土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
お金のこと。
2011-10-30-Sun  CATEGORY: 昭和の話
今日も雨が降った。
この前21日と昨日の29日は、市内にゲリラ豪雨が降った。道路冠水、小規模ながけ崩れ、床上床下浸水。。

 土のうを設置したり、交通整理をしたり、土砂を退けたりであった。

 


お金のこと。


子供の頃、わが家の前の道路で、何かのお使いの帰りに、五十円玉を落としたことがある。小遣いが5円から10円が相場だった時代、50円は大金であった。

 辺りを探していたら、あとから父も来て二人で這いずりまわって探した。暗くなっても、街灯の明かりの下で遅くまで探したものの、見つからなかった。

父から厳しく怒られることを覚悟したが、叱られなかった。
「怒られなかった」という安堵もあったが、怒られなかったことが、かえって、きつかった。


話は変わる。

加川良の歌に「百円札」という歌がある。


 

♪お年玉袋の百円札
はじめてもらった百円札
はじめて手にした百円札
大金だとおもった百円札
・・ざっくり・・

 百円札は大金だった。

 東山にある白村堂の「おごま」に行くと、母屋のおっさんが、必ず一枚の百円札をくれた。それが楽しみで、毎年、登った。

 新しい年がくると、名付け親の郡大さんがお年玉袋を持ってきてくれた。袋の中には百円札が入っていた。上級生になるに連れて枚数も増えていった。


百円札の対局にあるのが一円だ。

引き出しから、百円札と一円札を引っ張り出して見てみた。
100円

一円札




 一円札は使った記憶がおぽろげにしか残っていない。デザインは思い出せない。広げても、シワだらけで印刷もはっきりしなかった。

 今になって、調べてみると、肖像は二宮尊徳となっていた。

 両袖口は、鼻水の糊でピカピカのバリバリになっていた服を着て、母からもらった、しわくちゃの一円札と1円玉を手の中に握りしめ、岡本さんの中庭を走り抜け、津司さんの前庭を通って広い通りに出て、東出商店まで走っていった。

 二個で1円のニッケ飴玉や芋飴を買った。おばさんが紙袋に入れて、紙袋の上端を両手でつまみ、くるくると回してわたしてくれた。

 小遣いは一日5円だったり10円だったり、無かったりで不確実だった。

 自分たちで小遣いを稼いだこともある。
くず鉄を拾い集めてスクラップ屋さんに売るのである。
一升瓶やビール瓶を拾って売る。針金、古釘などの鉄クズを拾って売る。なかでも「アカ(銅)」は宝みたいなもので「アカはにないか」と、四六時中目を光らせながら遊んでいた。アカはめったに見つかるものではないが、たまに道端で発見することもある。
「アカ」が見つかると、集めてボロ屋さんに持って行くと百円近くになることもあった。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
とある日の会話
2011-10-19-Wed  CATEGORY: 未分類


今朝、TVを見ながら食事をとり、そのあと、新聞を広げていた。
ひなたが目をこすりながら起きてきた。

ひ「おはよう」
私「おっ、おはよう、今日は早いね」
ひ「学校に早くいくとよ」と私の横に座る。
しばらくして・・
ひ「ねえ、ねえTV消したら」
私「両方、見よっとよ」
ひ「どっちかにしね」
私「朝は忙しいし、それに、時計がわりにもしているとよ」
ひ「時計なら、あそこにあるじゃん」とTVの横の置き時計に指をさす。
私は、ことさらに視線を紙面とTV画面に交代交代に向けてその場をつくろった。

しかし、どう考えても、孫のほうが筋が通っている。

 一緒に風呂に入った。ひなたは毎日洗髪している。この頃の私は一日おきだ。

私「ひなた。頭洗ってやる」
ひ「じーちゃんが先に洗いね」
私「あとから洗うからいい」
ひ「先に洗わないと、僕も洗わん」
私「じーちゃんは、あまり頭洗いすぎるとハゲになる。ハゲになってもいいとけ?」
ひ「頭は、毎日洗わんといかん」
私「お前は、新陳代謝が激しいから洗わないといかん。じーちゃんぐらいになると、夏は毎日だけれど、秋になったら、一日おきでいいとよ」
ひ「そんなことあるもんけ。はよ、洗いね」

私「・・・・・・・・・」

 仕方なしに、頭を洗う私。


ページトップへ  トラックバック0 コメント1
ハレの日の食べ物。
2011-10-07-Fri  CATEGORY: 貞光町
朝夕は、半袖では涼しすぎる。しかし、日中は、汗ばむほどになるので、ちょっと辛抱して半袖を着ている。


【秋空】

久住の秋

写真は、久住高原。ここから、車で1時間と40分。




そば米雑炊を久しぶりに食べた。徳島からいただいた「スダチ」を絞って食べた。
そば米雑炊

 二年半ぐらい前、貞光をたずねたときに買ったものだ。台所の片付けしていた、娘が発見し「保存食だから大丈夫じゃろ」と、夕食に全員で食べた。
 そば米


うまかった。

するすると何杯でもいける。

そば米雑炊というと祭りなどの「ハレの日」に、よく食べられていた。

 脇町大谷、美馬町郡里、木屋平村、白村に親戚があり、そこで食べた。


ハレの日の料理といえば、ほかには、松茸があった。松茸の吸い物は、椀の中に大きな松茸が「でん」と入っていた。囲炉裏や七輪の上に載せた網では松茸を焼いて食べた。

 焼いた松茸を手で縦に裂いて酢醤油にちょっと漬けて食べる。

 その他には、味噌田楽。「豆腐」「こんにゃく」「芋」などに、竹串をさして味噌だれを塗って、囲炉裏で焼いたり、そのまま七輪の上で焼いて食べていた。

あとは、甘酒。ばら寿司、蒸し団子。

これらは、ハレの日の定番料理だ。

こうしてみると、かなり、贅沢な食べ物を食べていたのだなあと思う。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ペテルブルグ
2011-10-05-Wed  CATEGORY: 貞光町
 ほぼ一日、雨。




 【徳島県、つるぎ町貞光のこと・・】

録画しておいたで「ハイデルベルグ」紀行を見た。

貞光町出身のO教授が「貞光町はハイデルベルグに似ている」と教えてくれていたのを思い出し、録画しておいたのだ。

ペテルブルク゛


本当だ。

たしかに似ている。どことなく似ている。

 西山から見た感じによく似ている。

全然、違うのだけれど「似ている」のだ。

ライン川を貞光川になぞらえると、長橋もあれば、東山も西山もある。

昔の貞光小学校の「講堂」によく似た建物もある。

貞光は、ハイデルベルグのミニチュアみたいだ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
2011-10-02-Sun  CATEGORY: 未分類
 今日は小学校の「運動会」に行った。

 59年間、場所取りはしたことがなかった。子供の頃、父も場所取りはしなかった。


 が、今回、はじめて場所取りというのをやった。

 「激戦区」といわれていた場所である、いい場所を確保することができた。

 111回目の運動会だそうだ。
運動会

 長男・長女の小学校時代は、団が5~6ぐらい数えたが、今は、赤と白の二つしかない。

 
 孫は、今のところ、足はあまり早くはない。

 長男・長女は、小学校1年生から中学まで、対団リレーの選手だったが、孫は、私に似たのか、速くはないようだ。

 しかし、運動会は、久しぶりだ。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2011/10 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。