土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
蛇谷川その3  おわり
2013-05-21-Tue  CATEGORY: 未分類
蛇谷川を上流に歩いていくと砂防ダムがある。この銘板は昭和28年となっている。

コンクリート診断士の視線で構造物を見渡してみた。表面の経年劣化はしかたないとしても、これはというような劣化や不具合は見当たらない。まだまだ現役の砂防ダムとして役にたってくれそうだ。



これも「いい仕事していますね」である。



 昭和28年といえば、終戦後の物資の欠乏していた頃で、今みたいに生コン会社などもなく、宮崎県の直営施工により、現地でセメント・砂・砂利・水を混ぜて施工したと思われるが、出来栄えも品質についても、60年後のこんにちになって、現在の構造物と比べて少しも見劣りしない。

砂防ダム


 途中、両岸をつなぐ橋が架けられているが、今は「通行止め」になっている。なぜ、通行を規制しているのかと下に回って目視したら、内部の鉄筋が錆びて膨張しコンクリートが浮いてボロボロになって剥落している。劣化グレードはステージⅳの劣化期である。

塩害


 劣化の原因は、コンクリートの中性化も多少は影響しているが、これは「塩害」である可能性が濃厚だ。
いわば塩害の見本みたいな事例だ。



 このあたりは、海に近いので、コンクリートに使う砂は海から運んできたのだろう。塩分を大量に含んだ海砂をそのまま使ってコンクリートを練ったのだ。



 コンクリートの中に鉄筋を入れるのは当時の最新工法で「塩害」などは想定外だったにちがいない。今みたいに除塩することもなく、そのままコンクリートとして使われ、長い時間の経過のなかで酸素や水の劣化因子も作用し、内在鉄筋が腐食し現在に至ったと思われる。

 ところでスラブの下面には型枠の隙間からのモルタルのこぼれを防止するためなのか、セメント袋が敷き詰められていたようで「日本セメント會社」の文字の残るセメント袋の残骸が残っている。

セメント袋


ちなみに一袋あたり「正味」50kgと印刷されている。

 高校3年の冬休みの土木のアルバイトで、現場でコンクリートを練ったことがあるが、その頃は50kgもあり、えらく重かった記憶がある。この業界に入った頃は40kgに変わっていて、今は25kgまで減量してきている。



 この橋梁も、護岸と同じ頃の施工だと思われる。この頃の、こんな田舎では、鉄筋コンクリートなんぞは珍しかったのではなかろうか。当時は鉄筋の代わりに「竹」を使ったこともあったらしく「竹」だったら、強度は弱くてもこのような劣化はなかったかもしれない。

 昔は「鉄筋混疑土」と書いて「鉄筋コンクリート」と読ませたという、そんな時代だ。



 こうしてみると「鉄筋」は、コンクリートにとっては「異物」でしかない。でも「異物」のおかげで、大きな荷重にも耐えられ大きな構造物も創られるようになってきた。ところがその一方では耐久性を損ねる原因も作ってきた。



今、我々が施工している鉄筋コンクリート構造物が、100年持つのか、持たないのか100年経過しないとわからないが、先人たちがいままで積み重ねてきた失敗をもとに設計施工されているので、個人的には100年はおろか、もっと永い将来にわたり耐久性は備えていると確信している。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
蛇谷川その2
2013-05-20-Mon  CATEGORY: 未分類

先日は、上流部まで行き、三面張りの区間に下りて谷川の中を歩いてみた。

護岸

両岸は、間知石の空積となっている。

念のため説明するが「間知石」は「「まちいし」とはいわない。土木の専門用語(?)で「けんちいし」という。

なんで「けんちいし」というのかは知らない。ついでにWebで調べるてみると「6つ横に並べると1間(約180cm)になることから名付けられた」と書かれていた。

空積というのは「からづみ」といって、今は使われなくなった死語のひとつだ。これも土木の専門用語で、「目地にモルタルを充填する場合には練積(ねりづみ)、何もしない場合には空積(からづみ)という」となる。



無名の職人がノミとハンマーで凝灰岩を削りながら調整して積み上げて施工したのだ。



このようなきれいな護岸を見ると、宮本常一が「庶民の発見」で書いていた一文を思い出す。



「金をほしうてやる仕事だが決していい仕事ではない。・・・泣くにも泣けぬつらいことがある。子供は石工にしたくない。しかし自分は生涯それでくらしたい。田舎をあるいていて何でもない見事な石のつみ方をしてあるのを見ると、心をうたれることがある。こんなところにこの石垣をついた石工は、どんなつもりでこんなに心をこめた仕事をしたのだろうと思って見る。村の人以外には見てくれる人もいないのに・・・」と。「やっぱりいい仕事をしておくのがいい。おれのやった仕事が少々の水でくずれるものかという自信が、雨のふるときにはわいてくるものだ。結局いい仕事をしておけば、それは自分ばかりでなく、あとから来るものもその気持ちをうけついでくれるものだ」。



谷の所々には「床止め工」があり、脇に銘板が設置されていた。
銘板


 みると、昭和28年から29年頃にかけて施工されたということがわかる。私が生まれたのは昭和27年だから同級生といってもいいだろう。護岸として大規模な出水にも崩れることなく半世紀以上にわたり機能しているのだ。

どこにでもある日本の風景だが、これも「土木遺産」の一つだ。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
蛇谷川その1
2013-05-19-Sun  CATEGORY: 未分類


自宅のすぐ近くを「蛇谷川」という小規模河川が流れている。祝子川にそそぐ二次支川である。
正式名称は「一級河川五ヶ瀬川水系蛇谷川」といって河川延長は2.5キロほどだ。

近隣の人たちの散歩や通学路として河畔が利用され、私の毎日の散歩コースにもなっている。

「蛇」という名前の「云われ」「由来」に興味があるが、ここではそのことには触れない。



二十年ほど前は、生活排水で汚染され川に近づくと悪臭がしていたが、近年にかけて下水道が整備されて清流がよみがえり、夏の夜にはホタルが舞っていたりする。

小魚を追って何種類かの水鳥も暮らして居る。鳥たちは人なれしていて、近づいても飛び立とうとはしない。



 今朝は、7羽の幼子を引き連れたカルガモの親子が水草の間を泳いでいるのを見た。母カルガモが子らを守るように泳いでいた。
 カルガモ


 どこにでもあるような小さな河川だが、台風シーズンになると一転して暴れ川になることもたびたびで流域には水害をもたらせてきた。8年前にはこの小さな川が氾濫し我が家も床上60センチの浸水被害を受けた。
 浸水

 もう、あの水害から8年経過している。
 その後は、大きな水害は起きていない。
 理由は、このところ、昨年の九州北部水害のような雨が降っていないこと。それと、河川整備の効果が表れていることだろう。

 しかし、今年あたりは、また豪雨に見舞われるかもしれない。
 
 梅雨末期、台風シーズン・・が来る。

 こうしてみると、日本は自然災害の多い大地だなあ、と思う。



 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
面白いこと。
2013-05-13-Mon  CATEGORY: 未分類
今日は、検診結果を聞くために主治医のところまで行った。

 月曜日だからなのか、病院は混んでいて長く待たされた。

その間、正岡子規の「墨汁一滴」を開いてみた。読みやすい個所を拾い読みしたのだ。

「それについて思ひ出すのは前年やかましかった人種改良問題である。もし人種の改良が牛の改良の出来る者とすれば幾年かの後に日本人は西洋人に負けぬやうな大きな体格となり力も強く病もなく一人で今の三人前も働くやうな経済的な人種になるであらう。しかしその時日本人固有の品性のうまみは存して居るであらうか、何だか覚束ないやうにも思われる。」



 明治時代は、西洋人に劣等感を持っていて、人種改良などが本気で言われていたようである。

 品性が失われることを子規は危惧していた。

 おもしろいなあ、と思う。




話は変わる。

 アンドロイドのアプリに面白いものがあったので試してみた。

 お札が勝手にしゃべり出す「お金占い」である。

 CIMG9261.jpg

 技術もさることながら、この発想がおもしろい。





 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
顔パス。
2013-05-12-Sun  CATEGORY: 未分類
久しぶりの更新。

このところ晴天が続いていたが、に三日前は朝から弱い雨が降り続いていた。


連休明けに受けた定期検診では、腫瘍マーカーの数値、CEA、C19-9ともに基準内に収まっていた。

まあ、一安心というところだ。

明日の月曜日は、血液・腹部CT、胸部CTの一連の検診結果の講評が主治医から行われる。

多分、特になにもないだろう。




この前の連休初日(5/3)は、鹿児島の平川動物公園と鹿児島水族館まで日帰りで行ってきた。

家人とひたなとひなたの同級生の4人連れだ。

朝の6時過ぎに出立して、一部未開通の高速道を走り、平川に着いたのは11時頃になった。
地図


 動物園の臨時駐車場に案内されて満席のリムジンバスに乗車した。

ここで、少しショッキングなことが起きた。

 生まれてはじめて、席を譲られたのである。今まで公共交通機関において席を譲ったことはあっても、譲られたことは皆無だった。

 まず、子供たちの席を確保し、つり革につかまっていたら、後ろに居られた家族連れの若いお父さんから「どうぞ、座りませんか」と声をかけられたのである。

「ありがとうございます。でも、大丈夫です。すみません」と遠慮したのだが、若い父親は子供が座っていた隣の席に移り、子供を膝にのせて座ったのである。


私の後ろに空席ができた。

家人に「お前が座れ」といったが「いい」という。

どうしよう。

仕方ない。



 譲ってくれた暖かい気持ちのなかでのなんともいえぬ面はゆさ。そして、席を譲られるような雰囲気をかもしはじめた私自身。せっかく譲ってくれた方にも悪い。

「ありがとうございます。遠慮なく座らせてもらいます」と素直に座らせてもらった。



 別になんのことのない車内風景ではあるが、私にとっては、まあショッキングな出来事ではあったのだ。

 
 この頃は、映画館に行っても「免許証を見せてください」とは言われなくなった。
 そのまま顔パスでシニア料金で入れるのである。
 野暮なことを強いられないのはいいのだが・・・・・・。

 



はじめて訪れた「平川動物公園」は、広大で山や谷に囲まれ、動物の種類も豊富で、今まで行ったなかでは、ベスト1に数えてもいいような動物園であった。
 虎



 そのあと、帰りに鹿児島水族館に立ち寄り、イルカショーを見て、5時頃に鹿児島を出て帰宅したのは9時頃になった。
 水族館

往復500キロ以上。
 
 意外に疲れなかった。
つづきを表示
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2013/05 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。