土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
仕事はじめ。
2011-01-05-Wed  CATEGORY: 未分類
午前5時起床。天候は晴れ。きれいな星空。外気温マイナス1度。

6時30分に神社の境内に着くとすでに数人の社員が来ていて新年の挨拶をかわす。7時から恒例の安全祈願祭。社長、会長に続いて3番目の玉串奉典で二礼二拍手一礼。

私にとっては1974年1月5日の安全祈願祭からはじまり、今年は37回目の祈願祭である。

 毎年、毎年、厳しい時代を駆け抜けてきたが、去年から今年にかけての厳しさは半端じゃない。

 社長は新年の挨拶で、言い古された言葉かもしれないと前置きした上で「チェンジ」といわれた。

私も、同感である。決して変えてはならないものを持ちつつ、時代の流れを捉えて流れよりも早く突き進んでいく・・・・・・。云うは易し行うは難しだ。

企業、やはり、最後は「人」だ。人材だ。

 人は石垣 人は城 だ。


今日は、民間発注者へのあいさつ回りに行った。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.