FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
いたんぽ
2012-03-17-Sat  CATEGORY: 食べ物
 今日は、小雨。外気温は暖かめ。でも、ジャンバーをはおって、マスクをしていた。
 今の状態は、免疫力低下しているので、以前のようにはできない。



  いたんぽ

イタドリのことを貞光では「いたんぽ」とよんでいた。ちなみに、宮崎県北では「さど」とよばれている。
これを、あちこち、よく取りに行った。

「いたんぽ」は皮をむいて、そのまま食べたり塩をつけて食したりした。酸っぱくて、そんなおいしいものでもなかったが、今みたいに食べ物が豊富ではなかった当時は、子供にとっては、重要な食べ物であった。
イタドリをWikで調べてみると、外来種だとか。

 以前、徳島に行ったとき吉野川SAの売店で袋に入れた「いたんぽ」を売っていた。
 いたんぽ

 おお、今も、普通に、このあたりでは食べているのだなあ。

 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
<< 2012/03 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.