土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
入札
2007-06-20-Wed  CATEGORY: 建設
 宮崎県は、条件付き一般競争入札になっている。市町村も、同様な制度を導入している。
 条件付き、とはなっているが、ほとんど一般競争入札というのが実態だ。つまり、価格競争。安ければいい、である。
 しかし、最低制限価格というのが決まっていて、それ以下で入札すると「失格」となる。
 この最低制限価格というのは、だいたい75%前後になっている。つまり、設計価格の75%で落札しているのである。
 全県から40社以上が応札する。この中で受注するのは、ギャンブルと同じなのであり、もし、落札しても、利益が出ないのである。

 このままいくと、今年中には、多くの地場中小建設産業が破産したり、廃業においこまれてしまう。

 地場の建設産業は、農林水産業しかない地方にとっては、経済効果、雇用の確保など、重要な基幹産業なのである。

 建設業から新規分野へ・・という役所の方も多いが、なかなか出来ないでいるし、出たとしても多くは失敗しているのが現状だ。

 建設産業が衰退すれば、地域も衰退してしまうだろう。災害が発生したとしても、従来のようには、いかないだろう。

 私は、建設業に従事している人間なので、どうしても、偏りがあるだろう。
 でも、でも、建設産業が無くなってから、気がついたとしても、後の祭りなのである。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.