土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
台風一過
2011-09-21-Wed  CATEGORY: 未分類
 台風一過の朝。(9/21の朝)
 虹


 二三日、雨が降り続いた。昨日は、豪雨だった。
 久しぶりに、河川巡視、道路巡視、鉄道災害の復旧などで一日が暮れた。

 6年前の台風のあとの激甚災害事業のおかげもあるのか、大きな災害はなかった。

 台風がいっきに「秋」を引き連れてきたようで肌寒かった。




 久しぶりにとれた河川工事の現場を見に行った。

 足を滑らすと、背が立たない深い箇所も見受けられる。

「泳ぎの苦手な者は川に近寄らないことや、救命胴衣を必ず着けるようにしないと・・」などという会話になった。




 40年ぐらい昔、小雪の舞い散る吉野川に飛び込んだことを思い出した。

 大歩危の近くで河川測量をしていたときのことだ。あの辺りは、両岸が岸壁になっていて、私は、対岸の崖にしがみついて、簡単な横断測量をしていた。そのとき、ちょっと下をむいたときに、胸のポケットから野帳が滑るように飛び出し、足下の淵に落ち、ゆっくりと流れていった。

 野帳を紛失すると、今まで数日間の仕事がフイになってしまう。

 あとさき考えず、安全靴を履いたまま、眼下に流れる吉野川に足から飛び込んだ。

ズボーン!!

 手足を必死に動かしながら寒さも忘れ、流れていく野帳に追いつき確保して岸に上がった。
同僚から引っ張り上げてもらった途端、急に、寒さが押し寄せて全身が震え始めた。

 すぐにライトバンの中に入り、下着だけになり、ヒーターをフルにして躰を温めた。そのあとは、寒さで仕事にならないので切り上げて帰社した。

 なんとか、数日間の仕事はフイにならなかった。


 小さい頃から、貞光川の水浴びで鍛えられていたからこそ、厳寒の吉野川に安全靴、ジャンバー姿で飛び込んでも溺れなかったのだと思う。

今、同じことはできないだろう。年寄りの冷や水。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
野帳
コメントななに | URL | 2011-09-22-Thu 21:38 [EDIT]
野帳が防水仕様でなによりでした^^:
野帳への記録が不十分で、現場の状況をこそ~っと確かめに行った経験が何度かあります
多くの近隣市町村では、測量や設計を外注していたようですが、かつての貞光町の建設課は、よほど大きな道路の補助事業でもない限り、私のような全くの素人でも自分たち職員が測量を行い、担当者自ら野帳へ横断等の数値を書き込んでいました
自分が設計した道が地図に載るとか、それはそれで楽しい仕事でした

「野帳」ということから、30年前のことを思い出しました♪

長橋の災害も応急工事が幸いして、今回の台風でも護岸が流失することもありませんでした
近いうちに、本格的な災害復旧工事が始まるものと思われます
コメントG3 | URL | 2011-09-22-Thu 23:30 [EDIT]
>自分が設計した道が地図に載るとか、それはそれで楽しい仕事でした

いつのまにか、自分たちが携わった仕事がグーグルアースに反映されていたりストリートビューに写っていたり、それも、なかなかいいものです。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.