土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
現場踏査に。
2010-06-09-Wed  CATEGORY: 未分類
 午前5時35分起床。天候は晴れ。室内温度21度の朝だった。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと白菜の味噌汁、海苔、大根おろし、たくわん漬け、濃茶をいただいた。納豆は、切らしていたのか食卓には出てこなかった。 




今日は、大分県境から、鉄道の現場を踏査しながら南下してきた。
 この鉄橋は、大正10年頃に施工。今も現役で供用している。
 昔の職人は「いい仕事」をしている。

 北川橋梁2

 施工中の写真
 施工中の北川橋梁
 「延岡と日豊線」から、無断で拝借。

 橋梁を点検しながら渡る途中で列車に三回ほど遭遇。時速80キロぐらいで轟音とともに疾走してくる。慣れない者は、思わず、吸い込まれそうになるかもしれない。

 帰りも渡る。
 北川橋梁1



昼は、近くで「うな重」を食べた。

この前、有名なうなぎの店、西都の入船で食べた印象が残っていたせいか、口に入れた途端「うっ」と感じ、うな重にしたことを 後悔してしまった。
 しかし、いつから、そんなに贅沢になったのか。そう思ったけれど、うまいものはうまいし、そうでないものはそうでない、と開き直る。

 チキン南蛮にでもすればよかった。




意味はないが、 本棚の一角を撮影。
 本棚1

 コンクリート関係、風の谷のナウシカ、藤沢周平、中沢新一、地質関係の本、夢枕獏、延岡郷土史年代表、柳家小三治、田坂広志、うどん関係の本など、系統も何もあったものではない、のが並ぶ。私の頭の中は、こんなに、ごちゃごちゃしているようである。

 では。

 






 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。