土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
「二つめにかかる」から (その2) 緋のみ旗
2011-05-24-Tue  CATEGORY: 「二つめにかかる」から
 午前5時30分起床。雨天。
 昨日から、梅雨いり。




緋のみ旗

「緋のみ旗」は他家(よそ)の宝になり終えしといふとき老母(はは)は坐りなほしぬ
敦盛の血筋といふを疑わず老母(はは)のなげきは「み旗」に罹る



兄の話によると、父の生家には先祖代々にわたって「平家の赤旗」が伝わっていたのだが、それを、事情があって、東祖谷山に手放すことになったらしい。その旗が、有名な「平家の赤旗」として現在に伝わっているとか。

祖母の勘違いなのか、記憶違いなのか、本当の話なのかは、今となっては「藪の中」でわからないが、私の顔を見たことのない祖母は、そのように信じ、子供らに云っていたらしい。

なぜか、徳島には「平家」にまつわる話が多い。一の谷、屋島、壇ノ浦などの近くに位置しているからかもしれないし、もともと平家は西国との関係性が深い。

祖谷地方は平家の落人の集落といわれるし、剣山の頂上の草原は「平家の馬場」とよばれる。また、頂上の「宝蔵石」には、清盛の孫である安徳天皇の宝剣が埋められていると伝えられている。

鋸の目たてをわれば小屋外に木の芽を萌す雨ふれるおと
上菲生和久保の畑は飯粟(めしあは)をつくりて鶏を放し飼ひせる
刀匠は何人ならむ錆びつきし目釘ぬきつつこころは迅る


そういえば父は日本刀が好きで、よく話をしていた。

無銘なれど(金偏に花)うるはしき大刀ぞ母のみ祖(おや)のかんばせをおもふ



母のみ祖(おや)というと、私の曽祖父母、つまり、ご先祖さまか。

唐黍の飯(いい)を食ふべて金なしと従兄弟はいひて息ふかく吸う
汗にぬれ坂のぼり来し白馬は木につながれて尾を振りやまず
すだれごしにゆれる軒端の反魂灯 母生まれし日がおもはれてならず
かたはらの人はねむたしねむたしと夕立の木に背むけて寝る
青昏き谷を降りて草丘に仰げば嶺は白雲の中


昭和初頭の山中での生活がしのばれるような気がする。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
お元気でしょうか?
コメントGS | URL | 2011-06-11-Sat 05:25 [EDIT]
日々読み書き日記の愛読者です。

ブログが5月25日で止まったままになっておりますが、
お身体大丈夫でしょうか? お元気にされてますか?

何年もブログを読まさせていただいてますと、何故かしらG3が昔から友人だったような感覚になり、ブログが止まると「身体こわされたのかな? 事故でもあったのかな? 仕事忙し過ぎるのかな」と、心配になってしまいます。

またのブログアップを楽しみにしております。
コメント | URL | 2011-06-11-Sat 16:38 [EDIT]
GS様。お気遣いいただき、ありがとうございます。

体調は、よくもなし、わるくもなし、といったところです。
なんとなく、更新をしていませんでした。

また、ぼちぼちと再開してみたいとは思っています。

では。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.