土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
審査。
2011-01-25-Tue  CATEGORY: 建設
 午前5時35分起床。晴れ。外気温マイナス2度の朝。

 今朝の空。金星と旭化成レーヨン工場。
金星

 技術関係のことで「何かいい方法」を考えていた。
 「もうない」と諦めかけたが、ふと、思い出したのが37年前にお世話になっていた、徳島県美馬市脇町の会社

 元・同僚に電話をかけて、話を聞いたら、親切に、教えてくれた。さすが、専門である。

 わずか1年と7ヶ月しか在籍していない恩義のある会社。

 感謝! である。




今日は、久しぶりに審査員と議論をした。審査員の言われることはわかる。しかし、現場はそうじゃない。

審査員は「わかります。本当はそうでしょう。でも、システムの考え方でいくと、それでは、システムの意味がないのと同じです」
私「いや、そうではありません・・・・・」

途中で、何回か「わかりました」と妥協しようかなと思ったが「いや、ここで妥協はできない」と議論を続け、最後は、お互いに、矛を収める形で終わった。

私は「頑固者」ではない。「固唾」ではない。反対に、何でも理解しようとする気持ちのほうが強いほうだ。
でも、最後は「技術論」になってしまい、ついつい、年甲斐もなく、少しだけ熱くなってしまった。


審査は、明日まで。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。