土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
飯炊き・・・・。
2011-01-29-Sat  CATEGORY: 昭和の話
午前6時30分起床。天候は晴れ。外気温2度の朝。

 今日も、技術提案について考えていた。いい案が出ない。

 一昨日、コンクリート打ち込みの現場に行く。養生は、ばっちりであった。
 ついでにコンクリート温度。

 28.6度をさしていた。これは、コンクリート表面から30センチぐらいの場所である。今日で二日目。明日から明後日にかけて31度ぐらいまで上がり、あとは、暫減していくのだろう。
 温度解析で得られた温度とほぼ同じであった。

 温度履歴

 


飯炊き
 今は、米をといで、炊飯器にセットしてスイッチを入れておくと起床と同時に炊き上がるようになっている。朝から、炊きたての御飯が食べられる。
 洗濯は、衣類と洗剤を投入するだけで、洗い、すすぎ、脱水までの一連の工程を一人でやってくれる。
 
 子供の頃。
 母は、毎日、かまどの前にしゃがんで火吹き竹を吹きながら飯を炊いた。

 洗濯たらいと洗濯板と洗濯石鹸で、襟元などの汚れを一枚一枚確認しながら洗い、水道から何回もバケツで水を運んできてゆすぎ洗いし、か細い腕で絞ったあと、梯子段で二階に上り、足元の不安定な屋根瓦の上に立って、軒下の物干し竿に衣類を干していた。

 二階の屋根は、洗濯物だけでなく、ザルに入れた梅干や布団も干した。

 秋は、庭の渋柿を父と母が一個づつむいて、荒縄に取り付けて、洗濯物と同じように干した。母は、時々、吊るした柿を指先でひとつずつもんでいた。

 まつりがあると団子を蒸したり、五目ずしをこさえたり、甘酒を仕込んでいた。
 母の五目ずしと甘酒と団子は絶品であった。まつりに訪れる親戚の者にも大好評であった。
 熱くした甘酒を湯のみに注いで、すりおろした生姜を入れて「ふーっ、ふーっ」と吹きながら飲むと、それは、いうにいわれない味わいであった。

 ここ数年、家人のつくる五目寿司も、母のそれに似てきて、とても美味い。




 生活は便利で、食べ物も豊富になり、快適になっているし、けれど「楽になった」のだろうかと思う。

 今更、当時の暮らしでは辛抱できないと思うが、今とはちがった豊かさもあったようにも思える。

 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。