土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
2010-07-10-Sat  CATEGORY: 建設
 午前6時丁度に起床。天候は晴れ。外気温23度の朝だ。 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと玉ねぎの味噌汁、黒豆納豆、濃茶をいただいた。 
 
 出掛けに、宮崎市まで研修に行くという娘とひなたを駅まで送り届けて出社した。 
 
 午後からは、杭長さ約60mの施工をしている現場に社内検査に向かう。

 お昼に食べたラーメンがコレ。
 豚骨ラーメン500円
豚骨ラーメン

豚骨らーめん2

店の名前は「磔磔」といって、客足が途切れない人気店だ。
 詳細は このブログに詳しく書かれていた。ほぼ、ブログの感想どおりだ。

 食べ終わって後ろをみたら、いつのまにか満杯になっていて、店内で立ったまま待っているお客が4~5人は居た。

 どこという特徴のないけれど、しっかりしたラーメンであった。



気がつけば、技術士筆記試験日まであと一ヶ月。
今回は、まったくといっていほど「勉強とやら」をしていない。
「勉強とやら」をするため、モチベーションを上げようと、自分を叱咤激励しているつもりだが、なかなか、気持ちをコントロールするのも難しい。
優秀な技術士は「勉強とやら」を、わざわざやらなくても、日常での知識・経験を基に、どういう課題が出ても、弾力的に、すらすらと論述できる人も居るが、私は、そんな、器用なマネも能力も持ちあわせていない。

よし、ヤマをはろう。いや、テーマを絞ろう。

建設一般の課題は「社会資本整備」「コンパクトシティ」「自然災害」をテーマにして考えて、原稿を書いてみよう。
専門の課題は「ひび割れ全般」「ASL」「プレキャスト製品」「非破壊検査」。

これで行く。これ以外が出題されたらお手上げかもしれないが、何も、しないまま試験に望むよりは、いいだろう。

こうしてみると、技術士試験など、こういった資格試験の多くについて言えることは「合格という結果を得るには、モチベーションを如何に向上・維持していくかが大きな要因を占める」ということだと思う。これが、維持できれば半分以上は受かるということだと思う。

とにかくも、方針は、決まったので、明日から、原稿を書くことにしよう。(・・かな?)

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.