土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
トンネル補修
2010-09-22-Wed  CATEGORY: 建設
 午前5時30分起床。天候は晴れ。外気温23度の朝でした。(日昼は、厳しい暑さの一日でした)

 炊きたてご飯、豆腐とワカメと蕗のみそ汁、納豆と海苔、茗荷の漬物、たくわん漬け、濃茶をいただきました。

 朝から、35年ぐらい前に造られたトンネル補修工事中の現場に向かいました。
 トンネル補修

 本日の作業は、覆工コンクリートと地山の間の空隙を特殊モルタルで充てんする仕事でした。予定では、ひび割れ注入、ひび割れ充てん、導水板取り付け、メッシュシート貼りつけ、などの一連の作業を施工する予定です。

 私たちは、普段、何気なく車を運転していますが、現道工事の現場に行くと、近くを走行する車は、すべて飛ばしているような感覚を覚えます。

 立場が変わると、感じも全く違ってみえます。


衝撃弾性波に興味があります。コンクリート等の表面に衝撃を与えて、跳ね返ってきた弾性波を解析して、内部のいろいろな情報を得る方法です。
 応用範囲が沢山ありそうで、興味深いのです。

 まだまだ、知りたい、学びたいものがいくらでもあります。


 明日は、彼岸の中日、仕事は休みます。

 

追記: PRです。
  弊社が企画した分譲マンションです。5棟目になります。はじめて自社施工でなく、他社施工にしたマンションです。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.