土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
夜間作業。
2010-10-19-Tue  CATEGORY: 建設
 午前5時33分起床。天候は晴れ。外気温16度の朝。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと大根短冊切りの味噌汁、納豆と海苔、大根おろし、茗荷、それぞれにすだちをしぼり、すだちの皮をおろして、食べた。 
 
 出勤途上に見た朝焼け
朝焼けの空



今夜は、久しぶりに鉄道工事での夜間作業があり、参加する。

 今月と来月で4回ほど、夜間作業が予定されている。

 深夜1時過ぎから夜明け前4時半頃までの3時間とちょっとの間、鉄道の送電を停止してもらって、仕事をするのだ。
 昼間だと列車が走る合間を縫っての仕事であるし、電車の電力は直流二万ボルトが通電されていて、万一、触れたりすると電車は止まるし、人が触ると、一瞬で燃え上がるほどのエネルギーなのだ。

 なので、架線の近くで作業する場合は、送電を停止してもらって、やるしかないのである。

 実際の作業は、時間との戦いで、段取り8分というが、鉄道の場合は段取り95%である。


 ということで本日はこれにて。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.