FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
徳島児童公園
2012-05-03-Thu  CATEGORY: 昭和という時代
昨日は、会社を休んで朝から黒木病院へ。ほぼ一日がかりの治療。
 血液検査、尿検査のあと抗がん剤の点滴を受ける。今回で4クール目、折り返し点だ。あと4クールがすんだら、CTなどの検査が行われ、そのデータを医師が評価し、次の治療方針を決める。

 今回、腫瘍マーカーの試験結果は少し高くなっていた。少し気にかかるが。でも、こういうデータは、日々変わるので、おおまかな傾向だけだし、あまり考えないことにした。

 まずは仕事をする。

 仕事以外では無理しないよう、できるだけ好きなことをすればいい。

 昨日の治療代、薬代24,510円と点滴と診察代46,070円、合計70,580円。前回より、内服薬が減ったぶんだけ安価になった。





徳島市、城山の近くに「児童公園」があった。
今は、跡形もないみたいだ。
 ↓の近くだったと思う。城山の近くだ、多分。
 入口児童公園


二三回は行ったと思うが、今も覚えているのは、昭和38年(1963年)、徳島市で児童の発明展みたいなものがあって、貞光小学校からは、大島先生という女性教師の引率のもと数人の生徒中の一員として行ったのだ。
市内で見たのは、喫茶店の中で先生がご馳走してくれた初めて飲むレモンスカッシュと喫茶店の外の道を走る東京オリンピックの聖火ランナーの姿だった。
そのあと、児童公園に行って、池のモーターボートに乗せてもらった記憶がある。
目的の発明展より、レモンスカッシュ、聖火ランナー、児童公園のボートの体験のほうが強烈だったらしく、今も、目に浮かべることができる。
徳島児童公園2

 徳島児童公園


 この児童公園には、ちょっとした話があって、徳島民法新聞社を退職したばかりの父が「児童公園の管理者になってもらえないか」と打診されたそうだ。しかし、父は、児童公園は選択しないで貞光に帰り、地元新聞発行をして失敗(本人は、失敗とか挫折とかはj全く思ってなかった)し、清貧の生活を送った。
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント2
<< 2012/05 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.