土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
40年
2011-03-29-Tue  CATEGORY: 未分類
午前5時30分起床。天候は晴れ。外気温3度の朝だ。

 

71年の4月に高校を卒業し、いわゆる社会人として世に出て、今年の4月で40年目になる。
 この40年間、これということは何ひとつしていない。でも、私なりに重ねてきた歴史は誰も否定できないし、後ろ指をさされることはない。
 
 数多くの失敗と反省と自己否定したくなるような後悔の日々もあった。テンションが異様に上がり、「来るなら来てみよ、かかってこい」の時期があったり、きつかったり、楽しかったり、何か別のものに翻弄されたりもしてきた。

 振り返ると「たかだか40年」とも思えるし「40年も・・」とも思える。

 どちらにしても、私にとっては、単なる40年目ではなく、節目の年になるような気がしている。

 とはいうものの、節目にならないかもしれない、なるとしても、どういった節目になるのかはわからないが、多分、私の考えと行動しだいである。

 さて、どうなるのか。変わるのか。何も変らないのか。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。