土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
おいしいトマトをいただいた。
2010-07-01-Thu  CATEGORY: 建設
 午前5時35分起床。室内温度25度、外気温23度。天候は晴れ。 
 
  朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと大根 大根おろし、納豆と海苔、濃茶をいただいた。 
 
 今日から7月。あと六ヶ月で年末。いわば、一年の折り返し点だ。 
 
 今朝、車に乗ろうと、庭に出たら、数羽のスズメがちっちっと鳴きつつ、お隣りの屋根に向かって飛び去った。
 
 何をついばみに来たのか。

 熟れたヤマモモの実があちこちと落ちているのを食べにきたのか。 




 今日は、予期せぬ仕事が取れた。
 取れなくても「いい」と高く入れたら、同業他社はすべて最低制限価格よりも安くて失格していた。

 こういうこともある。

この頃の建設会社の三代目、四代目のトップは現場を知らない方が多い。
 現場を経験していないと図面を見ても理解度が低い。
 なので、ゲーム感覚的なもので、工事額だけを見て「行く」「行かない」を判断する方が多い。

 だからといって「現場を体験した」人が「現場を体験していない」人より、絶対にいいとは断言できない。

 現場を経験した人は、ある種の固定観念があって、そいつが、なかなか、捨てきれない。

 要は、バランス感覚、だと思う。


とにかく、仕事の少ない時期に取れたこと自体は、ありがたいことだ。

 贅沢だと言われるかもしれないが、多少、複雑な心境ではある。



 帰宅したら、水戸市の平和建設様から「トマト」が送られてきていた。

 とまと

 みずみずしくて、甘くて、フルーツそのものである。
 じつに、おいしい。
 普段、トマトを食べないひなたも「僕にも頂戴」と、パクパクと食べてくれた。

 おかげさまで、トマトが食べられるようになったかもしれない。

 長谷川様、ありがとうございます。




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.