土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
貞光町 うる覚えの記。 池。
2011-04-18-Mon  CATEGORY: 貞光町
温かい朝だ。

 


あれは何歳の頃だったのだろう。

 東山に池があり、その池に火を吐くガマガエルが居るという話を耳にして、上級生が先達者になり、五、六人の悪童仲間と「火を吐くガマガエルを見に行こう」ということになり、大きな握り飯をこさえてもらって見に行ったことがある。
 池の名前は「まる池」だったように思うが、定かではない。

 場所も、はっきりと覚えていない。東山にある神社の近くだったような気がする。

 貞光川に架かる長橋を渡り左に曲がる。少し歩いて、今度は小径を右折して東山の坂道にとりかかる。はっきりとした道はなく、藪をかきわけてガヤガヤと進んだ。

 しばらく登ると、薮の生い茂った隙間から下のほうに、かすかに池の湖面がみえた。

 年長者のリーダーが言った。

  「ここだ」

 おそるおそる、池をうかがった、亀も蛙もなにも居ない。

 何もなく、見晴らしもよくなくて、静かに池だけがあった。

 僕たちは池をあとにして川原まで下りて、みなで握り飯を食べて、帰宅した。
それ以後、二度と行くことはなかった。

 池は、今から思えば、ため池のような気もするが、今もあるのかしら。




話は変わる。

今年も、三度目の正直になるかどうかはわからないが、性懲りも無く技術士試験を受けようと思っている。戦歴は過去二回とも、A・B評価で「あと一歩」だった。
今回は、最後のつもりで受けてみたい。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
まる池
コメントななに | URL | 2011-04-19-Tue 18:47 [EDIT]
まる池はもう埋め立てられて30年も経つんではないかと思われます
貞光中学校の寄宿舎として建てられた和光寮の南東方向上にありました
私らのちっこい頃は、大きなうなぎが棲んでいると言われていましたが、おっしゃるとおり、その場所へ行くとがっかりするほど一般的なやさしい丸いだけの池でした
下から眺めると、まる池の土手の部分がよく見えていましたし、そこでよく、女の子たちが貞光川を眺めながら、弁当を広げて食べていたのを見たこともあります

あと一歩ということは、すぐ届くところにあるということですよね
まる池
コメントG3 | URL | 2011-04-19-Tue 19:49 [EDIT]
ななにさん。
 「まる池」。後にも先にも1回しか行ったことなかったので、現存していたのかも記憶の彼方で、かすみがかかっていたようでした。
やはり、 「あった」ということがわかり、なにか、ほっとしました。

 池といえば、北校舎の北側にも、道をはさんで池がありましたね。
怪談の真景累ヶ淵みたいな印象があります。

>あと一歩ということは、すぐ届くところにある・・

 多分、そうだと思います。最後の努力してみます。
 

 
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.