土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
加川良ライブ。
2007-09-25-Tue  CATEGORY: 音楽
 土曜日の夜は、宮崎市で行われた「加川良withすぎの暢」のライブに行った。

ポスター

 のべおか異業種サミットのお仲間と三人で各駅停車に乗って出かけた。
 ライブ


加川良2


 加川良さんのライブは昨年に続いて二回目だが「追っかけ」の気持ちがわかるような、いいコンサートだった。
 加川良の歌は、こころにしみいる。
 なんで、あんないい歌がヒットしないのかと思う。でも、ご本人は、そんなことどうでもよくて、体の健康と気力の許す限り、 吟遊詩人のように、旅をしながら歌い続けていくのだろう。

 ライブ終了後、観客が三々五々と帰り、会場には係員と私たちだけしか残っていない。お仲間の「牧師さん」が「待っていたら、加川良は必ずきますよ。だって、楽器を片付けなくてはいけないから」とおっしゃったので、二人で待っていたのだ。

 すると「すぎの暢さん」が現れ、ラップスティールギターを片付けはじめ、ついで加川良さんが現れた。
 私は「また、延岡にもきてください」と話し、持参しているパソコンにサインをしてもらった。
加川良のサイン


 ミーハーそのものである。(笑)
 でも、いとうれしなのである。

 今度のライブでよかったのは、昨年と同じように「アイ&アイ」という歌だ。

 ♪ボブマリーがいっちゃった。
  ガンジャ・マウンテンの いただきへ
  ボブマリーがいつちゃった
  アフリカマウンテンのてっぺんだ。

  水  水  水  水 欲しいのは水

  ・・・・・ざっくり

それから「高知」「生活の柄」「駒沢あたりで」「教訓Ⅰ」「贈りもの」ほか、たくさんの歌を、汗を飛び散らせながら、歌ってくれた。

ひとつひとつの歌に、加川良の魂がこもっているように思えた。

 聞けば、今年で還暦。私より五歳年上か・・すごいなあ、となんとなく、思った。




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。