土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
ヘン。いろいろ。
2010-09-27-Mon  CATEGORY: 建設
 5時35分起床 天候は小雨 外気温21度の朝でした。
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと具沢山のみそ汁、たくわん漬け、納豆、茗荷(味噌とマヨネーズ)、濃茶をいただきました。 
 
 今日は、目標(希望)としていた工事が落札できませんでした。基準価格を割り込んで失格となり、残念であるし、くやしい思いをしています。
 済んだことなので、また、切り替えて、次に行くしかありません。




 話は変わります。

先日、地元に就職希望の高校生と話をしていたときのことです。

「役所などは受けないの?」
「成績が一番、二番の者が優先的に役所を受験します」

 ・・・という話を聞いて「ん??」と思ってしまいました。私たちの高校卒業時は、どこを受験しようと「勝手」だったし、学校も「県庁? あなたの学力では難しいと思うよ。あなたは○○工務店の面接をうけたほうがいい」みたいなことは、ひとつもなかったように思います。現に、私とあまり変わらない成績の同級生が県庁に就職していましたし・・。
 また、当時は、役所をバカにしていたようなところもありましたし・・。

 成績のいいものが優先的に役所や大きな企業に受験する。そうでないものは、地元や県外の中小企業に・・・・・というようなことを高校や役所などが、選別し、仕分けし、誘導しているようにも思えました。

「それが、今の世間の常識だ」と言われれば、それが現実の姿なのでしょう。でも、私は、何か違和感を感じます。
 感じるだけで、何が「ヘン」なのかを分析できないし、どうしたらよいのかも考えられません。

でも、おかしい。
そう、思うのは私だけかもしれません。


 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.