土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
紅白歌合戦
2013-11-27-Wed  CATEGORY: 未分類
紅白歌合戦の出場歌手が決まったとか。
 
半数以上は、見たことも聞いたこともない歌い手ばかりだ。ひょっとしたら、再結成されたタイガースでも出場するのかと思いきや、横文字ばかりの名前が目立ち、どうでもいいかなという感じだ。

 そもそも、紅白歌合戦などというのは真剣に見聴きするものではない。

 故郷で過ごした今年の正月みたいに、紅白をBGM代わりに、画面など完全無視して、旧友たちと飲んで騒いで新年を迎えるというのが最高と思うけれど・・・・なあ。

 こういうときにいつも思うのは、四国にあんな大きな橋を三本も架けるぐらいなら、せめて一橋ぐらいは大分と愛媛の間に選定すればよかったのにと。

 鳴門大橋、瀬戸大橋、そして「豊予大橋」といった具合に。

 豊予大橋

 豊後海峡橋

 豊予海底トンネル
 トンネル

  ・・・・・・愛媛県のHPから



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
戦争を知らない子供たち
2013-11-26-Tue  CATEGORY: 未分類
 


 「改憲」だとか「特定秘密保護法案の強行採決」だとか、中国による尖閣への防空圏設定だとか、歳のせいか、不安感がもたげてくるこの頃。

 ♪戦争を知らずに僕等は生まれた
  戦争を知らずに僕等は育った
  大人になって歩きはじめる
  平和の歌を口ずさみながら
  僕等の名前を憶えてほしい
  戦争を知らない子供たちさ
 
 ・・・と、いう70年代の歌詞の意味が、今頃になって、なんとなくわかってきたような気がする。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
朝食
2013-11-20-Wed  CATEGORY: 食べ物

この頃の朝食。

 野菜+果物ジュース(自家製)+ミドリムシカプセル。
 茶碗に軽く一杯の炊き立てご飯。
 緑茶。
ひき割り納豆+塩麹。
大根おろし+しらす干し+塩麹。
味噌汁は豆腐と季節の野菜+自家製柚子味噌辛子+エキストラバージンオイル。
ヤクルトミルミル。
ヤクルト400LT。
・・・・・・といったシンプルなもの。

 (味噌汁に、オリーブオイルと香辛料を入れると、うまくなるように思える)


 以前の朝食。三年前の11月18日の日記を見ると、以下のように書かれている。
 「今朝は、炊きたてご飯、豆腐とわかめと椎茸の具沢山の味噌汁、納豆と海苔、いくらの醤油漬け、濃茶をいただいた。」・・と、ある。

昔との相違点。
ワカメ、海苔、椎茸などは、術後の腸閉そく予防のため、できるだけ食べないようにしていたのが今も継続されている。また、腸内善玉菌をかなり意識している。

このほか、昔は飲まなかったコーヒー。今は、自宅で挽いたのを水筒に入れて持ち歩いて飲んでいる。
あとは、アルコールはやめたこと。その代りといったらヘンだが、餡子系のデザートを毎日食べるようになったこと。例えば、大福もち、だんご、饅頭、羊羹、甘納豆、ぜんざい・・といったもの。
取り過ぎると、多分、よくないかもしれない。でも、これだけは「体によくないといわれてもなぁ」というところである。

抗がん剤で味覚が感じられなかった一時期、唯一、甘味だけは私を裏切らなかった。

元々、私は甘党だったはずなのに、いつのまにか忘れて甘味から遠ざかっていたのに、抗がん剤服用をきっかけに、再び、甘党に目覚めてしまったみたいである。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
熊本城
2013-11-16-Sat  CATEGORY: 未分類
 昨日から、会議のため泊まり込みで鹿児島から熊本まで新幹線で行ってきた。

 オレって、いつのまに神経質になったのかなあ、と思うぐらい、夜中に何回も目が覚めた。

 で、朝の5時前から散歩に出た。ホテルのすぐ近くが熊本城。

 熊本


CIMG9447熊本城

 暗い中を、行先も定めず1時間ばかり歩き回った。大勢の早朝のジョギングや散歩をしている人に会うたび「おはようございます」とお互いに挨拶して行き過ぎる。

 熊本城は、さすがに広い。ホテルに帰ったら汗ばんでいて、朝ぶろに肩までつかってきた。

 熊本城は散歩やジョギングには最適だ。こんなところが近くにあるといいなあと思った。

 ただ、それだけのこと。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
緊張と緩和
2013-11-13-Wed  CATEGORY: 未分類
昨日、なにげなくTVを見ていたら・・何のTVだったか・・あ、今 思いだした。NHKの朝ドラ「ごちそうさん」だ。主人公が、竈に薪をくべて火吹きだけを吹いて煮炊きをしている場面や、井戸端で衣類を洗濯たらいと洗濯板でごしごししているシーンが出ていた。

この風景は、子供の頃、母の日常風景である。なんとなく、なつかしかった。

 電気洗濯器が我が家に来るまでは、庭の排水溝の上に洗濯たらいを置いて、台所にある一か所しかない水道からバケツで何回も水を運び、洗濯石鹸と洗濯板でシャツをごしごしと洗っていた。昔の主婦は、毎日、大変だったのだろうなあと思う。(今の主婦も、大変なのだろうけれど。)




 定期検診の 診断結果が出た。前回、腫瘍マーカー(CEA)が基準値をそこそこオーバーしていたので「もしかしたら」と、内心ではびくびくしていて、それなりの覚悟もしていたのだが、今回、マーカー値は基準内に下がっていた。CTの画像にも「明らかな浸潤影や腫瘤影は認められず・・・略・・」ということであった。
 CT肺


 ひとまずは「ほっ」としているようなところだ。

 今までの、生活習慣を維持していこう。



 

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
中庸
2013-11-11-Mon  CATEGORY: 未分類

快晴。 朝の車外気温10℃。

 朝の散歩、見上げると冬の星座オリオン座が西の山の端に沈もうとしていた。


 オリオン座といえば、オリオン座大星雲やペテルギウスだ。三ツ星付近にある大星雲では星々が誕生しようとしているし、左肩の部分に位置しているぺテルギウスは今にも超新星爆発を起こそうとしているという。その「今」は、明日か、それとも百年後かはわからないとか。もし、百年後だとしたら、すでに五百四十年前の足利幕府の頃に爆発を起こしていたという、想像できないぐらい遠いところにある恒星。
 オリオン座


 大きさは「ベテルギウスを太陽系の中心に置いたとすると、火星軌道を大きく超え、木星軌道の近くまで達する」という規模だ。まさしく、なにもかもが天文学的大きさだ。
そんなこんなを思いながら散歩した。




昨日、本屋に行ったら、あ、いいなと思う題名の本があった。著名な長野県の鎌田医師が書いた本だ。

  「〇に近い△を生きる」

 うまいことつけたなあと感心する。中身は読まなくても、この本の名前だけで、すっと入ってくる。あまりにも、すとんとくる標題なので、手にも取らなかったが、やはり、中身を確認してみたい気持ちになってきた。
 いつか、購入しよう。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
からたちの花
2013-11-09-Sat  CATEGORY: 未分類
歌手の島倉千代子さんが肝臓がんのため亡くなったとか。75歳。

私より14歳上、長兄より1歳上か・・・・・・・。55歳の頃、乳がんの手術を受けられたという。乳がんは他の一般的なそれよりも進行が遅いといわれているので、確率としては少ないと思うが、もしかすると肝臓に転移・再発したものなのかもしれない。

島倉千代子さんといえば、私にとっては「からたちの花」である。

小学校4年生の頃、北校舎にあった教室の北側に、細長い中庭があった。知る人ぞ知るといった風情で、いつも薄暗く児童が遊ぶような空間ではなかった。そこに、棘のある常緑樹が生垣として植えられていた。誰かから「これは、からたちだ」と教えられ「からたち、からたち、からたーちのはぁなー」などと口ずさんでいたことが思いだされる。


 そのあと「恋しているんだもん」という歌の「♪地球もちっちゃな星だけど 幸せいっぱい胸いっぱい~」という歌詞の部分を、同級生のK西が「おなごがいっぱい 風呂いっぱい、だって・・」などと替えて歌っているのを聞いて、笑いつつも、ついつい女風呂の天井から見ている自分を想像してしまい、幼心になぜかドキドキしたことが思い出される。

とにかく、私にとっては、いろいろなことが思い出される大好きな歌手のひとりであった。

 
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2013/11 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.