土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
コンクリート
2011-01-27-Thu  CATEGORY: 未分類
 午前4時30分起床。天候は晴れ。外気温マイナス2度の朝だ。

 早朝からのコンクリート打ち込みに立ち会った。
コンクリート打ち込み

 気になるコンクリート温度は7℃。寒中コンクリート対策を行い、初期凍結防止を準備し、作業員29名、ポンプ車3台で打ち込み開始。内部振動機は9台使用。予備として2台。
 打ち重ね厚は50センチでマーキング。
 教科書通りの打ち込み作業。

 コンクリートは順調に納入され、これといったトラブルもなく完了。

 今回も、型枠解体時期の目安を知るために、温度センサーを設置した。

 
 


家では、障子やフスマが「びりびり」と音を立てて微振動をしていたという。

 空震。

 霧島新燃岳の噴火の影響だ。空震は、高知や愛媛にも及んだという。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.