土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
口蹄疫接近。
2010-06-11-Fri  CATEGORY: 建設
 午前5時30分起床。天候晴天。外気温19度の朝だ。
 
 炊きたてご飯、豆腐ワカメ玉ねぎの味噌汁、いくら醤油漬け、納豆と海苔、濃茶をいただいて直接現場に向かった。

 


口蹄疫。すぐそこまで来ている。市内の一部も移動制限範囲に入った。

もしかしたら、耳川で止まり、そのまま終息するかもしれないという気持ちもあったが、ついに、近づいてきた。

午後からは、口蹄疫対応のことで情報を収集。空いている機械や人を調査。

来週あたりは、バタバタになる予感がする。

なので、来週の17日からの東京出張は、キャンセルすることに決めた。




技術士の会のMLから、引用。

ウイルスはPH6~7の中性で生き続けるので、弱アルカリか弱酸性なら2秒で死滅するそうです。だから、石灰や炭酸ソーダ 液、酢が効果を発揮しています。



 この頃は、自分たちの話題も「口蹄疫」のことが多い。
 雑談では「もう、消毒剤の空中散布しかないのではないだろうか」という話が出たりする。

 現に、えびの市では、食酢の希釈液をヘリコプターで空中散布した実績がある。そのことが、功を奏したのかどうかは不明だが、他地区と違って、終息を宣言が出ている。

通行車両の消毒や家畜舎の消毒、移動制限だけでは、蔓延を阻止できないようになっている。

ウイルスは、メインは人の移動だと思うが、風で運ばれたり、虫、鳥、野生の生物、によっても、移動するらしい。

 素人の考えだが、やはり、空中散布しかないのではないだろうか。環境に支障しない「食酢希釈液」や「EM菌」をラジコンヘリや場合によっては普通のヘリで空中で散布することしかないように思える。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。