土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
見えなくなったもの。貞光町 うる覚えの記・・
2010-09-04-Sat  CATEGORY: 貞光町
 午前6時15分起床。晴れ。いつものように、朝食をいただいて出社しました。

 昼休み、事務のNさんが「妖怪ってほんとうにいたのですかね」「見たことあります?」とTVドラマ「ゲゲゲの女房」を見て、問いかけられました。

 「妖怪は見たことはないけんど、大きな火の玉が飛んでいるのは見たことがある。そいつを、走って追いかけたら山の斜面にぶつかって消えた。それと、子供の頃、山の中腹に点々と灯る、キツネの嫁入りはみたことがあるなあ」と答えました。



 貞光町うる覚えの記「松原さんのおばさんと狐の嫁入り」

 
 自宅のすぐ北側に、小さな谷が流れていました。西の山からくねくねと街を下り、、我が家の前を流れ、貞光川にそそぎ、さらに下り、四国三郎「吉野川」に合流していました。
 貞光 谷


  谷の、向こう側にある石井さんの物置小屋に、かれこれ五十歳を過ぎたぐらいのおばさんが、一人で住みはじめたのはいつ頃からでしょう。

 狭い土間に板を敷き、その上に、むしろを敷いただけの簡素な住まいで、寝起きしていました。

 
 やさしくて、もの静かなおばさんでした。私の父も母も近所の人も「松原さん」と呼んでいました。

 松原さんは、読み書きはできなかったようで、時々、届いた手紙を持ってきては父や母に読んでもらったり、父が、返事を書いてあげたりしていました。

 近所の子供たちからは「松原のおばさん」と呼ばれていました。

 今から思えば、松原さんは、水道も電気もひいていない小窓も無い小屋で、一人、何を思い、暮らしていたのでしょう。

 

 もっとも、当時は、水道をひいていない所帯も残っていて、近くの井戸までバケツや薬缶を持っていき、水をくみ上げてかえる、そういう暮らしをしていました。松原さんの職業は失体(失業対策事業)で、土木工事の人夫として生計を得ていたようでした。



 私が、小学校4年生ぐらいの夏休みの夜、松原さんの家の前で、何気なく、東の山を見ていたら、黄色っぽい小さな灯りが、点々と斜めに連なって、ぼんやりと光っているのがみえました。
 あれ、なんだろうと思いながら、見ていると、今度は、真横に、点々の灯火が移動して、ひかりはじめました。

 子供心に、不思議な気持ちで眺めていたら、家の中から出てきた松原さんは「あれは、狐の嫁入りでわだ」と、指を指して教えてくれました。そのあ と、松原さんと二人並んで見つめていました。黄色い灯火は、あちらこちらとしきりに移動していましたが、やがて消えてしまいました。

 その後、狐の嫁入りは、今になるまで見たことはありません。あれが、最初で最後でした。

 翌日の朝、灯火が連なっていた山のあたりを見ると、そこは、東山神社のある付近でした。


 この写真の後方の山の中腹に明かりが灯ったのです。
 
 昭和35年頃




 数年後、松原さんは、いつのまにか居なくなってしまいました。どこに行ったのだろうと、住んでいた家の前を通るたびに、思い出していました。

 そして、こういう自然現象(?)も見えなくなってきています。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
狐の嫁入り
コメントななに | URL | 2010-09-04-Sat 22:10 [EDIT]
狐の嫁入りの灯の話は祖母からよく聞いていましたが、未だに見たことがありません
むかし、かまどでご飯を炊いていたころ、黒いススだらけのはがまの底に赤いちいさな火が点々と並んでいる様子を狐の嫁入りみたいじゃと祖母が言っていたのを思い出しました
G3さんとこのお隣さんの石井さんは、質素な生活をされていたと聞いています
亡くなってから多額の浄財を町に寄付していただき、石井基金という形で高齢者のみなさんのために今でも使われております
コメントG3(じーさん) | URL | 2010-09-05-Sun 07:48 [EDIT]
ななにさん。

 石井さんの残されたもののことは、聞いていました。石井基金として有効に使われていて、素晴らしいことだと思います。石井さんは、私の子供の頃から、一人暮らしをされていて、何回か家の中にも「侵入」したことがありますが、質素な生活を過ごされていました。父母が、貞光町を離れるときに貞光駅まで見送ってくれました。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。