土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
うーむ。
2010-06-07-Mon  CATEGORY: 未分類
 午前5時33分起床、室内温度23度、外気温19度、小雨の朝。 
 炊きたてご飯、豆腐とワカメと大根の味噌汁、納豆と海苔、うりの味噌漬け、濃茶をいただいた。

 
 

 何がうまい、といっても炊きたてのご飯より、うまいものはあまりない。

 ひなたは、それをおにぎりしてもらって食べていた。

 横で見ながら「いちばん、うまい食べ方だなあ」と私。
 「贅沢な食べ方だね」と家人。

 昔は「銀飯」ともいったが、まさに、米粒がぴかぴかと光沢を発している。

 今は、毎日、白米を食べていて、うまいのだから、いつも麦飯を食べいて、ハレの日だけ、白飯を、羽釜で炊いて食べた何十年か前の炊きたてご飯は、いまよりも、うまかったのだろうなあ。



今日は、何も書くことが思い当たらない。

 では。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.