FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
総合評価方式
2007-07-10-Tue  CATEGORY: 建設
 昨日、電子入札で入札を行い、それの開札が本日ありました。
 受注できるか、出来ないか、ギリギリのところで入札額を決めていました。

 知りたいのは、評価点です。

 簡易な施工計画の課題は「コンクリートの品質向上について600字以内で書け」というものでした。

 

 弊社は15社中、2番目に位置していました。取るつもりで考えていた額なら、受注できていました。

 明日は、同様の工事の施工計画を提出しなければなりません。同じ内容のことを書くと、同じ点数になります。
 明日は、今回のを踏まえて、さらに高い評価がもらえるような提案を、作成者にアドバイスしたいと思います。

 しかし、他社も、1点が100万円~200万円ぐらいの価値があるので、いかにして高い評価をもらえるか、死に物狂いで努力しているに違いありません。なかには、プロの技術コンサルタントに外注している会社もあるように聞いています。

 でも、施工するのは自社です。他人の言葉を借りて書いてもらっても、それは、上げ底に近いものがあります。

 いちばんいいのは、ヒアリングで、提案した計画の補足説明をすることです。600字という限られた字数では、せっかくの提案も、なかなか、真意が伝わらないものです。そこを、ヒアリングでカバーしたいのですが、この頃は、発注者のヒアリングが実施されていません。

 今度は、受注できるように頑張りたいと思います。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。