土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
連帯保証人はつらい。
2011-01-28-Fri  CATEGORY: 未分類
 午前5時35分起床。天候は晴れ。外気温0度の朝だ。

 今日は、社内検査の整理と技術提案まとめ。




 連帯保証人はつらくて悲しい。

 連帯保証人を買ってでる人はあまりいない。(・・と思う。)
懇願され、断りきれなくて印鑑を押すひとが大多数だと思う。
 善意で、親切で、義理で、そして、やむなく、連帯保証人になっている。

 連帯保証人の責任は重い。本人と同じ責任を負っている。

 善意で連帯保証人になったものの、全然あずかり知らないところで、事態が進行し、巨額の債務を肩代わりしなければならなくなり破産した方の事例をよく聞くことがある。
 
 金銭や土地家屋を貸した方のリスクだけしか守られていない。

 不誠実な行為をしていなくても社会的立場を失うことだってある。



こういうルールが社会的に認められているが、間違っているように思えてならない。
廃止できないのだろうと思う。

※ 連帯保証人、私のことではありません。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.