頭に書いたように、貞光町の阿波踊りは、今年もおおいに、にぎわったようで、出身者として、頼もしく思えます。

 現在の徳島市内で踊られているメジャーの阿波踊りも、楽しくて素晴らしいと思うのですが「昔とは、ちょっと違うなあ」と感じることもあります。現在の阿波踊りは「見せる事」に重きを置いているようです。

 観客を楽しんでいただく、それを見て踊り手も楽しくなる。これは、阿波踊りの原点ですし、とても素晴しいことだと思います。
 踊りも、常に、変化して進歩(?)していくのは当然でありますし、元・徳島県民として「どうだ!!」と、誇らしく思えます。

 でも、一方で「変化しない」というのも、なかなか捨てがたいものがあります。

 貞光町では、昔ながらの伝統的な阿波踊りでにぎわったようで、安心というか、心地良い気持ちを感じました。
徳島市新町橋の桟敷で見る大規模な阿波踊りとは違った、貞光の、旧い街並みを踊り歩く阿波踊り。ずっと継承してほしいなあと切に願うものであります。

 調べていたら、貞光町内の阿波踊りが動画で発信されていました。
 
 

みる阿呆(見物人)に息がかかりそうに真近で躍動している阿波踊り、体がむすむずしてきます。
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
土柱のベンチ
2010-08-19-Thu  CATEGORY: 未分類
午前5時35分起床。天候は晴れ。外気温25度の朝でした。 
 
 朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと茄子と玉ねぎの味噌汁、納豆と海苔、古漬けのたくわん、濃茶をいただきました。




今、異業種の例会から帰宅したところです。

 今夜の例会では、Twitterの勉強会をしました。Twitterというのは、いろいろな使い方ができます。私も、すこしづつ140文字で発信していますが、今のところ、よくわかりません。しかし、今夜は、知らないことを教えてもらい、活用してみようと考えているようなところです。




 徳島には「土柱」というのがあります。世界三大の土柱のひとつです。太古の昔、吉野川の河岸段丘が侵食されて形成されて出来たといいます。

 子供の頃は、近くといえば近くだったので、遠足などで何回か訪れました。TVドラマ「琴姫七変化」のロケーションにも使われて、主演の松山容子さん(琴姫)の立ち回りのシーンを撮影されたようです。

 土柱の上には、徒歩でもクルマでも行けるようになっています。
この写真、35年前の土柱の上です。隅のベンチに注目。この、ベンチは小学生の頃(50年近く前)にも、この場所にあった記憶があります。
 土柱ベンチ


 そして、これが5年前の土柱のベンチです。今も、撤去されないまま、存置されています。詩人なら、ここで、短歌のひとつも詠まれるかもしれません。

 土柱ベンチ今


 今も、多分、同じところで、回りの環境に同化されつつあるに違いないと思います。

 「それがどうしたの」というような話で、今夜はこのへんで失礼いたします。



ページトップへ  トラックバック0 コメント2
寿限無
2010-08-18-Wed  CATEGORY: 未分類
 午前5時35分起床。天候晴れ。外気温26度の朝。 
 
 炊きたてご飯、豆腐とワカメと白菜の味噌汁、青ネギ黒納豆と海苔、豆腐のしろあえ、濃茶をいただきました。



午前中は、社内安全パトロールに参加しました。建築現場2箇所と土木の現場1箇所を見ました。

昼は源太の「漁師飯定食880円」をいただきました。夏の真っ盛りには、チキン南蛮はさすがに億劫ですが、こういった「あっさりした」ものなら、するっと食べられます。
 ひるめし




話は、変わりますが・・・・・・

 6歳の孫が「寿限無」を聴いて、声を立てて笑っていました。

 林家たい平と桂春団治それぞれの「寿限無」を聞かせました。どちらかというと、春団治師の「寿限無」のほうがうけていました。私も、連れられて笑ってしまいました。
 江戸落語の若手ホープと上方落語の第一人者との聴き比べ。上方落語の語り口は、年寄りから幼児まで幅広く「笑い」をとれるのですね。

 行縢山の夕焼け
夕暮れ

 昨日の帰り道、行縢山に沈む夕日がきれいだったので、思わず、カメラを向けました。


 


 
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
嫉妬
2010-08-17-Tue  CATEGORY: 未分類
 午前5時35分起床。天候晴れ、外気温25度の朝でした。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、具沢山の味噌汁、大根おろし、海苔をいただいきました。

 昼間は、炎天下の猛暑日和ですが、朝夕は、ほんのすこしだけ秋の気配を感じ取ることができます。

 夕方になると、つくつくぼうしの大合唱が聞こえ、日が沈みあたりが暗くなると、庭のそここしこから虫の音が聞こえてきます。
 
 物置兼書庫の私の居る部屋に入ってくる風は、なんとなく涼しさただよっています。

 全国のあちらこちらでは、38度を越す猛暑の日々か続いていますが、延岡は、ほんのすこしだけ秋の気配です。




話は、突然に変わります。


 阿久根市では、ブログ市長の政治姿勢で、大変みたいです。リコール活動がはじまったようです。

 当事者ではないので、本当のことはわかりませんが、ニュースやブログ等だけの範囲で知るかぎりは「やり過ぎ」のようにも思えます。

 しかし、公務員の給与や待遇面など、阿久根市の状況は全国各地の地方自治体、いや、公的機関すべてにいえることであり、ひとり、阿久根市だけが、異例とか特別ではありません。

 このことを、対岸の火事として見るか、自分たちに引きつけて見るか。私は、鹿児島県内の小さな地方都市の出来事ですが、今後、いくつもの「阿久根市」が、ぽつんぽつんと、あちこちに生まれ、燎原の火のようになっても、不思議ではないと考えています。

 背景には、地方財政の厳しさとか不景気ということもありますが、直接的には民から官への嫉妬に似た感情がほとんどのように思えます。

 今後、リコールがどうなっていくのか。注視したいと思いました。





 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2010-08-16-Mon  CATEGORY: 未分類
近年、よく聞かれる言葉に、、、、

PFI PPP
分散型都市構造から集約型都市構造への変換。
リサイクル、リユース、リデュース、リフューズ。

考えてみると、すべて過去にあったものの復活みたいに思えます。回帰現象、といってもいいぐらいです。
PFI、PPPは、昔は賃取り橋がありました。民間の有力者や地域の人たちが共同出資して川に橋を架けて使用者からお金をいただいていたのです。

 【写真は、徳島県吉野川美濃田の淵に残る、有料橋の土木遺産。民間資本で架橋に着手したものの、工事途中で断念。吉野川SAから見ることができる。】

 賃取り橋

 

公共施設を民間で設計施工し、設計施工費用、維持費用などは使用者から回収する方法です。

また、私たちの子供の頃は、現在と比較すれば、まさしく「集約型都市構造、コンパクトシティ」そのものでした。当時は、道路も交通機関も今みたいではなかったし、集約型都市構造が自然の流れだったと思います。

リサイクル、リユースなどは日常茶飯事で、布や紙の端切れや瓶だけでなく、人糞も野菜などの肥料にしてリサイクルしていました。

今のレンタルビデオ屋さんは、貸本屋さんです。

TVから追い落とされ斜陽産業といわれた映画館も「シネマコンプレックス」という、劣等感みたいな名称に変わり、復活してきています。大勢が、ポップコーンを食べながら画面を見つめている様はまさしく「紙芝居」そのものです。

「新しい」とか「変革」だ「革新」だとか云われますが、よくよく見てみると、昔の焼き直しのように思えるのは、歳を重ねてきたせいかもしれません。

文化とか文明とかいわれるもの実態は、人の長い歴史のなかで、繰り返し、繰り返し「改善(?)、改良(?)」されてきたものの積み重ねのように思えます。

「時代は変わる」、、、ではなく「時代は積み重ねられていく」ではないでしようか。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2010-08-15-Sun  CATEGORY: 未分類
延岡学園高校Vs仙台育英。

 延岡学園高校、残念な結果にはなりました。どちらが勝っても負けても、勝敗は時の運で、試合内容は、すばらしい内容でした。




今日は、大分県にある水中鍾乳洞に行きました。鍾乳洞の中は気温15,6度で、天然の冷蔵庫みたいでした。

 洞窟の薄暗さと不気味さに「ひなた」は怖がっていましたが、だんだんと慣れてきて、最後は、好奇心一杯のまなざしに変わっていました。

 帰りは、7万年前の阿蘇の大火砕流でできた河川で、泳いで遊んで帰宅しました。


 では。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2010-08-14-Sat  CATEGORY: 未分類
今日は、延岡と宮崎と二つのお墓参りをしてきました。

 宮崎市までは、お盆休みの影響からなのか、10号線が混んでいて3時間近くかかりました。早く、高規格道路の供用開始をしてもらいたいと思いました。

 ひなたは、元気そのもので、汗びっしょりになって炎天下で駆けまわっていました。


 明日は、大分か熊本まで遠征して遊びに行こうと思いましたが、近場で、遊ぶことにしました。


 今日はこれにて。
 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
日々読み書きから
2010-08-13-Fri  CATEGORY: 未分類
 今日は、久しぶりに自宅でビールを飲んだ。350ccのエビスビール。
 少し、酔っ払っているので、日々読み書きから、そのままコピペしました。





 午前6時10分起床。天候は晴れ。 
 
 今朝は、五目寿司をいただいた。五目寿司は、好物だ。いわゆる「寿司」より、こちらのほうが好きだ。 
 
 そのあと、お墓に草刈に行ったら、過日の雨で、墓の裏の斜面が少し崩壊して、土で埋まっていたのを、スコップで掘り返して、原型復旧を行なった。 
 
 
 つぎに、駐車場の草刈を行い・・・・・・熱中症になりかけたのか、ぼうーっとしてきたので、自宅に戻り、ポカリスエットを飲んで、しばらして回復してきたので、片付けを行なった。 
 
 昼は、食欲がないので冷やしソーメンをいただいて、ひなたを連れて市立図書館に行き、15冊の絵本を返却して、新しい絵本を15冊借りてきた。 
 
 
 まあ、そんな一日を過ごした。 
 
 明日は、お墓参りして、宮崎市の兄の家に行く予定。 
 
 
・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。 
 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
チクロ
2010-08-12-Thu  CATEGORY: 昭和という時代
 午前5時35分起床。天候晴れ。外気温26度の朝でした。 
  
 炊きたてご飯(新米)、豆腐とワカメと白菜の味噌汁、納豆と海苔、大根おろし、濃茶をいただいてきた。 

 明日から、お盆の休みに入ります。

 駐車場とお墓の草刈をしたいと思います。






  ♪ラララ、科学の子ならぬ「チクロの子」

 かつて、僕たちは、チクロの子でした。チクロをたくさん食べて大きくなった世代です。

 チクロというのは、当時の代表的な人工甘味料です。
 私たちの子供の頃は、砂糖の代わりにチクロやサッカリンを大量に使った食べ物を食べていました。

 代表的なのは、「渡辺ジュースの素」ですが、菓子類や飲料だけに使用されたのではなくて、幅広い加工食料品に使われていたようです。

 高校三年生の頃、食料品問屋でアルバイトをしていたとき、倉庫の中に山積みされた貝の缶詰をひとつひとつ箱から取り出して「チクロ入り」と印刷された赤いレッテルを貼ったことがあります。
赤いレッテルの意味は「この缶詰はチクロが入っています。自己責任で食べてね。もし、何かあっても、私たちは知らないからね」という表示だったのだと思います。
 ということを考えると、高校三年生の夏頃までは、チクロの子だったのでしょう。

 さて、チクロ後遺症のなせるわざなのか、この頃「頭髪が薄くなった、記憶力が減退してきた、歯が悪くなってきた、膝の痛みとれない、視力が衰えてきた」・・といった障害が、次々と顕在化してきつつあります。(笑)

しかし、気持ちだけは、青春真っ盛りでいたいと思います。


ページトップへ  トラックバック0 コメント2
違反。
2010-08-11-Wed  CATEGORY: 未分類
 午前5時35分起床。天候は曇り、時折小雨。吹き戻しの風か、風が強い。外気温は28度。 
 
 炊きたてご飯、豆腐とワカメと白菜の味噌汁、納豆と海苔、高菜漬け、濃茶をいただいてきた。 




 今日は、片道2時間半かかる山中の現場に行ってきました。連日の雨で、ぐちゃぐちゃ状態でした。明日からは、晴れの予想なので、これからが追い込みです。

 帰りに、警察が「ストップ」という表示を出したので、指示にしたがってパーキングに入りました。

 警察官が近づいてきたので「何か、ありましたか?」と聞くと、私がスピード違反をしていた、というのです。

 ここ30年以上は、無事故無違反でしたのだ「え?私がですか?」

 「はい。すみませんが18キロオーバーです」
 「ほんとですか」
 「はい、ここは40キロ制限なものですから」

 交通量の少ない、見通しのよい二車線道路。

 警察官は、何回も、申し訳なさそうに「すみません」と言われました。

 「すみません」というのも、何かヘンだなあと思います。

 交通違反をしたのは、私なので、「すみません」というのは、おかしいなあと思います。

 こんな、速度の出し易い道路、まさか、うしろめたさがあったのでしょうか。


 とにかく、ゴールドは消えました。それが、残念です。

 これからは、気をつけましょう。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
21世紀の我が国の姿。
2010-08-10-Tue  CATEGORY: 昭和の話
 午前5時30分起床。天候は曇り、外気温26度の朝だった。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと玉ねぎの味噌汁、高菜漬け、茗荷、納豆と海苔、濃茶をいただいた。 

 


鳴門高校、敗れました。残念。
 明日は、延岡学園の試合があります。




1970年に想定した21世紀の日本
21世紀の日本


この地図をみると、四国には似たような場所に3本もの橋は架かることになっていません。時速500キロのリニアモーターカーが中央構造線沿いに日本を貫いています。

 もしかしたら貞光町の近くをリニア新幹線が走っていたのかもしれません。(笑)

 そして、な・な・なんと、新幹線が大分から宮崎まで来ているではありませんか。当然、延岡も停車駅です。それと、延岡の沖合には海上都市が造られているようです。
 リニアモーターカーは山陰を走り、山陽は従来型の新幹線となっています。

 今とは、ずいぶん違うようです。

 これは、どこから持ってきたかというと、1970年の大阪万博、日本観のパンフレットから転用しています。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
試験を受けて。
2010-08-09-Mon  CATEGORY: 技術士二次試験
 午前5時35分起床。雨。外気温25度の朝だ。昨夜は、なかなか寝付かれなかった。。。。 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと蕗の味噌汁、納豆と海苔、きゅうりのぬか漬け、茗荷、濃茶をいただいてきた。 

 


 技術士試験を受けてきました。私は建設部門の「鋼構造物及びコンクリート」で望みました。
 博多駅から試験会場である九産大駅の電車は、後ろの方の吐息が首筋にかかるほどの満員状態で、じっと辛抱の時間でした。
 九産大駅から「どっ」という感じで大勢の人が降りて九産大を目指して歩いていきます。いつも、思うことですが、こんなに大勢の人たちが受験するのだが、合格できるのは「ほんのひとにぎり」なのだよなあと。今回も同じように思いで会場に向かいました。
 ぞろぞろ


 午前中の試験。10:00~12:30まで。

 ほぼ予想通りの設問でした。

Ⅱ-1 我が国の国土は厳しい地形・地質,気象等の条件下にあることに加えて,近年は社会状況も大きく変化し,自然災害から国民の安全や生活をい守ることがより一層求められている。
 建設部門に携わる技術者として,社会的状況の変化に対応して防災あるいは減災対策を行う上での課題を3つ挙げ,その内容を説明せよ。
 また,これらの課題に対して,国民の安全や生活を守る観点から今後どのような取組を進めていくべきか,あなたの意見を述べよ。

Ⅱ-2 我が国の建設産業においては,国内の公共事業投資額の減少に伴い,さらなる成長が期待されている海外の社会資本整備に対する積極的な取組が求められている。
 一方,国際貢献・技術協力の観点から,開発途上国などにおける社会資本整備に対する積極的な取組も求められている。
 このような状況の中,建設部門に携わる技術者の視点から,海外での社会資本整備に取り組む上での課題を3つ挙げ,その内容を説明せよ。
 また,これらの課題に対して今後とるべき方策について,あなたの意見を述べよ。 



 どちらを選択するか迷いましたが、海外進出などは書けても実感が伴いません。なので、、無難にⅡ-1を選択して、私感を書いいきました。

 

 
 昼食の弁当を食べて午後の試験です。13:30~17:00。

 ※昼休みのときの写真です。

 試験会場


 昨年度と違って、意外に、簡単そうな問題でした。きちんと基本を勉強している人なら、十分に書けそうな問題でした。
 コンクリートでは、こんな問題でした。Cグループ、Dグループから、それぞれ一問を選んで回答するのです。

Cグループ
Ⅰ-11 鉄筋コンクリート構造物の耐久性設計について,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 経年的に生じる劣化の種類を2つ挙げ,劣化の要因・メカニズム及び耐久性設計の方法について概説せよ。
(2) 上記で挙げた2つの劣化に対する耐久性設計の課題を挙げ,課題に対する取り組みについてあなたの考えを述べよ。

Ⅰ-12 生コンクリート品質が構造物の性能に及ぼす影響について,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 生コンクリートの受け入れ時に起こりうる品質不良の状態を2つ挙げ,その発生原因と,生コンクリートの不良状態が構造物の性能にもたらす影響について述べよ。
(2) 品質が不良な生コンクリートが現場に到着した場合に取るべき処置方法を述べよ。また,品質が不良な生コンクリートを使用しないために望ましい受け入れ態勢についてあなたの考えを述べよ。

Ⅰ-13 コンクリートの乾燥収縮ひずみについて,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 乾燥収縮の大きなコンクリートを用いた場合に,コンクリート構造物に生じる不具合を2つ挙げ,その不具合の発生メカニズムと,構造物に与える影響の大きさについて述べよ。
(2) 乾燥収縮が問題となる重要なコンクリート構造物に不具合を生じさせないための課題を挙げ,技術的な解決策について,コンクリートの使用材料,設計及び施工等の幅広い観点から,あなたの考えを述べよ。

Ⅰ-14 環境負荷低減に資するコンクリートについて,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 廃棄物又は副産物を有効利用した混和材及び骨材を使用したコンクリートをそれぞれ1つ挙げ,その特性についてについて説明せよ。
(2) 上記で挙げたコンクリートのうち1つを取り上げ,製造及び施工を行う上での課題とその解決に向けた取り組みについて,あなたの考えを具体的に述べよ。
Ⅱ 次の2問題のうち1問題を選んで解答せよ。(解答問題番号を明記し,答案用紙3枚以内にまとめよ。)





Dグループ
Ⅰ-15 コンクリート構造物の設計で考慮すべき施工への留意点について,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 設計段階で施工に対する検討不足が原因で,施工困難や欠陥が生じた不具合の例を3つ挙げ,どのような検討がふそくしていたのか具体的に述べよ。
(2) このような不具合を防ぐための対策について,幅広い観点からあなたの考えを述べよ。

Ⅰ-16 コンクリート構造物の耐火性能について,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) コンクリート構造物を1つ想定し,耐火性能が必要とされる理由を3つ挙げて説明せよ。また,その構造物の耐火性能を向上させるための対策について述べよ。
(2) 火害を受けたコンクリート構造物の調査,補修・補強を行う上での課題を挙げ,今後どのようなことに取り組むべきか,あなたの考えを述べよ。

Ⅰ-17 鉄筋コンクリート構造物の日常点検について,以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 鉄筋コンクリート構造物の目視点検で確認炊き留損傷を3つ挙げ,各損傷に対して記録すべき項目とその理由を述べよ。
(2) 目視点検の利点と欠点について解説し,これを踏まえた上で今後の日常点検のあるべき姿について,幅広い観点からあなたの考えを述べよ。

Ⅰ-18 鉄筋コンクリート構造物の初期欠陥について以下の問いに答えよ(各問1.5枚程度)
(1) 鉄筋コンクリート構造物の初期欠陥のうち,施工に起因する欠陥を2つ挙げ,その原因を説明せよ。
(2) 上記で示した初期欠陥のうち1つに対して,現在,一般的に行われている防止策の現状と課題を説明せよ。また,その課題解決に向けた設計・施工のあるべき姿について,幅広い観点からあなたの考えを述べよ。


 どれを回答するのか、迷いに迷いました。Cグループの問題は、すべて、何か書けそうです。Dグループについては「Ⅰ-16 コンクリート構造物の耐火性能」以外なら、なんとか書けるような気がしました。いろいろ考えて、Ⅰ-11とⅠ-18の問題を選んで、記述していきました。

 ワープロと違って、手で書くのは大変です。書いては見なおし、書いては修正して、時間をフルに使って書きました。
 試験が終わると、両方の肩が鉄板のようにぱんぱんに凝っていました。紙面ばかり見つめ続けたせいで、近視状態になっていて、目を細めてもぼーっとしていてピントが合わなくて困りました。

 とにかく、今の持てる知識や経験を資本として、精一杯、書いてきました。

 でも、昨年よりは難しくなかったということは、私だけでなく他の受験者も同じなので競争が厳しくなるのでしょう。あとは、論理的な記述か、内容はどうか、などのポイントで相互比較になるのだと思います。そうなると、合格は厳しいかもしれません。

 昨年と違うのは、多分、同じ土俵の上には乗れたということです。
 
 これで、不合格なら仕方無し。。。。と、心から思えます。

 「人事を尽くして天命を待つ」です。

 でも、同じ土俵に上がるということは「ひょっとして・・」ということもありえます。発表されてから、口頭試験用の技術論文を書くのは困難です。とても間に合いません。
 空振りになることを覚悟して、とりあえず、口頭試験の準備をぼちぼちしておきたいと思います。

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
帰宅。
2010-08-08-Sun  CATEGORY: 技術士二次試験
 22時20分頃、延岡駅に着いた。

 試験の感想。

 疲れた・・・。試験が済んた直後は、両肩は鉄板みたいにパンパン。眼は、黒板の字がかすんで見えなかった。

 600字×9枚= 5400字。

 前は、8000字ぐらい書いて、とうってことなかった。

 歳のせいにしたくないけれど、やはり、歳かもしれない。。。などという弱音は、やはりやめた。

 まだまだ、負けないぞ。

 去年みたいに難しくはなかった。それなりに、懸命に、書いた。


 今日みたいなので、不合格になるとするのなら、それでもいいじゃないか、そう思える。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
試験。
2010-08-07-Sat  CATEGORY: 技術士二次試験
 午前6時40分ころ起床。天候は曇り。外気温28度。 
 炊きたてご飯、豆腐とワカメと具たくさんの味噌汁、ちりめん佃煮(自家製)、納豆と海苔、濃茶をいただいた。 
 
 今日は、仕事を休んで図書館に来ている。午後から、特急にちりんに乗って博多。 
 
 


明日は、技術士の筆記試験が行われる。

ほんとのこというと、どんな問題が出題されるか、少し、楽しみにしているところもある。
全然、歯が立たないかもしれないし、「よしっ」と腕をまくり上げながらシャープペンを手に取ることになるかもしれない。

建設一般は制限時間2時間半。600字詰め3枚以内。
専門問題は2題で制限時間3時間半。各600字詰め3枚以内。

 近年の時代の動きなどから、ある程度の予想をたてて、準備はしている。でも「ある程度の予想」から大きく外れると、どんなんだろう、という自分に対する好奇心もある。

 今回も、勉強??は、ほとんどしていない、というより、どのように手をつけたらいいのかわからない。雲をつかむような手触りである。

 ただ、日常の「脳」を、試験の「脳」に切り替えられるようなことは必要だと考え、そうしてきたつもりだ。
あとは、普段の自分を出すだけである。

 普段の自分と出題の相性があえば、合格できるかもしれない。相性がよくなければ不合格ということになるだろう。それを運不運というのかな。

 技術士試験は、努力を重ねれば、どなたでも合格できる試験だ。ただ、(私だけかもしれないが)この年になると、そういったことに努力するのがきつくなる。努力ができないとなると、日常の自分をぶつけて、臨機応変に対応するしか術はないのだ。


いくつかの課題を出されて、それに対して普段の持てる力で考えて、臨機応変に答える、それが技術士という資格試験の本質かもしれない。

  とにかく、合格、不合格とかでなく、楽しめればいいなと願っている。

  では。

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
熱血
2010-08-06-Fri  CATEGORY: 熱血
午前5時30分起床。天候は・・晴れたかと思うと路面を叩きつける雨が降ったり、曇ったり・・せわしない空模様である。6時半の外気温27度。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、具沢山の味噌汁、納豆と海苔、きゅうりのぬか漬け、濃茶をいただいた



もう、かれこれ四十年ぐらい前のことになるが、ベテランや年配者が一斉に退社し、弊社は20歳そこそこの者しか残らなかったことがある。

 なぜ、大勢の先輩たちが会社を去ったかというと、建設省のOBが入社してきて、大ナタをふるったからなのだ。
それまでは、古き、良き(?)環境で、早くいえば、いい加減だった。現場事務所の床下には、焼酎の空き瓶がゴロゴロと転がっていたし、昼間から喫茶店に行っていたし、仕事中、花札に講じていた。今から思うと、ダラダラと怠惰な日々を送っていた人も居たと思う。

 そこに建設省OBのトリックスターが入社し、社長から全ての権限を委任され、ビシビシやりはじめたのである。
 まずは、時間厳守。行き先を明確にする。仕事の閑散期は自ら主催の勉強会。

 このトリックスター、威厳のある熱血オヤジで、鬼のように厳しい反面、涙もろくてとても優しい人でもあった。この方が部屋に入ってくると、反射的に誰もが背筋を正さざるを得ない、そんな人である。 
 
 厳しさと優しさをあわせもたれた人で、それが、全く矛盾を感じさせない人でもあった。

 私は、我社の中興の祖だと思っている。この人が居なかったら、絶対に、今みたいにはなってなかった。

 熱血オヤジは、あとを「頼りない私」に託して10年前に退社していった。

 来週は、この方のお宅にお中元を持って訪ねよう。

 では。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
高速道路無料化。民主党を支持しているわけではないけれど・・・。
2010-08-05-Thu  CATEGORY: 建設
午前5時36分起床。天候は曇り。小雨パラパラ。室内温度29度、6時半の外気温28度の朝だ。 
 
 朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメとジャガイモの味噌汁、納豆と海苔、おから、茗荷のドレッシングかけ、濃茶をいただいた。

 


今日も、不安定な天候で、晴れと雨が交互であった。




高速道路無料化社会実検。賛否両論がある。しかし、このあたりでは「歓迎」している。多分「反対!!」を叫ぶ人は、ほとんど居ないだろう。

なぜか。

そもそも、高速道路が整備されてない。

 唯一の有料道路が無料化実験の対象になり、一区間( 3.7 km)が、今まで250円だったのが、無料になり、みんな喜んでいる。

 有料道路の交通量も3~4倍ぐらいに増えたものの、混雑までには至ってないし、既存の国道の通行も、一日中ラッシュ状態から、クルマがすいすいと走れる普通の道路になっている。

 このまま、ずっと、無料であってほしいなあと願う。有料になったら、また、ストレスを感じると思うし、困る。
 高速道路が整備されていない地域においての、無料化というのは、特にこのあたりの地域にとっては大いに役立っていると思う。
 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
机に向かう。
2010-08-04-Wed  CATEGORY: 建設
 午前5時30分起床。天候は曇り。不安定そうな空模様だ。外気温は6時半現在で27度というところ。今日も、要注意・熱中症だ。 
 
 今朝は、炊きたてご飯と具沢山の味噌汁、納豆と海苔、茗荷のマヨネーズ和え、濃茶をいただいてきた。 
 
 さすがに食欲はないけれど、良薬と思って、押しこむようにして食べた。



今日は、河川工事2件、道路工事1件の技術提案を書いた。現場も踏査した。
 
 技術提案を考えるということは、リスクを想定し、優先度をつけて、どのように対応していくかを、設計図書、現場の状況、今までの経験、知識、をフル動員させて、考え、書き、何回も見なおして、仕上げていく。
 
 仕事が取れる、取れない。取りたい、取りたくない、、などは棚にあげておいて、自分たちの持てるものを作成して提出する。




今は、机に向かって原稿用紙に鉛筆を持って、「勉強?」している。

試験は、日曜日だ。

合格できるか、不合格か、受けてみいなとわからない。


では。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
暑い。
2010-08-03-Tue  CATEGORY: 建設
 午前5時30分起床。天候晴れ。外気温26度の朝だ。 
 
 炊きたてご飯、具沢山の味噌汁、高菜漬けをいただいてきた。 
 
 
 


今年は、熱中症になる人が多い。現在のところ、身の回りには居ないが、今日は、弊社社員が昼休みに熱中症゛倒れたお年寄りを助けた。

 道路の真中でお年寄りが倒れていたので、駆け寄って起こしたら、意識はあったが、足腰が立たないような状態で、近くに居た人と二人で抱えて日陰に連れて行き、幸い、そばにあった自動販売機で「H2O」という清涼飲料水を勝って、半ば強引に飲ませたら、少し、元気が出たそうだ。救急車が来るまで側にいて、救急車が着くと同時に、その場を離れて帰ってきました、、、と言っていた。

 今年の熱中症は、老人が多い。

 真面目で、おとなしい人は、かかりやすいので、気をつけよう。

 できれば、真夏はあまり動かないほうがいのかも。


 では。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2010-08-02-Mon  CATEGORY: 未分類
 午前5時33分起床。天候は晴れ。6時半の外気温26度の朝だ。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと南瓜と玉ねぎの味噌汁、高菜の漬物、濃茶をいただいて出てきた




Twitterを、本格的かどうかはわからないが、ちょこちょこと やりはじめている。

 Twitterが、どういうものなのか。を知るためには、やってみないとわからない。

 今のところ「フォローしている」が40。「フォローされている」が38。

 何も考える必要はないが、ただ、これは、もうひとつの情報源として、いいなあと言う事だ。

 使い方によっては、いろいろなことが考えられるだろう。

 それもこれも、やってみないと、わからないのだ。


ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2010/08 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.