土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
近況(退院~出社)
2011-12-15-Thu  CATEGORY: 未分類
 退院前日。

 私の部屋の正面の部屋に入院されていた老齢のご婦人は今日退院された。その方の隣の人は、ついさきほど、ベッドに横たわったまま顔が白いガーゼに覆われてエレベーターに乗せられて居なくなってしまった。

 看護師の皆さんは、普段とかわりなく何もなかったように自分の仕事をこなされている。

点滴


 人一人が亡くなる。しかし、他にも沢山の看護対象の方が入院されているのか、スタフの皆さんは冷静だ。
 
 今回、入院して、看護師の皆さんの仕事ぶりに心を動かされた。大勢の医療スタフが、一人ひとりの入院患者に対して、すこしでも楽になるように、良くなるように、快適な入院生活がおくれるように、日夜、懸命に尽くしてくれる。

 多分、一様に彼女、彼らは「仕事ですから」と答えると思うが、入院患者の一人である私はそれらを当然のことだとか、仕事だから当たり前だなんて思えやしないのである。


 



土曜日(12月10日)になって、なんとか退院できた。
 

 まだ、胃腸の調子は本当ではないが、ぼちぼち慣らしていかなければならない。

 火曜日(12月13日)久しぶりに出社した。ほぼ1ヶ月ぶり。

入院する前となにも変わってないみたいな気持ちで三階までの階段を一段ずつ踏みしめて上がった。

術後の生活のリズムと、復帰後の仕事のリズムとをうまくあわせていきたい。

「腸」の様子を伺いながら、向こう1年間ぐらいは、無茶しないように、慎重に生活していかねばならない。




 昨夜、風呂にはいる前に素っ裸で体重計に乗ったら、なんと66.1kgとなっていた。

 66k台になるのは何十年ぶりだろうか。このままいくと、やがて65k台、64k台に届くかもしれない。

 入院前は77,8k台だったと思う。つまり、10k以上体重が落ちたということである。

あまり食べてないので痩せるのは当たり前ではあるが、できれば、もうこれ以上は痩せたくないなあ。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント3
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
おめでとうございます!
コメントうどん星人 | URL | 2011-12-16-Fri 13:38 [EDIT]
無事退院おめでとうございます。
暫くは慎重に・・・ですね。

看護師さん、本当に凄いなぁ。。。と思います。
感謝です。

寒くなりました、無理をされませんよう。
コメントG3 | URL | 2011-12-16-Fri 20:19 [EDIT]
うどん星人さん。

ありがとうございます。

無事に退院しました。
あとは、体と相談しながら、メンテナンスをしていきたいと思います。
安心しました。
コメントお嬢 | URL | 2011-12-19-Mon 15:43 [EDIT]
無事ご退院、おめでとうございます。
随分と体重が落ちましたね。
無理せずゆっくり体と相談しながら
以前のように元気なG3さんに戻ってくださいね。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.