土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
近況
2011-11-30-Wed  CATEGORY: 未分類
 人生はじめての入院、あれよあれよというまの手術を経験し、退屈な入院生活をおくっている。

 動けば動くほど回復が早いといわれたので、痛みをこらえて朝昼晩、病棟内を歩きまわる日課を過ごしている。

 痛みもかなり軽減され回復基調に入っている。

 食事は、今日から「全粥」になり、もう退院の日も近いだろう。



 健康だと人から云われ、自分も健康だと確信していた。

 と、同時に、いつか大どんでん返しが来るかもしれないぞとなんとなく思っていたのも事実。




 今回、こういう立場になってみて はじめて、いろいろと分かったことが沢山あった。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント6
昭和の食べ物 
2011-11-05-Sat  CATEGORY: 食べ物
例年10月、11月は「天高く馬肥ゆる秋」のたとえ通り、晴天が続く。

 だが、今年の10月、11月はどうだ。梅雨を思わせるような降りが続く。それも、この辺りだけに降る。


 


小学校の頃、現在みたいな給食制度は無かった。学校から遠い生徒以外は、昼休みに一時帰宅して昼食をとり再登校するのが日常だった。その中で、何日間か弁当をつくってもらって持参したことがあった。

 目的は、昼休みの時間に学校の裏山(熊野の森)で山遊びをするためだ。

 弁当を手早くすませた私たちは昼休みの短い時間を、森の中で楽しく過ごた。

 しかし、ある日、教師に見つかってしまった。

  怒られた。

 ペナルティとして、便所掃除1週間が与えられた。私と数人の仲間は雑巾を片手に真面目に罪に服した。


 弁当といえば、正月が過ぎると「餅のつけ焼き」を新聞紙に包んだだけの昼飯を持っていたことがあった。

「つけ焼き」は、焼いた餅の裏表に砂糖醤油をひたしてから再び網の上に載せて焼く餅だ。

 つけ焼きした餅は、時間がたっても固くならなくて柔らかさが維持される。でも、餅にくっついた包み紙を取り除くのが面倒で「ちょっとぐらいならかんまん」と、そのまま食べたこともあった。

 つけ焼きは、現在(いま)、食べても、最高にうまい!! 

 故郷、貞光の餅は、豊富なバリエーションがあった。

 形状では、丸餅 角餅 のし餅。
 
 種類では、白餅 粟餅 たかきび餅 よもぎ餅。

 そのほか、へぎ餅 あられ・・・があった。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
利己的に生きる
2011-11-01-Tue  CATEGORY: 未分類
 


「利己的に生きる」
 
昭和の名人、古今亭志ん生の落語に「黄金餅」がある。

 息子の志ん朝や談志や他の噺家が演じているが、個人的には、やはり、志ん生のがいちばんいい。

 で、この前、久しぶりに聴いた。


 あらすじだけ追いかけると、とても、映像化できないような陰惨きわまりない描写もでてくる。
限りのない欲や、よいこともすれば悪いこともする、・・といった、人間の持つ「業」みたいなものが、話しの中に盛り込まれている。
 
西念坊主が亡くなり、葬礼を長屋で出してやろうということになって、大家が主人公の金兵衛に云う。

「他人(ひと)にするんじゃねえ。みんな自分にするんだ」



 はじめて、この咄をはじめて聴いたときから、強く印象に残っている言葉だ。

「利己的に生きる」とは、この科白そのものだと思う。

「他人(ひと)にするんじゃねえ。みんな自分にするんだ」

 【黄金餅】




ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2011/11 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。