土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
小三治
2010-06-26-Sat  CATEGORY: 未分類
午前6時起床。天候は雨。雨は、ずっと降り続いている。
今朝は、炊きたてご飯といつものように具沢山の味噌汁、納豆と海苔、濃茶をいただいた。
一旦、社休で無人の会社に出た。少しばかり、することをして、早めに帰宅した。
帰り、橋の上を走行していたら、橋の下で、弊社の河川工事が稼働していた。




そういえば、税務調査が、長期間、来ていないなあ。いくら、なんでも本年あたりは来るものと思われる。

 前回(4年前)には、職員から呼ばれて「裏金を作ってませんか」と唐突かつダイレクトに聞かれたことがある。失礼な人だなあと思いつつ「作っていません」とお答えしたことが記憶に残っている。

 もっと昔、国税が入ったときは、あまりにも「脱税しているに違いない」みたいな追求や調査をされるので「ちょっと、よろしいでしょうか」と断ってこちらから質問させてもらったことがある。

 「あのー、ちょっと、お伺いしますが、こういうお仕事をされておられて、ご自分でご自分を嫌いになりませんか? 私なら、きっとイヤになると思ったものですから」

 担当官は、少し気色ばんだ顔つきで「そんなことはありません。仕事ですから」と答えられた。

 そのあと、こころなしか、追求が厳しくなったように思う。

 教訓1
税務調査官には、逆らってはならない。失礼な質問をされても「何事も修行だ」と冷静に誠実に対応することが大切。





注文していたドキュメンタリー映画「小三治」が送られてきた。

小三治DVD

好きな落語家は沢山いるが「小三治」の大ファンである。名人の一人だと思う。
 (落語協会会長に選ばれたとか・・)

名人と上手の境界は何か。

私の中では、同じ咄を何十回聴いても、感動させてくれるのが「名人」だと定義している。

11月には、名人の一人である「立川志の輔」の来延も予定されているとか。300人ぐらいの小ホールでの独演会になりそうで、これも楽しみである。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.