土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
夜間工事。
2010-10-20-Wed  CATEGORY: 建設
 午前6時30分起床。天候は小雨。 
 
 夜間作業で帰宅したのは4時過ぎ、それからシャワーを浴びたり歯を磨いたりしていて就寝したのは5時。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とワカメと具沢山のみそ汁、納豆と海苔、たくわん、濃茶をいただいて、ひなたを保育園に送ってから、一旦、出社した。 
 
 9時過ぎには自宅に戻り、11時頃まで仮眠をとり、再び出社した。



昨夜の夜間作業は、6名の社員だけで施工した。深夜0時頃から照明などを設置し明け方の3時40分頃まで、小雨に降られながらも順調に進み、予定通りの作業ができた。 

 夜間作業

 この頃の夜間作業は、バルーンライト、LED投光器など、優れものが多いので、こと、照明は助かる。




メーサー

これは、東宝特撮映画に、よく登場している「メーサー砲」だ。いまだかつて、これで怪獣たちを倒したことはないが、私にとっては、なつかしいしろものだ。

 で、こいつの玩具が届いたのである。 (まだ、孫のひなたには見せていない・・)
 メーサー模型

 まだ、箱に入れたままである。
 今度の休みにでも、取り出してみよう。




さて、明日は、雨にならなければ、直接、現場に向かうことにしている。

 明日は、ある現場の最後のコンクリート打ち込みなので、そいつに立ち会うことにしている。

 では。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.