土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
新旧
2015-09-27-Sun  CATEGORY: 未分類
元気です。




 クリニックの待合室。ふと思い出してバッグからタブレットを取り出して、青空文庫の「恥」を読んだ。前日のTVで芥川賞芸人の方がおもしろいと言っていたのを思い出したのだ。
 久しぶりに読む太宰治の短編小説だ。
 たしかに、面白い。ときどき顔がにやついていたかもしれない。読みながら「さすが、上手い文章だな」と感心してしまった。

 昔、太宰治を読んでいた頃は「太宰治の本は毒だ」と思ってた。毒だと思いつつもなかなかやめられなかった記憶がある。
 今、こうして再読してみると、歳をとったせいか、ちがった印象を抱かせる。

 本は紙だ、紙の本こそが読書だ、という気持ちは今も変わらないが、こういう面白い短編を読むと、たまにはタブレットで読むのもいいなあと思う。便利は便利だし。

 記事とは無関係写真
    昔と今の喜来の渡し(吉野川 貞光)
 喜来 昔

喜来 今





スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
無題
2015-09-23-Wed  CATEGORY: 未分類
元気です。




この前の定期健診(検診ではない)。
採血、心電図、血圧、便潜血のみを調べてもらった。レントゲンの類は、頻繁に被爆しているのでやらなかった。
結果、特に異常なし。
腹囲も3cmほど減っていた。

ここ数年間というもの、大の甘党に戻り、大福餅やどら焼き等のたぐいを毎日2個以上は食べ続けていた。
「血糖値」の変動が気になっていたのだが、今のところは「血糖値」も異常はしめしていない。
元々、体は健康なのだ。多分。でも、油断はしないようにいこう。

小説「光圀伝」が面白かった。時々、目頭が熱くなる。「天地明察」で脚光を浴びた若手作者は、この前、内々の問題で警視庁に拘束された人だ。井上ひさしも似たようなことを聞いたことがある。

 プロ作家のキャラクターと作品は別物だ。作家自身の性情や人間性がどうあろうとも、面白いものは面白いし、胸を打つものは胸を打つのだ。作家と作品は別物と考えればいいのだと思う。

今日の写真
水鳥たち
鴨





ページトップへ  トラックバック0 コメント0
2015-09-15-Tue  CATEGORY: 未分類
元気です。




朝夕、かなり涼しい。
朝の散歩も少し暗くなっている

日の出
日の出

日の入り
日の入り



今回の栃木、茨城、宮城の大水害。破堤の原因は越水ということらしい。越水しても破堤しないような堤防とかあれば、被害も軽減されるだろうなと思う。いつ、どこで起きてもおかしくはない、明日は我が身的な災害だ。ソフト面、ハード面において、徹底検証して、これからの教訓になればいいと思う。



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
四十二年という節目。
2015-09-07-Mon  CATEGORY: 未分類
元気です。




本日で、現在の職場に勤務して、まる四十二年目となる。私には誕生日よりも感慨深い。誕生のときなど当然記憶していないが、入社当時のことは断片的に思い起こすことができる。
四十二年間、会社の成長に携わることができた。社内外の変化も見ることもでき、いい経験をさせてもらっている。





明日は、朋あり遠方より来る、である。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
44歳になりました。
2015-09-03-Thu  CATEGORY: 未分類
おかけざまで元気させてもらっています。




今日で63歳となった。生まれて太陽の周りを63回転したのか。
来週の月曜日も、現在の会社に勤務して42年目ということになる。
長いようでいて短いような気がする。

 この前、筑紫哲也の「旅の途中」をパラパラと読んでいたら「人生七掛け説」のことが書かれていた。人生五十年、そこが一応の到達点とされて人は生きた。平均寿命が大きく伸びた今では、人はもっとゆっくりそこに達する。実年齢の七割掛けで人の成長度をみたほうがよい・・という説だ。

 たしかに、三十年前に入社した(今のベテラン連中)の新人時代と、この頃入社してきた新人と見比べてみると、そういう傾向があるのも了解できるように思えるし、私が結婚した頃は、たしかに精神年齢は15,6才だったようにも思える。

 七掛けでいくと、63×0.7、まだ44歳ぐらいだ。
 鏡の中の私は、みるからに年寄りだ。しかし、実態は、まだまだ、変化に対応できる可能性を秘めている年頃なのだろう。
 そう思うことにしたい。

 ちょっと調べてみた。日本人男性の平均寿命が、信長の「人生五十年」に達したのは昭和22年。
 私がこの世に生を受けた昭和27年では男子の平均寿命は61.9歳となっている。今は男女平均して84歳ぐらいだ。
 すると「七掛け」ではなく「六掛け」ぐらいかもしれない、なんて。

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2015/09 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.