土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
現場へ行く。
2010-07-23-Fri  CATEGORY: 建設
 暑かった。
 
 現場に行ってきた。
 まずは、土工事の現場。盛土の「締固め度」の測定をしていた。
RI試験
 RI試験である。
 地中に、ガンマ線、中性子線を飛ばして、盛土の締固め具合を計測する。結果が、すぐに出てくるのでいい。

 次は、杭打ち工事。最後の杭だ。長さが60mと長い現場だ。
 杭施工

 鉛直性がいちばん重要で、少しでも傾くと、施工不能になることがある。
 これも、超音波を使って、鉛直性を確認しつつ施工している。しかし、暇がかかり過ぎる。

 ふと、横の畑を見ると、異様なものが・・・・・・・
ししよけ

 山から猪がおりてくる。畑の作物を食べられてしまうので、弱い電流を流して、畑に入らないようにしている。



 明日は、何もなければ、一日、図書館にこもる予定にしている。
 8/8の試験のための、一夜漬けみたいなものである。

 では。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。