土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
思えば遠くにきたもんだ
2012-08-23-Thu  CATEGORY: 未分類
深夜から、断続的に雨が降り続いている。夏の暑い日差しが指したかと思うと、みるみるうちに雲が広がり、傘なしではずぶ濡れになる雨が降ったりしている。





海援隊に「思えば遠くへきたもんだ」がある。


中原中也の「頑是ない歌」の本歌取りだ。作曲は「ふきのとう」の山木康生。



私は、この歌が好きだ。歌詞は中原中也から引用しているが曲はオリジナルだ。
この中に「二十歳のころの僕はいつも・・・・」というフレーズがある。


二十歳の頃の私は何をしていたのか。

 脇町にある四国ボーリング工業という創業したばかりの、地質調査と測量の専門会社に勤務していた。私は、測量の仕事に配属された。

 父の使いで町の洋品店で社長に出会った。当時の私は、高校卒業後に就職した会社を辞めてふらふらしていた。旧・貞光町の町章を作った洋品店主が「この子は、白浦はんの息子はんで工業高校の土木科を出ているんでわ」と紹介した。

 社長は、私を見つめて、名刺を手渡しながら「遊びに来んで」と誘った。

 二、三日してから、自転車にまたがり隣町にある四国ボーリング工業を訪ねた。
ちょうど、会社の慰安旅行に出発する直前というタイミングだった。

 社長から「あんたも乗りない。一緒に行こうや」と云われ、素直にバスに乗り込み社内旅行に参加し、一泊して戻ってきたら、いつのまにか社員になっていた。


 社長からは「工業高校の土木科を卒業した子なので楽しみだ」みたいに、期待をかけられているのがなんとなくわかっていたのでプレッシャーがあった。

 しかし、工業高校土木科を卒業したというものの、期待は大外れで、習ったはずの机上の知識もあやふやだし、社会人としての責任感の自覚もなく、全く、実務には役に立つことがなくて足手まといばかりしていた。

 それでも、社長や先輩から、仕事の手順や、心構えまで、ひとつひとつ根気よく教えてもらった。また「あれではいかん」というような反面教師の存在も居たりして「社会とはどういうものなのか」をここからスタートさせてもらった。

 社長は、社員思いのやさしい人であった。しかし、仕事には熱く厳しく、何度も怒鳴られた。私生活のことで助けられたりもした。



 本当は辞めたくなかったのだが家庭の事情で延岡に行く事になった。延岡に行っても一段落したら、四国ボーリング工業に復帰するつもりでいたし、社長も「いつでも帰って来いよ」と見送ってくれた。

 四国ボーリング工業に在籍した期間は2年にも満たなかったが、私にとっては、たいへんお世話になった会社である。
 今も、二代目社長(現在は会長)と親しくお付き合いさせてもらっているし、いちばん古株の同僚のT君も健在で、電話でやり取りしたり、専門工事の件で助言してもらったこともある。

来月のはじめには延岡に移って満39年になる。「すぐ、戻ります」という先々代社長との約束は全く果たせなかったが、来年の同窓会の折に、機会があればご仏前で「お久しぶりです」と手を合わせたいものである。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2012-08-22-Wed  CATEGORY: 未分類

 お盆が過ぎて、少しずつ、少しずつ、暑さが緩和されている。山では、つくつくぼうしも鳴きはじめている。

 


吉田拓郎の初期のころの作品に「兄ちゃんが赤くなった」という歌がある。
私は、この歌を耳にすると決まって思い出すシーンがある。



それは、これだ。

 小学校低学年の頃、兄が高知県のダムの現場から正月に帰省したとき一度だけ国金書店まで連れていってくれた帰り道での情景だ。

 兄が買ってくれた「ぼくら」だか「少年」だかの漫画雑誌を小脇に歩いていたら、貞光劇場の付近で、東山も西山も積雪で白くなっていた風景が目に入ってきた。そのときの印象が今も残っていて「兄ちゃんが赤くなった」を聞くと、この情景がよみがえってくるのだ。

 歳の差が十三年離れていた兄は、私がもの心ついた頃には、県外で仕事をしていた。盆と正月になると家に帰ってきた。家に戻ると、連日、昼ごろまで寝ていて午後から夜遅くまで友人のところで遊んでいた。
酔っぱらって帰宅したときは、私を抱きかかえたまま寝てしまい、兄を起こすのも気の毒なような気がして、私は、暑くて、酒臭くていやだったけれど、抱きすくめられたまま、じっと辛抱していたこともある。


 今は、同じ県内に居ても、昔と同様に盆と正月ぐらいしかゆっくりと会えない。

 この頃は、私の体調を本人の私よりも真剣に心配してくれて「どうか。大丈夫か」と電話をかけてきたり、癌治療方法に関するいろいろな資料を送ってきたりしてくれている。

 兄自身も二十年ぐらい前に腎臓がんで片方を切除しているし、けっして本調子ではないけど、私のことを心がけてくれている。


 ほんと、ありがたいことである。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
同窓会
2012-08-15-Wed  CATEGORY: 未分類
 一昨日の夜、携帯が鳴った。

 「おっ、何かあったのか」と携帯の画面をのぞいたら貞光小中学校のときの同級生の「さとっちゃん」からだった。

 なんでも「今、皆と飲んでいる。お前と話したいというので、替るね」という。

 谷やマミーと話をした。50年近く、会っていない同級生たちだ。

 還暦同窓会を企画していて、その打ち合わせをしているとかで「お誘い」の電話であった。

 行く、と返事をした。

 

 

 いままで同窓会には一度も参加していないが、今回は、なんとかして出たいものだ。


 しかし、四国と九州は目と鼻の先で近いのだが、公共交通機関は不便だ。

 四国に行くには①大分からフェリーで渡り車を運転していく。②延岡から小倉で新幹線に乗り換え岡山から坂出に渡り、レンタカーで徳島に行く。③宮崎空港から大阪を経由して高松なり阿波踊り空港に降りてレンタカー。
 
 ①か②で行ってみよう。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
庭は通り抜け自由  地縁・血縁
2012-08-07-Tue  CATEGORY: 昭和の話
徳島の我が家の南隣りには見上げるような高い土塀があった。


 阿川さんという、造り酒屋の壁だ。土塀の中を見たかったけれど、二階からのぞいても内部は見えなかった。

 こんな風であった。↓  ↓
    阿川酒造


 西隣には二階建ての貸家があった。
 ↓の写真の奥がそうだ。(子供は、私・・)
 庭 昔


 下は土蔵みたいになっていた。明かり取りの小窓が少しあるだけで、中に入ると昼でも真っ暗闇に近かった。
 この土蔵の中に、かつては2家族が住んでいた。0さんの4人家族は、入り口から入って左側に位置していた。もう一人は、一人暮らしの青年で入り口の斜真向かいにあった。この青年からは幼い私は遊んでもらったらしいのだが、あまり記憶にはない。

 土蔵の上は、2軒長屋になっていて左側にMさん家族、右側には一人暮らしのKさんが暮らしていた。やがて、Mさんは町営住宅に引越して次はTさんの家族に替わった。

 その向こうには、中庭があり、離れみたいな家にOさんの家族が住んでいた。さらに、その向こう側に大家さんの家があり県道(一宇街道)に面して玄関があった。

 この貸家に住んでいた家族(9名~12名)は、全員、我が家の中庭を流れる排水溝の蓋を、かたん・かたんと鳴らしながら出入りしていた。

 昔は、よほどのことがない限り、個人の庭は通りぬけ自由だった。家の中庭を無断で通っても誰もとがめだてはしなかった。

 例えば、小さい頃の私が、母から「豆腐を買ってきて」と言いつけられたとする。

 私は「はーい」と、母からもらった数枚の十円硬貨を握りしめ、お皿を片手に、谷さんと香川さんの間の狭い路地を通り抜け、岡本さんの中庭を通り、さらに津司さんの中庭を通りぬけて町道に出て、東出商店(豆腐屋さん)に行く。帰りは、お皿に載せた豆腐を絶対に落とさないように、きた道をそのまま歩いて帰る。

 このように、当時の、個人の庭は、往来も兼ねていた。

 どこかに行くときも、曲がりくねった道を通らないまま、人様の庭を黙って自由に最短距離で歩いていけたのである。

 いわば、当時の個人の庭は「社会的共通資本」みたいなもので、それが「常識」であったのだ。


 当時は、家族・親族や地域のつながりが強く、地縁・血縁の中で助け合いながら生活していた。

 今は、それぞれの家庭が独立して暮らしていけるような生活様式に大きく変わった。各家庭、各個人が自由を求めた結果だ。

 この変化が、グローバリズムの始まりだったのだろう。

 今は、全体的に生活水準や情報量が向上し、第三者に依存しなくても「個」でも生きていけるような変化してきている。

 そして、さらに、世の中の制度や考え方すべてが、さらに「個」にシフトするように加速している。

 公共工事の入札制度でも「個」である「配置技術者」の評価が受注に大きく影響しているし、さらに評価の重みも高く設定されるように制度改革が計画されている。

 年金制度も世帯単位から個人単位に移行するような風潮がみえる。

「おひとり様」とか「個食」という言葉を耳にするようになってきたし「孤独死」という嫌な言葉も出ている。都会では、昔では考えられない「餓死」も出てきている。

「個」の時代。

 グローバル化の波のなかで、安定した仕事が失われ、閉塞感が漂い、県、市、企業、公務員、民間人、個人・・と全てにおいて格差が拡大し続けている。


 私が子供の頃も、お医者さんの子供や小売り店舗なとの裕福な家庭もあったし、貧富の差は今よりも歴然としていた。でも、なぜか「格差」などはあまり意識したことはなかったし、そもそも「格差」という言葉を耳にすることもなかった。、不平不満も少なかったと思う。多分「みんな同じだ」という感覚だったのだと思う。物質的なものは不足していたかもしれないが今よりも豊かに暮らしていたように思える。


 先の見えない、閉塞感が漂う今のような時代には、昔のような家族・親族や地域のつながりや、地縁・血縁の中での助け合いが必要と思われるが、求めても、得られないのだろうか。


 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
雑感
2012-08-05-Sun  CATEGORY: 未分類
台風11号が沖縄に向かっている。そのせいか、天候も不安定気味だ。

このところ体調はいい。薬を中止して約3ヶ月が過ぎようとしていることを思うと、当たり前といえば当たり前なことだ。
腹部の縫合跡が引きつったり、次の検診日が近づいたりした場合に、自分の置かれた状態を思い出すぐらいだ。

明日の月曜日は定期検診の予定だ。血液検査のデータを見るのが楽しみなぐらいで、今回の検診には全く不安感は無い。

喉元過ぎればなんとやらで忘れてしまっていて危機感は消えかかっているみたいだ。

白血球や赤血球がどのくらい回復しているのか。(免疫力が復元してきたか)
コレステロール値は増えたか。
   肝機能はどうか。
腫瘍マーカーの数値は減ったか。


結果が楽しみではある。




 技術士試験のことを「足の裏の飯粒」と云った人がいる。

 そのこころは「取っても食えないけれど、取らないと気持ち悪い」という意味合いだ。

 うまい表現だ。

 今日の日曜日は、技術士筆記試験が全国各地で行われている。

 この暑さのなか、大変だなと思う。

 自分も、何もなかったら、今日あたりは、福岡市で受験していたかもしれない。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2012/08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.