土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
二酸化炭素。
2010-11-12-Fri  CATEGORY: 未分類
 午前5時35分起床。天候は曇り。外気温12度の朝だった。 
 
 今朝は、炊きたてご飯、豆腐とわかめと蕗のみそ汁、納豆と海苔、あげみ、濃茶をいただいた。

 

 
  地球温暖化のデータが捏造されたものだという話しがある。

 私の子供の頃と比べると「暖かくなった」と感じる。百年、千年、万年のスケールで概観すると、たいしたことではないかもしれない。
 
 たしかに、体感としては「暖かくなってきたなあ」と思いはある。

 しかし、それでも、わずか50年間のことである。悠久の歴史と比べるとほんの一瞬である。
 
 暖かくなってきたといっても、それが「人間の排出する温室効果ガス」だけではないように思える。地球と太陽の位置関係や太陽活動などのほうの影響も大きいのではないだろうか。

 地球が、いつもかつも寸分たがわぬ軌道上を公転しているなんて考えにくいし、太陽の黒点も影響するだろうし・・。

 だからといって、CO2をどんどん排出してよいかというと「それはないだろう」と思う。

 それは、もったいないからである。

 もったいないからガスは排出しない、無駄使いはしない、とすれば「すとん」と、納得出来るのだが・・。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.